Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.03.11)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Oil driller invests in carbon capture pipeline for Midwest

エタノールプラントから回収したCO2を輸送するパイプラインへの投資

https://www.jwnenergy.com/article/2022/3/4/oil-driller-invests-in-carbon-capture-pipeline-for/

 

(2)Carbon dioxide could be stored below ocean floor, research shows

海底堆積物の中に水和物としてCO2を貯留することの安定性に関する研究

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/03/220307113139.htm

 

(3)Qiming- and CICC-backed greentech firm LanzaTech to go public in SPAC deal

CO2をエタノール等へ転換するスタートアップLanzaTechの株式公開へ。

https://www.dealstreetasia.com/stories/lanzatech-to-go-public-spac-284290/

 

(4)Net-Zero Technology Centre unveils funding competition for low-carbon innovation

英国ネットゼロテクノロジーセンター1000万ポンドの資金調達のコンペを開始

(原文:https://www.netzerotc.com/news-events/newsroom/news/2022/10-million-funding-competition-launched-to-strengthen-net-zero-technologies

https://www.edie.net/news/8/Net-Zero-Technology-Centre-unveils-funding-competition-for-low-carbon-innovation/

 

(5)Industrial pouring $100M into carbon capture in Asia

韓国のSKマテリアルズ、米国のブルー水素ソリューション会社8リバーズに1億ドルを投資

https://www.axios.com/skgroup-100-million-carbon-capture-8rivers-6aaa3373-9a73-4c7d-97be-7c651a6d0747.html

 

(6)Santos says Bayu-Undan CCS project enters FEED phase

オーストラリアのエネルギー大手サントスは、提案されたバユ・ウンダン炭素捕獲・貯蔵(CCS)プロジェクトのフロントエンドエンジニアリングおよび設計(FEED)フェーズへの参入を発表

https://www.offshore-energy.biz/santos-says-bayu-undan-ccs-project-enters-feed-phase/

 

(7)Another $15M in State Grants for Low Emissions Trucks and Cement

カリフォルニア州エネルギー委員会は、電気自動車、発電所に接続された炭素捕獲、節水技術に対して1,500万ドル以上の助成金を授与(Blue Planet:炭酸塩化(骨材)250万ドル)

https://cacurrent.com/another-15m-in-state-grants-for-low-emissions-trucks-and-cement/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=another-15m-in-state-grants-for-low-emissions-trucks-and-cement

 

No.1687波力エネルギー技術会社Mocean Energyが主要投資を確保
No.1688水素生産市場は1兆ドルに達するとゴールドマン・サックスは言う
No.1689ペルタミナ、ププク・インドネシア、三菱ガラプグリーン水素・アンモニア
No.1690一部のスーランドエタノール農家は炭素捕獲パイプラインを支持する
No.1691アルバータ州、8カ国からの投資を活用するグローバルCCUSイニシアチブのパートナー
No.1692ノースダコタ州:中西部のエタノール工場からのCO2捕獲、貯蔵をホスト
No.1693クリーン水素コラボレーションジョンソン・マッセイと8リバーズが世界の脱炭素化を加速
No.1694FMISはAECOMと提携し、エンジニアリングの「エネルギーハブ」を創出
No.1695石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1696アルバータ州、8カ国からの投資を活用するグローバルCCUSイニシアチブのパートナー
No.1697ペトロナス、再生可能エネルギーに焦点を当てた新しい事業体を設立
No.1698メディアリリース:WAの炭素捕獲と貯蔵の機会を研究する研究
No.1699ポートランドセメント協会は、産業脱炭素化技術を加速するための強力な連邦政府の支援を要請します
No.1700炭素を捕獲して再利用する技術が増加しています。しかし、それは世界が気候目標を達成するのを助けることができるでしょうか?
No.1701石油掘削機、中西部の炭素捕獲パイプラインに投資
No.1702ナバホエネルギー企業、炭素捕獲活動に投資
No.1703ナバホエネルギー企業、炭素捕獲活動に投資
No.1704二酸化炭素は海底下に貯蔵できる、と研究は示している
No.1705アマゾンが「転換点」に近づくにつれて「深遠な」結果を警告する研究
No.1706ナバホエネルギー企業、炭素捕獲活動に投資
No.1707PCAは、業界の脱炭素化リアリティチェックを供給しています
No.1708インフォーカス・インターナショナルは、カーボンキャプチャ、利用、ストレージ(CCUS)マスタークラスを復活させます
No.1709QimingとCICCの支援を受けたグリーンテック企業ランザテックがSPAC契約で株式を公開する契約は、ランザテックに2億7500万ドルの収益を提供する。
No.1710CGG Delivers New Multi-Client Study for Screening Geothermal Resources
No.1711ウェーブエナジーテック企業が主要な投資を確保
No.1712ランザテック、AMCIとのビジネスコンビネーションで株式公開へ
No.1713未来の燃料:ポルシェは主要なeFuelイニシアチブを後援-$45/ガロン
No.1714ネットゼロテクノロジーセンター、低炭素イノベーションの資金調達競争を発表
No.1715ニュークリセムCCUSプロジェクトを率いる
No.1716カーボン・キャプチャー・アンド・トランスフォーメーションにおける市場をリードするイノベーターであるランザテックNZ社は、AMCI買収株式会社との企業結合を通じて公開する
No.1717DOE、CCSサプライチェーンリスクに関するレポートを公表
No.17188河川、SKグループから1億ドルの投資を確保し、SKグループとアジア合弁会社を設立し、グローバル脱炭素化を加速
No.1719アペアはWAでCCS研究を支持
No.1720森林破壊はアマゾン熱帯雨林を「数十年以内に」乾燥サバンナに変える可能性がある:研究
No.1721アジアの炭素捕獲に1億ドルを注ぐ産業
No.1722GOP上院議員は「エネルギー作戦ワープスピード」の提案を概説します
No.1723「大幅に効果的」:試験結果は、トップギアにゼオテックの土壌炭素隔離の野望を置きます
No.1724カーボンキャプチャにおける電気ヒーターの応用
No.1725論文詳細 炭素捕獲利用と隔離プロジェクト
No.1726WAの資源産業が排出量を削減するのを助ける法案
No.1727CGGは地熱探査のための分析資源を助けるためにツールをリリースします
No.1728メディアリリース:WA法は脱炭素化とよりクリーンなエネルギーを奨励する
No.1729ハイデルベルクセメント、スペインでノイクリセム炭素捕獲・貯蔵プロジェクトを開始
No.1730サントスは、バユウンダンCCSプロジェクトはFEEDフェーズに入ると言います
No.1731農地の移転は二酸化炭素排出量で20年を引き返す可能性がある、と科学者は言う
No.1732低排出トラックとセメントのための州補助金の別の$15M
No.1733グリーンエネルギー:WA Govt法案は、炭素捕獲と貯蔵への投資を約束します。これがワックな理由です
No.1734は地熱資源をスクリーニングするための新しいマルチクライアント研究を提供します
No.1735ハイパースペクトルセンシング、AI舗装路による土壌炭素モニタリング
No.1736メディアリリース:炭素捕獲作付面積リリースにおける石油・ガス部門からの「強い関心」
No.1737ノーザンライツの液体CO2キャリアに電力を供給するMANエンジン
No.1738マレーシア中期ガス見通しは依然として強気:フィッチ
No.1739WA、資源セクターの炭素法を策定

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る