Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.05.13)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Growing African mangrove forests aim to combat climate woes

アフリカでのマングローブ再生による海洋生態系炭素貯蔵の取り組み

https://www.therecord.com/ts/news/world/africa/2022/05/06/growing-african-mangrove-forests-aim-to-combat-climate-woes.html

 

(2)Land-building marsh plants are champions of carbon capture

湿地の炭素貯蔵能力を回復させる方法についての研究開発

https://www.onenewspage.com/n/Science/1zobr6ezq3/Land-building-marsh-plants-are-champions-of-carbon.htm

 

(3)ATCO to deliver on hydrogen production and refuelling facilities for CP locomotive program

水素燃料を利用した機関車プログラムへの水素製造・給油施設建設の合意

https://www.sprucegroveexaminer.com/news/atco-to-deliver-on-hydrogen-production-and-refuelling-facilities-for-cp-locomotive-program

 

(4)Mitsui & Co. and CF Industries announce plans for new blue ammonia capacity in the United States

三井物産/アメリカでの低炭素アンモニアプロジェクト開発計画

https://www.worldfertilizer.com/environment/06052022/mitsui-co-and-cf-industries-announce-plans-for-new-blue-ammonia-capacity-in-the-united-states/

 

(5)EMRC and Woodside collaborate on innovative carbon re-use pilot project

豪州 温室効果ガスをエタノールに変換するパイロットプロジェクト

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/05/08/emrc-and-woodside-collaborate-on-innovative-carbon-re-use-pilot-project/

 

(6)Enbridge and Humble Midstream to Develop Low-carbon Hydrogen and Ammonia Production and Export Facilities at Enbridge Ingleside Energy Center

低炭素水素およびアンモニアの生産および輸出施設の共同開発とマーケティング

https://electricenergyonline.com/article/energy/category/biofuel/83/959739/enbridge-and-humble-midstream-to-develop-low-carbon-hydrogen-and-ammonia-production-and-export-facilities-at-enbridge-ingleside-energy-center.html

 

(7)Start-ups join drive for net-zero cement

Global Cement & Concrete Association(GCCA)は、「Open Challenge」の勝者6社を発表(オランダ/CarbonOrO、カナダ/Carbon Upcycling Technologies、英国/Coomtech、米国/Fortera、英国/MOF Technologies、イタリア/Saipem)

https://www.theconstructionindex.co.uk/news/view/start-ups-join-drive-for-net-zero-cement

 

(8)New UK Start-up to Develop Algae Carbon Capture, Cost Estimated at US$50 Per Ton

英国スタートアップ、ブリリアントプラネット(藻類を用いたCO2吸収)について

https://www.energytrend.com/news/20220510-28033.html

 

(9)国内初CO2貯留、ENEOSとJパワー計画 政府は支援検討

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA064L70W2A500C2000000/

 

(10)三菱重工エンジニアリング、カナダに脱炭素事業の営業拠点を設立 世界トップシェアのCO2回収技術をグローバルに展開し、CCUSビジネスを加速

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000378.000025611.html

 

(11)UK climate tech firm Carbon Clean gets £121m boost from US oil giant

英国/カーボンクリーン社、シェブロン等から1億2100万ポンドの投資を受ける、CCSのスタートアップへの投資としては最大規模

https://www.uktech.news/climate-tech/carbon-clean-capture-oil-20220511

 

(12)EPRI, Shell, the City of Houston, Greentown Labs, and NYU Urban Future Lab Announce Startup Participants for the Low-Carbon Hydrogen Accelerator

Low-Carbon Hydrogen Acceleratorが水素製造等に係るスタートアップ7社を選定

https://electricenergyonline.com/article/energy/category/biofuel/83/960358/epri-shell-the-city-of-houston-greentown-labs-and-nyu-urban-future-lab-announce-startup-participants-for-the-low-carbon-hydrogen-accelerator.html

 

 

No.456成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.457エンブリッジと謙虚なミッドストリームがエンブリッジ・イングルサイド・エネルギー・センターで低炭素水素・アンモニアの生産・輸出施設を開発
No.458土地建設湿地プラントは炭素回収のチャンピオンです
No.459DOEが炭素回収・貯留プロジェクトに23億ドルの資金を拠出
No.460土地建設沼地プラントは炭素回収のチャンピオン
No.461カーボンキャップ・アンド・トレード・プログラムの利点に興味がありますか?
No.462テキサス州は混乱しており、グリーンファイナンスは主要ファンドにとって非常に魅力的です
No.463頭痛を省き、キャンバーエネルギーストックを避ける
No.464水素とストラスコーナ郡
No.465アンモニアエネルギー船向けに開発されたワイヤレス自己給電アンモニア漏れモニターシステム
No.466ATCO、CP機関車プログラムの水素製造および給油設備を提供
No.467成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.468ATCO、CP機関車プログラムの水素製造および給油設備を提供
No.469ミシシッピ州経済成長のための戦略
No.470石油会社の記録的な利益は気候変動対策に投資されるべきである:ギルボー
No.471米国エネルギー省、炭素貯蔵プログラムに22億5000万ドルを拠出
No.472アンモニアエネルギー船向けに開発されたワイヤレス自己給電アンモニア漏れモニターシステム
No.473成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.474三井物産とCFインダストリーズ、米国における新しい青色アンモニア容量の計画を発表
No.475米国DOE、二酸化炭素汚染削減に23億ドルを投資
No.476成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.477水管理研究プロジェクトを推進する農業
No.478湿地の湿地プラントが炭素回収を促進
No.479燃料電池、エクソンモービル、炭素回収技術の実用化を目指す
No.480競争力:米国バイオエネルギーとテキサス州再生可能燃料
No.481「石炭火力発電所は、誰が就任しているかにかかわらず、閉鎖されるだろう」ボーウェン
No.482国エネルギー省、炭素貯蔵プログラムに22億5000万ドルを拠出
No.483二酸化炭素利用率2022-2042:技術、市場予測、プレーヤー
No.484アフリカ諸国は、気候の悩みと戦うためにマングローブ林プロジェクトに目を向ける
No.485「石炭火力発電所は、誰が就任しているかにかかわらず、閉鎖されます:」 Bowen – EQ Mag Pro
No.486水素とストラスコーナ郡
No.487炭素回収の課題はビル・ゲイツの会社の投資家を妨げていない
No.488SVANEHØJがオーロラCO2キャリア用ポンプを供給
No.489EMRCとウッドサイドが革新的な炭素再利用パイロットプロジェクトで協力
No.490エネルギー長官、FRBが炭素回収に25億ドルを費やしている理由を説明
No.491CCUSはガス火力発電所の新しい排出規制に関与できますか?
No.492Storegga CEOが英国のエネルギー供給に関する脱炭素化需要を発表
No.493DNVがIOGPと提携し、脱炭素化基準を策定
No.494DOEインフラ法基金の競争が始まる
No.495チーフは、炭素回収プロジェクトでアルバータ州とテーブルに着いていることを「本当に幸せに」
No.496石油はここにとどまるが、私たちはその排出量を減らすことができる
No.497バイデン・ハリス政権が米国の炭素汚染削減のための23億ドル以上の投資を発表
No.498エンブリッジとハンブル・ミッドストリームがエンブリッジ・イングルサイド・エネルギー・センターに低炭素水素・アンモニア生産・輸出施設を開発
No.499米国と欧州がエネルギー安全保障を強化し、気候目標を前進させるための7つの方法
No.500世界の炭素・メタン回収技術・市場レポート2022-2030:6つの技術、5つの地域、5つの収益源、60の国内炭素・メタン回収関連市場
No.501Cenovusは、石油価格の高騰で利益が7倍に急上昇した後、配当を3倍に
No.502カリフォルニア州、化石燃料の使用を大幅に削減する計画を発表
No.503カリフォルニア州、化石燃料の使用を大幅に削減する計画を発表
No.504SK E&Sが米国の炭素回収プロジェクトで1億1000万ドルをチップ化
No.505スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.506イノバンディ「オープンチャレンジ」が初のパートナーシップを発表
No.507Lhoistはエア・リキードと炭素回収プロジェクトで提携
No.508ブログ投稿:CCSのハンガリーの最初の引っ越し業者の参入障壁に取り組むために必要な公的行動
No.509藻類の炭素回収を開発するための新しい英国の新興企業、コストは1トンあたり50米ドルと推定
No.510アフリカのクリーン水素輸出の約束:可能性と落とし穴
No.511DNV、IOGPパートナー、上流の脱炭素化基準を開発
#VALUE!
No.513ジョナサン・グラマーがテキサス工科大学で炭素回収について講演
No.514国内初CO2貯留、ENEOSとJパワー計画 政府は支援検討
No.515NEXT Carbon Solutions, California Resources Corp. カーボンキャプチャー FEED Study に同意
No.516三菱重工エンジニアリング、カナダに脱炭素事業の営業拠点を設立 世界トップシェアのCO2回収技術をグローバルに展開し、CCUSビジネスを加速
No.517CCUSを使用して産業クラスターを脱炭素化するための重要な法律を含むエネルギー法案
No.518エネ庁、CCS巡り2作業部会設置/費用と法制度、6月から本格協議
No.519ドラックスはノッティンガム大学と提携し、より先駆的な新しい炭素回収技術を試験的に導入
No.520MHIEGが脱炭素事業に重点を置いた支店をカナダに設立
No.521CO2副産物の管理を目的としたアルバータ州のプロジェクト
No.522三菱重工がカナダに脱炭素事業の営業拠点を設立 – CO2回収ビジネスを推進
No.523英国の気候技術企業カーボンクリーンは、米国の石油大手から1億2100万ポンドのブーストを受ける
No.524英国のスタートアップが炭素回収のための最大のラウンドで1億5000万ドルを調達
No.525カルガリーエネルギー会社は、潜在的な炭素回収ハブのためにピンチャークリークに目を向けています
No.526EPRI、Shell、City of Houston、Greentown Labs、NYU Urban Future Labが低炭素水素加速器のスタートアップ参加者を発表
No.527サル・ブルゾフスキは、すべての仕事は気候の仕事だと考えている
No.528ホルチム・ドイッチュラントのヘーバーセメント工場の炭素回収ユニットの初期試験段階が良好に機能
No.529オーストラリア、グローバルLNG、ノーザンテリトリーの水素ハブの追加を検討
No.530これが私たちが大手石油をやめる方法です
No.531GRIDSERVEは、モトサーロックで最新の電動スーパーハブのオープニングで展開のスピードを宣伝
No.532カリフォルニア州、化石燃料の使用を大幅に削減する計画を発表
No.533Jパワー・ENEOS、国内初のCCS本格実装/30年度開始へ調査
No.534サミット・カーボン・ソリューションズによる5州炭素回収プロジェクトのエクイティ・キャンペーンが10億ドルのコミットメントに到達
No.535UVic研究は、カウチン河口などで炭素を捕捉する大きな可能性を示しています
No.536コロラド州が毎年350,000トンの二酸化炭素を捕獲して埋めたいのはここです
No.537スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.538レンジランドがEnCapのコミットメントで中流資産を絞り込む
No.539BPとエクイノールが英国北海でCO2貯蔵ライセンスを取得
No.540GIDARAエナジー、アドバンスト・メタノール・アムステルダムのCCUに対するオランダの多額の補助金を確保
No.541ナビゲーターCO2ベンチャーズはハートランドグリーンウェイのビッグリバーリソースとチームを組む
No.542カーボンクリーンが最新の資金調達ラウンドで1億5,000万米ドルを調達
No.543カーボンクリーンが1億5,000万米ドルを調達
No.544BPとエクイナーが炭素回収ライセンスを授与
No.545UVic研究は、カウチン河口などで炭素を捕捉する大きな可能性を示しています
No.546スタンダード・リチウムが革新的な炭素回収技術企業アクアルンへの投資を完了

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る