Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.02.10)

主要なニュースは今週のトピックスとして記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければと思います。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)UD team devises CO2 direct air capture device powered by hydrogen for HEMFCs

水酸化物交換膜燃料電池を利用したDAC技術の開発

https://www.greencarcongress.com/2022/02/20220204-ud.html

(2)Up to 3.75m tonnes of carbon secured in rehabilitated Offaly bogs

泥炭地の復元プロジェクトによる炭素貯蔵

https://www.offalyindependent.ie/2022/02/06/up-to-3-75m-tonnes-of-carbon-secured-in-rehabilitated-offaly-bogs/

(3)Air Liquide, Pertamina partner to decarbonize operations in Indonesia

エアリキッドとインドネシアとペルタミナは、活動を脱炭素化するための長期的なパートナーシップの可能性を探るために共同研究活動

https://www.petrolplaza.com/news/29182

(4)Aker, Dan-Unity join forces for maritime CO2 transport

ノルウェーのAkerカーボンキャプチャーとデンマークのダン・ユニティCO2は、CCUSバリューチェーンの確立を目指して、柔軟なCO2輸送ソリューションの開発に関するコラボレーション契約を締結

https://www.offshore-energy.biz/aker-dan-unity-join-forces-for-maritime-co2-transport/

(5)PETRONAS COLLABORATES WITH MITSUI O.S.K. LINES ON LIQUEFIED CO2 TRANSPORTATION FOR CARBON CAPTURE, UTILISATION AND STORAGE VALUE CHAIN

商船三井は、マレーシアの国営石油会社ペトロナスとの間で二酸化炭素(CO2)の回収・有効利用・貯留(CCUS)に関する事業で協力する覚書を締結

http://mrem.bernama.com/viewsm.php?idm=42361

(6)ASX Green Energy Stocks: Santos embarks on decarbonisation path with booking of CO2 storage capacity

サントスは、南オーストラリアのムーバーCCSプロジェクトで1億トンのCO2貯留を予約

https://stockhead.com.au/energy/asx-green-energy-stocks-santos-embarks-on-decarbonisation-path-with-booking-of-co2-storage-capacity/

(7)Eni: UK industry shows outstanding interest in CO2 capture & storage project

イタリアの石油・ガス会社Eniは、英国のHyNet North Westプロジェクト内の炭素、捕獲、貯蔵に関する19の覚書(Mou)に署名

https://www.offshore-energy.biz/eni-uk-industry-shows-outstanding-interest-in-co2-capture-storage-project/

 

No.1439グリーンエネルギー:グレートプレーンズ研究所は、水素と炭素管理ハブのための米国全体の14の場所を特定します
No.1440気候の戦いに遅れて、ヒューストンは戦略を変更し、ペースを遅くすることを目指しています
No.1441国際エネルギー企業エクノイアが水素安全センターに加盟
No.1442ファースト・ネイション・キャピタル・インベストメント・パートナーシップはエンブリッジと協力してCO2貯蔵ソリューション
を進める
No.1443UDチームは、HEMFC用水素を搭載したCO2直接空気捕捉装置を考案
No.1444エンブリッジ、アルバータ・ファースト・ネーションズと炭素捕獲プロジェクトで提携
No.1445グリーン水素の混乱:世界のエネルギーを再構築するために各国、企業、投資家が何をしているか
No.1446エア・プロダクツ・アンド・ケミカルズ(APD)CEO、2022年第1四半期の結果 – 収益コールトランスクリプト
No.1447エア・リキード、米国で最大のバイオメタン生産ユニットを建設
No.1448三菱、三井はウッドサイドとBPとの炭素貯留を注視する
No.1449世界湿地の日:自然は私たちがより多くのことをする必要があります
No.1450リハビリテーションされたオフバリー泥沼で確保された最大3.75mトンの炭素
No.1451エバーガスとナビゲーターの合弁チーム、CO2出荷に関するAkerカーボンキャプチャーとの共同事業
No.1452炭素捕獲プロジェクトは連邦政府の支援を受ける
No.1453エアリキード、米国のバイオメタン生産ユニットを建設
No.1454エア・リキー、ペルタミーナのパートナー、インドネシアでの事業を脱炭素化
No.1455バイデン政権は、気候の戦いにおける重要なツールとして炭素捕獲を見ている
No.1456CGGはCMC主導のCCUS研究に参加
No.1457炭素パイプラインの提案は、潜在的な土地の押収に対する反発を引き起こす
No.1458英国の石油・ガス産業は北海移行協定で大きな進歩を遂げる、とOGUKは言う
No.1459エイカー、ダン・ユニティは海上CO2輸送のために力を合わせる
No.1460USDA、ノーティルを含む気候資金に10億ドルを費やす
No.1461CO2は地中に埋めよ! 脱炭素の隠れた切り札「CCS」関連株が本領発揮へ <株探トップ特集>
No.1462木は私たちの気候の鍵です
No.1463気候専門家は、炭素捕獲、自然ベースのソリューションに関するビッグオイルの嘘を否定する
No.1464ペトロナス、液化CO2輸送の三井O.S.K.ラインと協力し、炭素捕獲、利用、貯蔵バリューチェーン
No.1465ASXグリーンエネルギー株:サントスはCO2貯蔵容量の予約で脱炭素化経路に乗り出す
No.1466木の果樹農場の炭素捕獲クレジットを検討する
No.1467英国の石油・ガス産業貿易機関は、低炭素エネルギー生産を含むように拡大
No.1468リソースパートナーズL.Pは、アラバマ湾岸の世界クラスのCO2隔離ハブの開発のためのデンベリー
No.1469サントス「書籍」最初の炭素貯蔵
No.1470アイオワ州民主党、大規模家畜給餌事業の建設を阻止する5回目の入札
No.1471エネルギー転換-未来を変革する、今日
No.1472オピニオン:カナダは炭素を削減する必要がある、それを捕獲しようとするのではない
No.1473ジェネシス・システムズ、米国の持続可能な水技術スタートアップをリードし、X-PRIZEのグローバル・ウォーター賞共同創設者が率いる早期ラウンドで資金調達記録を破る
No.1474欧州委員会のガスへの緑のうなずきは、エネルギー移行の議論を支配する
No.1475SSEは1.5Cの排出目標をネットゼロに設定するが、ガスによる利益予測を引き上げる
No.1476バカルディ、CHPプラントで排出フットプリントを削減
No.1477オピニオン:カナダは炭素を削減する必要がある、それを捕獲しようとするのではない
No.1478ノーセムのブレヴィックCCSプロジェクトに高い関心が残る
No.1479オーストラリアで唯一の大規模CCSプロジェクトは、最初の通年で半分の容量で運営
No.1480ノースダコタ州の水素ハブ開発者が天然ガス供給に関するMHAネイションと契約を締結
No.1481ペトロナス、液化CO2輸送に関する三井O.S.K.ラインでMoUをインク
No.1482Eni:英国の産業は、CO2の捕獲&貯蔵プロジェクトに顕著な関心を示しています
No.1483ペトロナス、MOLサイン液化CO2出荷ノウ
No.1484サントス「書籍」初の炭素貯蔵能力
No.1485日本のインペックス、オーストラリアのガス田で炭素捕獲を先導
No.1486竹を植えることは気候変動に対処できる理由

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る