Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2021.12.10)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

9月の開始以来、ニュース配信数も1,000件を超えました。引き続き、国内外の最新動向を会員の皆様へお伝えできるようにしていきたいと思います。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ下さい。今後の改善につながりますので、お願い致します。

 

<今週のトピックス>(重複記事やCRF事務局が注目したニュースをピックアップ)

(1)サミット・カーボン・ソリューションズ、炭素貯蔵プロジェクトのマイルストーンに到達

米国CCSプロジェクト、層状試験井戸の掘削開始

http://ethanolproducer.com/articles/18802/summit-carbon-solutions-reaches-carbon-storage-project-milestones

 

(2)Musk財団は、緑の努力のために学生に資金を与えます

XPRIZEの学生コンペティションのトロント大学の受賞者、バイオテクノロジーを用いた炭素捕獲の開発

https://www.thestar.com.my/news/education/2021/12/05/musk-foundation-rewards-students-for-green-effort

 

(3)CO2からエチレン生産/電中研など量産化技術確立へ

電中研と熊谷組CO2からエチレン生産技術を開発

https://www.denkishimbun.com/archives/166478

 

(4)世界最大の炭素捕獲パイプラインは、中西部のアッパーを横断する31のエタノールプラントを接続することを目指しています

31のエタノール工場をパイプラインで接続してCCS、年間1200万トンの貯留、45億ドルの計画

https://www.superiortelegram.com/business/agriculture/7307794-Worlds-largest-carbon-capture-pipeline-aims-to-connect-31-ethanol-plants-cut-across-Upper-Midwest

 

(5)第三次デリバティブとグランサム・トラストが最初のギガトン・キャプチャンを発売し、炭素捕獲の革新を加速

世界的な気候技術スタートアップアクセラレータであるサードデリバティブ(D3)は、触媒気候資金と環境保護のリーダーであるジェレミーとハンネロア・グランサム環境信託との新しい4年間のパートナーシップを発表

https://news.webindia123.com/news/articles/Business/20211208/3869840.html

 

(6)英国政府は、炭素捕獲イノベーションのための£64mの資金調達競争を開始します

英国政府は、直接空気捕獲(DAC)技術やその他の温室効果ガス除去システムを開発するイノベーターのための新しい資金調達ポットを開設

https://www.edie.net/news/8/UK-Government-opens–64m-funding-competition-for-carbon-capture-innovations/

 

(7)ADNOC、GE、発電のための脱炭素化ロードマップを開発

ADNOCとGEガス・パワーはUAEのアブダビにある世界規模のルワイス工業団地を含む、ADNOCの下流および産業事業に電力を供給するために使用されるガスタービンからの二酸化炭素排出量の削減を含む脱炭素化ロードマップを開発するための共同協力イニシアチブを発表

https://www.hydrocarbonprocessing.com/news/2021/12/adnoc-ge-to-develop-decarbonization-roadmap-for-power-generation

 

(8)ボストン・コンサルティング・グループとスクエア・インクが炭素捕獲のためにクライムワークスに転向

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)と金融サービス会社Squareは、カーボンキャプチャー会社クライムワークスと複数年契約を締結

https://www.edie.net/news/8/Boston-Consulting-Group-and-Square-Inc-turn-to-Climeworks-for-carbon-capture/

 

No.941斗山重工業は昌原市とブルー水素生産に乗り出す
No.942海の下で:議会はオフショアCCSを提供するためにOCSLAを改正
No.943ベンチャー・グローバルとルイジアナ州知事ジョン・ベル・エドワーズ、CP2 LNG輸出施設の提案を発表
No.944パワータップとビリディアンエキスポ2020驚異的な成功
No.945デンマークの炭素貯蔵は初日から最大で実行できます
No.946CO2捕獲の一歩前進
No.947キャピタルパワーは、投資家の日
に2025年までの強力なキャッシュフローと配当成長ガイダンスを強調し、再生可能な開発サイトのポートフォリオの買収、ハルカーク風のフェーズ2の建設計画と脱炭素化を発表
No.948ブルー水素の気候影響を探る研究
No.949米国ルイジアナ州で4番目のLNG輸出施設を開発
No.950掘削を続けている間、石油産業の炭素捕獲と貯蔵へのピボットが、気候変動ソリューションではない理由
No.951サミット・カーボン・ソリューションズ、炭素貯蔵プロジェクトのマイルストーンに到達
No.952Musk財団は、緑の努力のために学生に資金を与えます
No.953エクソンモービル、東南アジアでの炭素捕獲ネットワークを計画
No.954エクソンモービル、温室効果ガス排出削減計画を発表
No.955LNG建設はある州で歓迎されるが、別の州では拒絶される
No.956CO2からエチレン生産/電中研など量産化技術確立へ
No.957ノースダコタ州の炭素捕獲目標のテストである大規模な中西部パイプラインが地主のスナッグを襲う
No.958O&G企業の目標脱炭素化のためのツールへの投資
No.959世界の炭素捕獲、利用、ストレージ市場は、スカイオニック、バスフ、ハネウェル、三菱をフィーチャーした2027年まで
No.960カーボンキャプチャの約束を誇張しないようにしましょう
No.961国家ガスインフラ計画は、地域オーストラリアのための心配
No.962世界最大の炭素捕獲パイプラインは、中西部のアッパーを横断する31のエタノールプラントを接続することを目指しています
No.963それほど気球ではない:ハイテク風船の艦隊が空気からCO2をスクラブする方法
No.964CO2貯蔵プロジェクトにおけるMVA – 地下モニタリングと教訓
No.965N.W.T.泥炭地は240億トンの炭素を貯蔵し、保護する価値がある、と専門家は言う
No.966塩辛い水にフィズを入れる
No.967南アメリカでマングローブが広がるのを妨げる要因
No.968政府の補助金を受けているサントスCCSプロジェクトの排出削減に対する疑念
No.969炭素の捕獲と貯蔵:世界はCO2をどこに保管すべきか?それは道徳的なジレンマです
No.970第三次デリバティブとグランサム・トラストが最初のギガトン・キャプチャンを発売し、炭素捕獲の革新を加速
No.971実際に気候変動と闘うホリデーギフト
No.972ブラックマウンテンカーボンロックのカーボンキャプチャ&ストレージのためのシンプルなソリューション
No.973地質学者は、中西部の岩石層は「eons」のために二酸化炭素を貯蔵できると言う
No.974英国政府は、炭素捕獲イノベーションのための£64mの資金調達競争を開始します
No.975第三次デリバティブとグランサムトラスト発売 最初のギガトンは、炭素捕獲の革新を加速
No.976GovtはCCSと探査のためのオフショア作付面積をリリース
No.977北海中流パートナーズ、英国のドングリプロジェクトに参加
No.978パイプラインで計画された公開会議
No.979ベンチャー・グローバルLNG、ルイジアナ州に100億ドルを投資
No.980佐々木が立ち上げた初期の設計段階で、具現化された炭素を測定する無料ツール
No.981深海における炭素貯蔵に関する研究
No.982ナボルズ・インダストリーズ、エネルギー転換イニシアチブを発表
No.983ミズーリ州のセメントプラントは、温室効果ガスを削減するためにスクランブル
No.984政府は、英国のグリーンテック企業が気候変動と戦うために革新するのを助けるために£116mの誓約を行います
No.985インドの草原管理へのシステムアプローチ
No.986クリーンで再生可能なエネルギーによる停電の回避
No.987クリーンベイ・リニューアブルズ、AVGグループSarlからの投資を確保
No.988オニールはグリーンベットでウッドサイドを低リターンに向けてポイント
No.989よりクリーンな燃料の探求
No.990第三次デリバティブとグランサム・トラストが最初のギガトン・キャプチャンを発売し、炭素捕獲の革新を加速
No.991ウッドサイド、水素、CCSプロジェクトへの拡張に70億ドルの目標を設定
No.992MMEXリソース社が破壊的な精製技術設計を最終決定
No.993テクニップ・エナジーズがアラブ首長国連邦との契約を獲得
No.994リーチ海底、馬馬からOCTIOを取得
No.995英国の脱炭素化プロジェクトは許可を求める
No.996ADNOC、GE、発電のための脱炭素化ロードマップを開発
No.997オピニオン:我々はすべての新しい石油・ガス田を禁止すべきである
No.998Third DerivativeとGrantham Trustが炭素回収イノベーション加速のためFirst Gigaton Capturedを立ち上げ
No.999もう一つの会社がパートナーとしてドングリCCSに参加
No.1000ウッドサイド、2030年までにニューエナジーに50億ドルを投資
No.1001農業慣行は、気候変動との闘いを支援するために土壌に貯蔵される炭素を増やすことができます
No.1002「ストライクチーム」は、連邦刺激資金の提案で$3Bを発表します
No.1003気候危機を緩和する製造業の役割:EDMSとネットゼロへの道
No.1004EUの農業見通し 2021-31: 農業市場を形成するための持続可能性と健康への懸念
No.1005化石燃料の未来は、2つの巨大な中西部パイプラインの戦いにヒンジ
No.1006FRBはまもなく炭素捕獲税額控除の詳細を発表すると予想、とCenovusは言う
No.1007ボストンコンサルティングは、炭素捕獲技術会社と提携
No.1008ボストン・コンサルティング・グループとスクエア・インクが炭素捕獲のためにクライムワークスに転向
No.1009インフラ投資と雇用法:エネルギー転換の基盤を築く
No.1010カナダはCCSオプションをミュール [移行中のガス]
No.1011エクソン主導のトリオ、サウサンプトンで水素ハブの創設を検討
No.1012サントスはバロッサ取引に紙にインクを置く
No.1013セメントメーカー、温室効果ガス排出に対応
No.1014ボストン・コンサルティング・グループ、クライムワークス契約を締結
No.1015エア・プロダクツの投資家情報、企業関係、サステナビリティ・VPがバンク・オブ・アメリカ証券2021年12月16日に開催される水素会議で講演
No.1016カナダは2050年までに化石燃料の使用量を62%削減する軌道に乗っている

 

 

エクセルファイルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る