Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.03.04)

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

今週は、CRFの研究助成で採択された北里大学/安元先生(共同実施者:東京大学、出光興産、日本海水)が実施されている「海水と生体アミンを用いた CO2鉱物化法の研究開発」NEDO事業へ採択されるという嬉しいニュースもありました。

CRFは引き続き、研究助成活動等を通して、カーボンリサイクル技術の社会実装を後押ししていく所存です。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

以下の会員専用ページでも添付のエクセルファイルをダウンロード頂けます。

<会員専用サイト>

http://carbon-recycling-fund.developweb.biz/members-page/document/

ID: crf_members

パスワード: xAX2HHLGa8hW

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Marquis in Hennepin announced 873-acre expansion

オンサイトのCCS施設を備えた低炭素及びゼロカーボン水素ハブの敷地拡張

https://www.shawlocal.com/news-tribune/news/local/2022/02/26/marquis-in-hennepin-announced-873-acre-expansion/

 

(2)Exxon To Expand LaBarge CCS Facility In Wyoming

エクソン、ワイオミング州のラバージCCS施設を拡張

https://www.rigzone.com/news/exxon_to_expand_labarge_ccs_facility_in_wyoming-28-feb-2022-168079-article/?rss=true

 

(3)Century Aluminum and Ocean GeoLoop Partner on Carbon Capture Technology to Help with Goal of Carbon Neutral Aluminum Production

アルミ生産工場での炭素捕獲技術の提携

https://www.globenewswire.com/news-release/2022/02/28/2393529/0/en/Century-Aluminum-and-Ocean-GeoLoop-Partner-on-Carbon-Capture-Technology-to-Help-with-Goal-of-Carbon-Neutral-Aluminum-Production.html

 

(4)エア・ウォーターと三井物産、北米での産業ガス事業拡大の戦略的提携に合意(米国)

https://news.infoseek.co.jp/article/jetro_7ba75cf368b0c2ef/

 

(5)Santos joins Korean partners in CCS

サントスは、SK E&S、K-CCUS協会、CO2CRC、韓国貿易保険公社と共に、東ティモールのバユウンダンを含むオーストラリアと地域の二酸化炭素(CO2)貯蔵施設の開発を支援し、協力するためにMoUに署名

https://www.miningweekly.com/article/santos-joins-korean-partners-in-ccs-2022-03-01

 

(6)「海水と生体アミンを用いた CO2鉱物化法の研究開発」が NEDO の研究開発委託事業に採択されました

21年度採択したCRF研究助成(北里大学、東京大学、出光興産、日本海水)のテーマがNEDOプロジェクトに採択

https://www.idemitsu.com/jp/content/100039025.pdf

 

(7)Continental Resources invests in Summit Carbon Solutions

コンチネンタル・リソーシズ社からサミット・カーボン・ソリューションズへ2億5千万ドルの投資。アイオワ州等のエタノール工場やその他の工場のCO2を回収、パイプラインで輸送しノースダコタ州で貯留年800万トン

https://ethanolproducer.com/articles/19042/continental-resources-invests-in-summit-carbon-solutions

 

(8)Talos, Howard Energy To Pursue CCS Project In Port Of Corpus Christi

石油・ガス会社Talosとハワード・エナジー・パートナーズは、米国最大の港の1つであるコーパスクリスティ港での商業CCSを追求

https://www.rigzone.com/news/talos_howard_energy_to_pursue_ccs_project_in_port_of_corpus_christi-02-mar-2022-168100-article/

 

(9)このダイヤモンド会社は、炭素捕獲を支援したいと考えています

空気中から回収したCO2で人工ダイヤモンドを作るスタートアップAether(Webサイト:https://aetherdiamonds.com/)の紹介。1800万ドルを資金調達ラウンドで調達。

https://www.theverge.com/2022/3/2/22951332/aether-diamonds-carbon-capture-air-climate-change

 

 

 

No.1613砂質土壌中の綿の炭素貯蔵を最大化に専門家は援助する
No.1614ウクライナ戦争が緩和を懸念するエネルギー — エネルギーラウンドアップ
No.1615ヒューストンのドリルクイップ、炭素捕獲プロジェクトに関するAkerソリューションと提携
No.1616シェブロン、カリフォルニア州で炭素捕獲パイロットを新たな投資で開発
No.1617石油・ガス事業者にCCS地下インサイトをもたらす
No.1618カリフォルニア州の資源が州の野心的な気候目標とどのように一致しているか
No.1619キャピタルパワーレポート2021年第4四半期と年末の結果
No.1620シェブロン、カーボンキャプチャ技術のグローバルリーダーに投資
No.1621エアロボーンがWCAに加入
No.1622タロスは、EnLinkとルイジアナCCSプロジェクト、ナブCO2輸送協定を構築するために見えます
No.1623ヒッケンルーパーは、パルチザン上院でセンターパスを選択し、マールは、実行を繰り返します
No.1624男(代替)肉を養う:私たちの将来の食事を予測する25歳
No.1625オハイオバレーCO2ハブの米国エネルギー概念省は拒否されるべきである
No.1626ヘネピンのマーキスは873エーカーの拡張を発表しました
No.1627マーキス工業団地、873エーカーの水素ハブ拡張を発表
No.1628エクソンモービル、ワイオミング州の施設で炭素捕獲と貯蔵を拡大
No.1629提案された中央アルバータ州の炭素捕獲プロジェクトの利点
No.1630「飛躍する前に見てください」:欧州科学アカデミー、炭素捕獲と貯蔵を伴うバイオエネルギーの補助金に対する注意
No.1631オピニオン:再生可能燃料とアイオワ州は20年間で長い道のりを歩んできた
No.1632シェブロンはエイムズに拠点を置くバイオディーゼル会社再生可能エネルギーグループを31億5000万ドルで買収する計画
No.1633エクソン、ワイオミング州のラバージCCS施設を拡張
No.1634CCSは、オンボードカーボンキャプチャおよびストレージシステムのAIPを発行します
No.1635タロスエネルギー、複数の炭素捕獲プロジェクトの承認を求める
No.1636センチュリーアルミニウムと海洋ジオループ、カーボン・ニュートラル・アルミ生産の目標を支援する炭素捕獲技術に関するパートナー
No.1637サントスとSK、オーストラリアでCCSプロジェクトに取り組む
No.1638気候変動は将来のイノベーションを待つ必要はありません – 私たちは今行動が必要です
No.1639ウェストバージニア州のオフィシャルアイ水素ハブ
No.1640ノースダコタ州の石油井戸に向かうカーボンパイプライン?サミットは「ノー」と言うが、懐疑的な見方は残る
No.1641新しいレポートは、カーボンキャプチャ&ストレージサプライチェーンに緊急の行動を推奨します
No.1642企業のカーボンニュートラル戦略は、企業のための新しい収益源を作成するために設定
No.1643海王星エネルギー目標2030年、排出する炭素数よりも多くの炭素を貯蔵
No.1644エア・ウォーターと三井物産、北米での産業ガス事業拡大の戦略的提携に合意(米国)
No.1645MHIENGは、2021年の優れたエネルギー効率と脱炭素化産業機械&システムの中で最高賞を受賞
No.1646Aemetis、15億ドルの収益を目標とする5カ年計画を発表
No.1647オイレックスは、英国の炭素捕獲と貯蔵プロジェクトのライセンスを待っています
No.1648中国のハイテク大手はカーボンニュートラルを達成するために努力する
No.1649サントス、CCSの韓国のパートナーに加わる
No.1650シェブロンはエイムズに拠点を置くバイオディーゼル会社再生可能エネルギーグループを31億5000万ドルで買収する計画
No.1651「海水と生体アミンを用いた CO2鉱物化法の研究開発」が NEDO の研究開発委託事業に採択されました
No.1652大陸資源がサミット・カーボン・ソリューションズに投資
No.1653ネプチューン・エナジー、2030年までに炭素否定性を目指す
No.1654自然との「より思いやりのある、思慮深い」関係を推し進める:国連長官
No.1655世界湿地の日:自然は私たちがより多くのことをする必要があります
No.1656石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1657MAN、水素製造子会社に最大500百万ユーロを投資
No.1658大陸資源、2億5,000万ドルの投資で炭素捕獲スペースに参入
No.1659NTECはエンチャント・エナジーに投資し、同社の取締役会の席にもなります
No.1660APPA、エネルギー政策に関するリーダーシップをマンチン上院議員に称える
No.1661石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1662エクソン、ベイタウンの水素プラントとCCS施設を計画
No.1663タロス、ハワード・エナジー、コーパス・クリスティ港でCCSプロジェクトを追求
No.1664石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1665高エネルギー価格の不安定化の影響。
No.1666エクソンモービルは、ベイタウン複合施設で水素生産、炭素捕獲、貯蔵を計画しています。青水素1B cfd
No.1667PCAは、脱炭素化技術を加速するための強力な連邦支援を要請する
No.1668ポートランドセメント協会は、産業脱炭素化技術をサポートするために米国政府にロビー活動を行います
No.1669エクソン、ヒューストン近郊で大規模な水素、炭素捕獲、貯蔵工場を計画
No.1670オピニオン:アイオワ州、炭素を捕獲するより良い方法で私たちのルーツに戻りましょう
No.1671このダイヤモンド会社は、炭素捕獲を支援したいと考えています
No.1672直接空気捕獲の発明者との質疑
No.1673シンガポールとノルウェー – 環境のために協力
No.1674海王星は、2030年までに排出されるCO2よりも多くを貯蔵するために「ネットゼロを超えて」行く
No.1675英国を作る – 新しいレポートは、カーボンキャプチャ&ストレージサプライチェーンに関する緊急の行動を推奨します
No.1676石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1677シェブロンは、エイムズに拠点を置く再生可能エネルギーグループの「明るい未来」をバイオ燃料本部と見なしている
No.1678サミット・カーボン・ソリューションズ・ミネソタ・Ag・コネクションに2億5,000万ドルを投資するコンチネンタル・リソース
No.1679科学アカデミー、二酸化炭素排出行動計画を開始
No.16802030年までに排出されるCO2よりも多くのCO2を貯蔵することを目指す海王星
No.1681NTECはエンチャント・エナジーに投資し、同社の取締役会の席にもなります
No.1682オキシのHollubは、2022年に生産を維持するために必要なより多くの資本を言います
No.1683現在進行中の世界最大の炭素捕獲・隔離プロジェクト
No.1684排出管理:エクソンモービルの炭素捕獲および貯蔵プロジェクトは一貫して目標を達成できない
No.1685IのUは、土壌炭素監視ハイテクを取ります
No.1686エクソンモービル、ベイタウン・コンプレックスで水素生産、炭素回収、貯蔵を計画

 

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る