Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.05.20)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Technip Energies and Saulsbury Industries Awarded EPC Contract for Carbon Capture & Storage at ExxonMobil LaBarge, Wyoming, US Facility

米国エクソンモービルの工場のCCSの拡張プロジェクトにより年間100万トン以上のCO2を追加で回収可能

https://electricenergyonline.com/article/energy/category/oil-gas/89/960903/technip-energies-and-saulsbury-industries-awarded-epc-contract-for-carbon-capture-storage-at-exxonmobil-labarge-wyoming-us-facility.html

 

(2)UK regulator hands over North Sea carbon storage licences to BP and Equinor

英国の規制当局が北海炭素貯蔵ライセンスをBPとエクイノールに引き渡す

https://www.offshore-energy.biz/uk-regulator-hands-over-north-sea-carbon-storage-licences-to-bp-and-equinor/

 

(3)Chevron and Pertamina team up for lower carbon business in Indonesia

インドネシアでのCCUSについてシェブロンとプルタミナがパートナーシップを提携

https://www.offshore-energy.biz/chevron-and-pertamina-team-up-for-lower-carbon-business-in-indonesia/

 

(4)Two UK Garbage Incinerators Will Ship CO2 to Norway for Subsea Storage

ゴミ焼却炉から回収したCO2を炭素運搬船を用いてノルウェーのCCS施設へ輸送することに合意

https://www.maritime-executive.com/article/two-uk-garbage-incinerators-will-ship-co2-to-norway-for-subsea-storage

 

(5)Battalion Oil Corporation Announces Landmark Agreement to Develop Acid Gas Treatment Facility

米国 酸性ガス処理及び炭素隔離施設の開発についての合意。酸性ガス注入が許可された既存の井戸を活用。

https://www.globenewswire.com/news-release/2022/05/16/2444403/18320/en/Battalion-Oil-Corporation-Announces-Landmark-Agreement-to-Develop-Acid-Gas-Treatment-Facility.html

 

(6)Australia’s Hydrogen Guarantee of Origin Scheme Enters Trial Phase

豪州 水素製品のカーボンフットプリントなどの証明書の試験運用を2022年12月に開始。

https://www.jdsupra.com/legalnews/australia-s-hydrogen-guarantee-of-4436437/

 

(7)Deal Struck to Install Carbon Capture Solution on Tanker Pair

シンガポールのイースタン・パシフィック・シッピングが船舶へのCCSを設置する契約を締結

https://www.marinelink.com/news/deal-struck-install-carbon-capture-496612

 

(8)不二製油グループ本社、佐賀県佐賀市・佐賀大・伊藤忠エネクスと共同でCO2を活用した大豆育成研究プロジェクトを開始

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP632520_Y2A510C2000000/?au=0

 

(9)UK carbon capture start-up raises $5m with backing from Gates’ fund

ッション・ゼロ・テクノロジーズは、Bill GatesのBreakthrough Energy Venturesが率いるシード資金調達ラウンドから500万ドルの資金を調達、電気のみで駆動するDAC技術を開発

https://www.siliconrepublic.com/start-ups/mission-zero-technologies-carbon-capture-bill-gates-bev-seed-funding

 

(10)Energy Department launches $3.5 billion carbon removal program

エネルギー省、35億ドルの炭素除去プログラムを開始

https://thehill.com/policy/energy-environment/3494787-energy-department-launches-3-5-billion-carbon-removal-program/

 

No.547CCUSイニシアチブを可能にするための海底技術の適応
No.548アルバータ州はグリーン移行をリードするために水素に資金を投入しています
No.549エクソンモービルとインドネシアのプルタミナが炭素回収・貯留における協力を推進
No.550カナダの土壌への投資が農業の炭素排出量の相殺にどのように役立つか
No.551サミット・カーボン・ソリューションズが10億ドルの株式調達を完了
No.552ソフトウェアが炭素排出量を削減する3つの方法
No.553スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.554アラブ首長国連邦がネットゼロ・プロデューサーズ・フォーラムの第6回メンバーとして参加
No.555RNT-EPがミンボスのゼロカーボングリーンアンモニア&水素プロジェクトへの支持を確認
No.556シェブロンとエクソンモービル、インドネシアにおける低炭素化の機会を探る
No.557アンモニア市場は、地域の低炭素戦略を推進し、港湾業務を強化する可能性があります
No.558プロジェクトユニオン(エグゼクティブサマリー)
No.559シェブロンとプルタミナが低炭素機会に関するパートナーシップを発表
No.560Technip Energies and Saulsbury Industriesが米国ワイオミング州エクソンモービル・ラバージの施設で炭素回収・貯蔵に関するEPC契約を受賞
No.561エネルギー転換:再生可能でカーボンニュートラルなソリューションへの移行
No.562CEMEXがカーボンクリーンへの投資を拡大
No.563アクアロンの炭素回収イニシアチブがゴラーLNG、グローバル船舶リースを誘致
No.564ハンソンUKがシェル社と建設業界のネットゼロに向けた取り組みに関する合意書に署名
No.565石灰セクターにおける脱炭素化
No.566英国の規制当局が北海炭素貯蔵ライセンスをBPとエクイノールに引き渡す
No.567シェブロンとプルタミナがインドネシアでの低炭素事業で提携
No.568オーストラリア、タスマニア州にBioLNGプラントを1基設
No.569オキシは不安定な年のために準備されましたが、いくつかの石油、ガス生産者はそれほど幸運ではない、とHollubは言います
No.570アッペアは、新しいCEOを歓迎
No.571石油・ガスメジャーがCCUSのノウハウを販売し、生産を拡大
No.572専門家がCCUSを実装するためのペルタミナの動きをサポート
No.573UVic研究は、カウチン河口などで炭素を捕捉する大きな可能性を示しています
No.574土壌有機炭素は干ばつや洪水を減らすことができますか?
No.575カーボン・キャプチャーのスタートアップ、カーボン・クリーンはコスト要求を実現できるのか?
No.576英国のごみ焼却炉2台が海底貯蔵のためにノルウェーにCO2を出荷
No.577バイオ水素製造からの廃液中の残留栄養素のクリーンスタイルの回収と利用:アルギン酸ナトリウムに基づくその場での固定化
No.578スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.579カーボンクリーンがシリーズCの資金調達で1億5,000万ドルを調達
No.580ネスレが支援するイニシアチブが地域の再生農業投資を支援
No.581ミッドストリームはエネルギー転換において重要な役割を果たしている
No.582サスカチュワン州政府、潜在的な水素ハブの開発を推進
No.583シェブロンとプルタミナがインドネシアの低炭素化の機会で提携
No.584東太平洋地域、タンカー2隻に炭素回収装置を設置
No.585CARBが2022年スコーピングプランアップデート草案を発表
No.586Aemetisがバイオガス、SAFプロジェクトの進捗状況を報告
No.587サミットカーボンソリューションズがラジオ広告を開始
No.588CO2の回収・貯留技術、関西の企業でも開発進む
No.589ペンシルベニア州知事トム・ウルフは、この地域に水素と炭素貯蔵のハブを設立するための積極的な推進を誓う
No.590バタリオン・オイル・コーポレーションが酸性ガス処理施設開発の画期的な合意を発表
No.591海藻生態系の炭素吸収源としての役割の再分析
No.592カーボン・キャプチャー・スタートアップ・カーボン・クリーンが1億5,000万ドルを調達
No.593このスタートアップはCO2排出量からウォッカを作り、トヨタとジェットブルーによって支えられています
No.594ASX再生可能エネルギー株:カリックスとボーラルが炭素削減プロジェクトの開発で3000万ドルを獲得
No.595私たちは古典的に狂ったティーパーティーに欠けるハートの女王にすぎません
No.596DOE、米国とイスラエルのクリーンエネルギー技術共同提案の募集を発表
No.597日本のジェラ、IHIがガス焚きユニットでCCUS研究を開始
No.598タイ:アラムコとPTTがエネルギー協力に関するパートナーシップを強化
No.599オーストラリアの水素原産地保証制度が試験段階に入る
No.600Boral は炭素回収に関してカリックスと提携
No.601シェブロンは、世界最大の炭素回収プロジェクトは目標を達成するための「進むべき道」を持っていると言います
No.602ノルウェーと英国の合弁会社は、ネットゼロのための新しい視点を提供します
No.603英国企業がオーロラのコラボレーションによりノルウェーの北海にCO2を貯蔵
No.604CEMEXが炭素回収技術への投資を拡大
No.605シェブロン、低炭素化の機会に関するペルタミナパートナー
No.606セメント産業における排出量を削減する自家製技術
No.607「クリーンな水素」がほとんどのオーストラリア人を困惑させる
No.608ネスレが支援するイニシアチブが地域の再生農業投資を支援
No.609bpとLindeは、テキサス湾岸全域で脱炭素化の取り組みを進めるための大規模なCCSプロジェクトを計画
No.610タンカーペアに炭素回収ソリューションをインストールする契約が締結されました
No.611グリーンインパクトパートナーがRNG、エタノールプロジェクトを前進
No.612ドラックス、新しい炭素回収技術の開拓を試用
No.613不二製油グループ本社、佐賀県佐賀市・佐賀大・伊藤忠エネクスと共同でCO2を活用した大豆育成研究プロジェクトを開始
No.614石油・ガスボスがゼロエミッションの選択肢をつぶす
No.615東太平洋地域がバリュー・マリタイムのタンカー・ペアの炭素回収ソリューションを選択
No.616オキシ燃焼の進め方
No.617ボーラルとカリックスが炭素回収プロジェクトで力を合わせる
No.618bp & Lindeは、テキサス湾岸全域で脱炭素化の取り組みを進めるための大規模なCCSプロジェクトを計画
No.619米国の農家は、気候変動への強靭性のための戦いを支援することができます。大規模な法案は、どのように強調します
No.620タンカーペアに炭素回収ソリューションをインストールする契約が締結されました
No.621シェブロン、ベーカーズフィールドで炭素回収・貯留プロジェクトを開始
No.622熱帯雨林の木は、気候変動のために1980年代からより早く枯れていたかもしれません – 研究
No.623トールグラス・エナジー、ADMプラン炭素輸送・隔離契約
No.624オーストラリアのLNG産業が炭素回収に危険な賭けをする:ラッセル
No.625「クリーンな水素」がほとんどのオーストラリア人を困惑させる
No.626英国の炭素回収スタートアップがゲイツのファンドからの支援を受けて500万ドルを調達
No.627英BPとアイルランドのリンデ、テキサス州メキシコ湾沿岸でのCCSプロジェクトを発表(米国、英国、アイルランド)
No.628シェブロン、サンホアキンバレーで炭素回収・貯留プロジェクトを開始
No.629bp & Lindeは、テキサス湾岸全域で脱炭素化の取り組みを進めるための主要なCCSプロジェクトを計画しています
No.630ボラルのベリマセメント工場が次のカリックス炭素回収研究を主催
No.631トールグラス・エナジー、ADMプランCO2輸送・隔離契約
No.632サラワク州は炭素貯蔵規制を立法する最初の州、副大臣は言う
No.633石油・ガスボスがゼロエミッションの選択肢をつぶす
No.634シェブロンがインドネシアにおける低炭素化の機会を探る契約に署名
No.635ラピス・エナジーのCEOがアーカンソー州の新しいCCSプロジェクトについて語る
No.636テクニップ、ソールズベリーがエクソンモービルのカーボンキャプチャープロジェクトで契約を獲得
No.637bp株式はテキサス湾岸を脱炭素化する計画
No.638ウィリストン盆地石油会議がレジーナに戻ってきました
No.639ペルタミナ、エア・リキードが炭素回収を研究
No.640サンホアキンバレーで炭素回収・貯留プロジェクトを開始
No.641低コストのバッテリー型デバイスは、充電中にCO2排出量を吸収します
No.642エクソンモービル、プルタミナ社と共同研究契約を締結
No.643オーストラリア研究所、ビクトリア朝の石炭から水素への排出の主張に異議を唱える
No.644ニュートリエンが世界最大のクリーンアンモニア生産施設を建設
No.645ブリヂストンがグアユールゴム研究、循環経済を語る [VIDEO]
No.646オーストラリアのガス生産者は、世界のエネルギー安全保障への懸念に投資しています
No.647エネルギー省、35億ドルの炭素除去プログラムを開始
No.648エネルギー省が気候変動技術に5,300万ドルの資金を提供
No.649カリックス、低排出石灰プロジェクトへの資金提供を受ける
No.650透明性、コストをめぐって業界から批判されたアルバータ州の炭素回収展開計画

 

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る