Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.02.18)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

主要なニュースは今週のトピックスとしてに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)ランザジェット、マーキスSAFと提携し、120Mガロン統合燃料施設を建設

オンサイトの炭素捕獲と再エネを利用したSAF生産プラントの建設

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/02/10/lanzajet-teams-with-marquis-saf-to-build-120m-gallon-integrated-fuels-facility/

(2)IFC、世界銀行、ナイジェリアが国内炭素貯蔵への道を開く

ナイジェリア:炭素捕獲、利用、貯蔵の国内市場の開発

https://www.nigeriacommunicationsweek.com.ng/ifc-world-bank-to-help-nigeria-pave-the-way-for-domestic-carbon-storage/

(3)水素流:水素貯蔵を改善する新しい脱水素プロセス

通常の大気条件下で水素貯蔵材料から水素を抽出する金属フリー触媒 その他技術

https://www.pv-magazine.com/2022/02/11/the-hydrogen-stream-new-dehydrogenation-process-to-improve-hydrogen-storage/

(4)リオティントは、炭素鉱物化技術への新しいアプローチを探求するためにチームを組み立てます

鉱物化による炭素貯蔵プロジェクトへ220万ドルの研究開発金授与

https://www.miningweekly.com/article/rio-tinto-assembles-team-to-explore-new-approaches-to-carbon-mineralisation-2022-02-14/rep_id:3650

(5)日本製鉄 大型洋上浮遊式CO2回収貯留ハブ・プロジェクトCStore1へのCO2回収・液化・海上輸送に関する共同スタディ契約の締結について

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/910426

(6)米国エネルギー省がGE主導の炭素捕獲技術統合プロジェクトに570万ドルを授与し、炭素排出量の95%削減を目指す

DOEは、GEらのアラバマ州のコンバインドサイクル発電でのCCSのFSに570万ドルを助成、BASFのCO2回収技術を適用

https://www.webwire.com/ViewPressRel.asp?aId=285302

(7)三井物産、ロシアでCCS適地調査/ガスプロム子会社と協業

https://www.denkishimbun.com/archives/182659

(8)ビル・ゲイツのVC投資会社が熱エネルギー貯蔵スタートアップへの5000万米ドルの注入をリード

蓄熱スタートアップのアントラ・エナジーは、ビル・ゲイツのブレイクスルー・エナジー・ベンチャーズを含む投資会社のグループから5,000万米ドルを調達/炭素の熱ブロックに吸収する技術

https://www.energy-storage.news/bill-gates-vc-investment-firm-leads-us50m-injection-into-thermal-energy-storage-startup/

(9)ターナー&タウンゼントがランコーンカーボンキャプチャの役割を獲得

英国/ごみ焼却炉からのCO2分離回収

https://www.theconstructionindex.co.uk/news/view/turner-townsend-wins-runcorn-carbon-capture-role

(10)DOE、次世代のクリーンエネルギーイノベーターを育成するための600万ドルの投資を発表

石炭やCCUSに関する若手研究者らを支援

https://www.energy.gov/articles/doe-announces-6-million-investment-train-next-generation-clean-energy-innovators

 

No.1487炭素貯蔵の計算
No.1488マッキンゼーが「脱炭素ロードマップ」、太陽光192GW、蓄電池50GWに
No.1489ウイスキーベントと(水素)結合 – スコッチウイスキー産業の脱炭素化
No.1490ランザジェット、マーキスSAFと提携し、120Mガロン統合燃料施設を建設
No.1491デビッド・スズキ:炭素捕獲は気候危機の解決に役立つだろうか?
No.1492成長エネルギーは、2022年エグゼクティブリーダーシップ会議を開始します
No.1493エッサー、英国初の製油所ベースの水素炉を建設
No.1494ペトロナス、液化CO2輸送で三井物産と提携
No.1495マルタ大学、海洋エネルギー貯蔵開発におけるCO2の役割を研究
No.1496環境団体、炭素捕獲のための資金調達に反対、青い水素スキーム
No.1497サウスダコタ州でのサミット・カーボン・ソリューションズの進出
No.1498Eni UK:HyNet北西部プロジェクト内の炭素、捕獲、貯蔵に署名された19の覚書(Mou)で英国の脱炭素化プロセスの大きなブレークスルーを達成しました
No.1499化石燃料産業は、その資産を節約するために炭素捕獲とバイオエネルギーに頼ることはできません – EQ Mag Pro
No.1500炭素貯蔵の計算:研究者は安全で効果的な炭素捕獲および貯蔵のための要因を特定する
No.1501オイルサンド生産が成長を牽引する中、セノバス・アイズCCUSの機会
No.1502MHAネイション、グレートプレーンズ水素ハブに天然ガスを供給するパートナー
No.1503ハンバーゼロカンソルブ温室効果ガス排出量
No.1504IFC、世界銀行、ナイジェリアが国内炭素貯蔵への道を開く
No.1505スンドレ評議会、炭素捕獲プロジェクトを支援
No.1506アンドレス・フェルナンデス、WSP米国の水素エネルギー事業を率いる
No.1507英国のバイオマスエネルギー増加計画は超リスク
No.1508炭素捕獲から進む時間
No.1509水素流:水素貯蔵を改善する新しい脱水素プロセス
No.1510発電所からのCO2排出量を削減する必要性の高まりが、炭素捕獲、利用、および貯蔵システムの需要を促進する
No.1511ランザジェット、マーキスSAFパートナー、統合された持続可能な燃料プラントを建設
No.1512成長分野で最大38億ドルをスプラッシュするInpex
No.1513直接空気捕獲と気候長いゲーム
No.1514テキサス大学の科学者は、炭素の効果的な捕獲と貯蔵のための要因を強調
No.1515ランザジェットとマーキス持続可能な航空燃料(SAF)、イリノイ州に120mgpyアルコール対ジェット工場を建設
No.1516サウスダコタ州サミットカーボンソリューションズアドバンス
No.1517TCN は、古い送信変電所のデジタル化を開始します。
No.1518【イギリス】Eni、廃石油ガス層でのCCSでMOU19本締結。ランカシャー工業地帯でブルー水素
No.1519カーボンキャプチャを受け入れましょう
No.1520地下への二酸化炭素貯蔵のアイデアが割れている – それは実際に良いです
No.1521アナリストは、パイロットは現在の市場価値の5倍の価値があると言います
No.1522議会公聴会で宣伝された水素のクリーンエネルギーポテンシャル
No.1523社説:エタノールはアイオワ州経済にとって恩恵となっている。しかし、ピボットして次に何が起こるかを把握する時が来たのです
No.1524法案はCO2貯蔵責任をワイオミング州に移し、炭素捕獲を強制する
No.1525ESG鉱業ストックニュース:タロンメタルズ(TSX:TLO)(OTCピンク:TLOFF)は、米国エネルギー省による気候イノベーション資金に選ばれたタマラックニッケルプロジェクトを発表
No.1526炭素捕獲の展開を支援する契約
No.1527TVAは、革新的な技術を探求する核開発を承認します
No.1528アカー・ホライズンズASA:2021年第4四半期決算
No.1529リオティントは、炭素鉱物化技術への新しいアプローチを探求するためにチームを組み立てます
No.1530CO2保管プロジェクト:ベストプラクティスとサイトスクリーニングのヒント
No.1531炭素捕獲は気候変動との闘いに対する技術の答え
No.1532オクラホマ州議会で導入された炭素捕獲措置
No.1533財務省(カナダ)は、重要な税法の草案を発表します
No.1534カナダは炭素を捕獲しようとするのではなく、削減する必要がある
No.1535オランダ、ベルギー、ノルトライン=ヴェストファーレン州の地域CO2インフラ戦略に対する共同行動要請
No.1536テイラーと部門は、グラスゴーでのオーストラリアのパビリオンでCCSを促進するためにサントスを招待しました
No.1537日本製鉄 大型洋上浮遊式CO2回収貯留ハブ・プロジェクトCStore1へのCO2回収・液化・海上輸送に関する共同スタディ契約の締結について
No.1538バイデンは、産業、気候の遅れ、脱炭素化を迫る
No.1539リオティントは$2.2 M DOE資金でミネソタ鉱山での炭素捕獲を探ります
No.1540ASXグリーンエネルギー株:リオティントは岩に二酸化炭素排出量を保存したいです
No.1541私たちは、それをキャプチャしようとする詐欺のために落ちない、カーボンをカットする必要があります
No.1542炭素指標として遺伝学を検討する土壌衛生研究所
No.1543DOEは、タマラックニッケルプロジェクトで炭素鉱物化を探求するためにリオティント主導のチームに$2.2Mを授与します
No.1544米国エネルギー省がGE主導の炭素捕獲技術統合プロジェクトに570万ドルを授与し、炭素排出量の95%削減を目指す
No.1545三井物産、ロシアでCCS適地調査/ガスプロム子会社と協業
No.1546ヴェロシーズ、英国のCCUSパートナーシップに参加
No.1547NABのパイロットは、農家を支援するためのプロジェクト
No.1548クリーン水素の未来に向けての課題を強調するレポート
No.1549世界湿地の日:自然は私たちがより多くのことをする必要があります
No.1550ビル・ゲイツのVC投資会社が熱エネルギー貯蔵スタートアップへの5000万米ドルの注入をリード
No.1551ターナー&タウンゼントがランコーンカーボンキャプチャの役割を獲得
No.1552CCSピックアップへの関心:エイカーカーボンキャプチャ、オーロラJVパートナーアップ
No.1553ヴィルヘルムセン、リーチ海底の株式を取得
No.1554DOE、次世代のクリーンエネルギーイノベーターを育成するための600万ドルの投資を発表
No.1555フリーポートLNG、LNGバンカー事業への参入を計画
No.1556GOP上院議員は、エネルギープロジェクトの遅れをめぐってバイデンEPA候補者をブロックします
No.1557米国上院議員、炭素捕獲をめぐってバイデンEPA候補者をブロック
No.1558炭素捕獲注入は有望なステップを井戸
No.1559政府がCCSで企業を誘惑する方法:炭素捕獲と貯蔵
No.1560Akerカーボンキャプチャ、オーロラはカーボンキャプチャでチームを組む

 

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る