Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.02.04)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければと思います。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Sinopec Completes China’s First Megaton Scale Carbon Capture Project

シノペック、中国初のメガトンスケール炭素捕獲プロジェクト

https://en.prnasia.com/releases/apac/sinopec-completes-china-s-first-megaton-scale-carbon-capture-project-350328.shtml

 

(2)Novel “artificial leaf” design ups the carbon capture rate by 100x

新しい人工葉システムによるCO2捕獲

https://newatlas.com/technology/novel-artificial-leaf-carbon-capture-rate-100x/

 

(3)Holcim and Eni explore breakthrough CCUS technology

オリビンにCO2を固定化して、グリーンセメントの原料として使用

https://www.agg-net.com/news/holcim-and-eni-explore-breakthrough-ccus-technology

 

(4)エネ庁、CCS工程表を初策定へ/30年度事業化へ支援

https://www.denkishimbun.com/archives/179491

 

(5)Ekona Power raises $79m to ramp up commercialization of hydrogen tech

カナダ/Ekona Power Inc/天然ガスから水素製造技術を開発(三井物産が出資)

https://biv.com/article/2022/02/ekona-power-raises-79m-ramp-commercialization-hydrogen-tech

 

(6)Coty kickstarts production of carbon-captured ethanol fragrances in Spain

CCUSで得られたエタノールからフレグランスを製造を開始

(グッチ、バーバリー、クロエ等のハイブランドも2023年頃、エタノールを代替品へ転換)

https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2022/02/01/Coty-carbon-captured-fragrance-production-starts-in-Spain-perfume-rollouts-due-in-coming-months?utm_source=RSS_Feed&utm_medium=RSS&utm_campaign=RSS

 

(7)豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産

オーストラリア沖でのCCSを検討(三菱商事、三井物産)

https://www.chunichi.co.jp/article/411656?rct=economics

 

(8)Japan to Build World’s First Liquified CO2 Carrier to Demonstrate CCS

三菱造船(三菱重工)、液化CO2輸送実証船の建造、2023年度就航予定

https://www.maritime-executive.com/article/japan-to-build-world-s-first-liquified-co2-carrier-to-demonstrate-ccs

 

(9)Game-Changing Technology to Remove Carbon Dioxide From Air

デラウェア大学/燃料電池システムを応用した新しいDACシステムの提案

https://www.newswise.com/articles/game-changing-technology-to-remove-carbon-dioxide-from-air

 

 

No.1376萩生田経産相がCCS視察 「世界のロールモデルに」
No.1377シノペック、中国初のメガトンスケール炭素捕獲プロジェクトを完了
No.1378新しい「人工葉」デザインは、炭素捕獲率を100倍にアップ
No.1379サムスン、LNG燃料船の炭素捕獲システムの承認を得る
No.1380ペトロファックCOOがOGUK理事会に参加
No.1381SSEサーマルとエクノイアは、画期的な政府の競争に2つの共同炭素捕獲プロジェクトを提出します
No.1382洋上風力発電所は空気から炭素を捕獲し、それを貯蔵することができる
No.1383BNEF:低炭素エネルギー転換への世界的な投資は2021年に755億ドルに達しました。2020年から27%増加。電化輸送は最も速く成長しました
No.1384ホルシムとエニは画期的なCCUS技術を探る
No.1385シェルは、世界最大の水素電解装置の一つが現在中国で稼働していると言います
No.1386リーハイセメントとエンブリッジ社、炭素貯蔵プロジェクトで協力
No.1387オーストラリアはCO2を排出しない燃料の最初のバッチを輸出したばかりです。ただ一つのキャッチがあります
No.1388シノペック、中国初のメガトンスケール炭素捕獲プロジェクトを完了
No.1389Sinopecが中国初のメガトン級炭素回収プロジェクトを完成
No.1390中国初のメガトン炭素捕獲プロジェクトを完了
No.1391炭素捕獲プロジェクトの税額控除は、より多くの二酸化炭素排出量を奨励するだけ
No.1392CCSがクリーンエネルギー移行の重要な部分になる理由
No.1393シュルンベルガー技術、オーロラのパフォーマンスを最適化
No.1394エネ庁、CCS工程表を初策定へ/30年度事業化へ支援
No.1395萩生田経産相、CCS技術は着実に実装/苫小牧の実証施設視察
No.1396CCSAはGEとドゥーサン・バブコックを最新メンバーとして歓迎
No.1397エグゼクティブQ&A:EORからCCUSへのデンベリーの道
No.1398リー・クリーク・エナジーは$2.6億の尿素プロジェクトの開発を進めています
No.1399今、水素と炭素捕獲プロジェクトが資金調達を求める中で作業が始まる
No.1400先住民連合は、アルバータ州の炭素捕獲複合体を構築するために石油大手に真っ向から立ち向かう
No.1401日本のジャペックス、マレーシアのペトロナスのCCSパートナー
No.1402英国の石油・ガス貿易機関は、ネットゼロの未来に向けたドライブを反映するために名前を変更
No.1403エイカー、アルテラ、ヘーグLNGがCCUSに参加
No.1404パイロット・エナジー、クリフ・ヘッド再生可能エネルギープロジェクトの完全な所有権を保持
No.1405石油・ガス英国、名称を「オフショアエネルギーセクターの統一声」に変更
No.1406エコーナパワーは、水素技術の商業化を強化するために$79mを調達します
No.1407ホールの下の道、パート5 – 45Q税額控除への提案された変更は、「より良いビルドバック」の敗北を生き残ることができる
No.1408企業がチームを組み、フルバリューチェーンCCUS製品を開発
No.1409エクソンモービルの再編、低炭素事業の地位を高める
No.1410サミットはパイプライン許可を求める
No.1411南オーストラリア州は地下石炭に火をつけようとしている、とそのグリーンエネルギーの信任状
No.1412サミットカーボンソリューションズ、CCSプロジェクトの進捗を発表
No.1413コティは、スペインで炭素捕獲エタノールの香りの生産を開始します
No.1414インダストリーボイス:炭素隔離モデリングに既存の地下データを活用する方法
No.1415英国の石油・ガス貿易機関、低炭素エネルギーへの進出拡大
No.1416グリーン水素投資は有望な英国のエネルギーソリューションとして牽引力を得る
No.1417炭素はまもなくイリノイ州のアンダーグラウンド・ロック
No.1418豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産
No.1419豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産
No.1420水素輸送は実行可能であることを証明するが、批評家はその「クリーンな」信任状をノックする
No.1421日本、世界初の液化CO2キャリアを構築し、CCSを実証
No.1422キナー、バッテル、アパラチア盆地の炭素捕獲、貯蔵の可能性を探る
No.1423三菱、CCUS向け世界第1のLCO2キャリアを構築
No.1424Kラインは、国際的なCCSシンクタンクに参加します
No.1425約20,000クロークパークは泥炭地の価値を投げる「リハビリ」
No.1426誓いASAは、年間50,000トンのバイオカーボンプラントへの技術供給の可能性を持つLOIを歌います
No.1427アライアンスは、ウェスタンPa.を水素生産と炭素貯蔵のハブにしたいと考えています。
No.1428空気から二酸化炭素を除去するゲームを変える技術
No.1429森林は、雲の数を増減させるか、または少なくてすむか。事によりけりです
No.1430イリノイ州は、米国最大のバイオメタンプラントの一つに家になります
No.1431排出ガス規制:世界のクリーンエネルギー移行は、2021年中に過去最高の7,550億ドルの投資を記録しました
No.1432日本のトレーダー三菱、三井マール炭素貯蔵プロジェクト
No.1433CCUSはまだSアフリカのために実行可能ではありません
No.1434韓国のスクラバーメーカーは、サムスンヘビーと提携して炭素捕獲システムを開発します
No.1435ヴェルドックス、8000万ドルの資金調達を確保
No.1436豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る