Members Notice会員様向けお知らせ

事業支援 <CRFからのお知らせ>カーボンリサイクル技術の情報提供(CO2を栄養源とするレアメタルを回収する菌の育種:名城大学)

CRFではカーボンニュートラル実現に向けた国内外のカーボンリサイクルに係る技術調査を行っております。

試験的に、調査した国内外のカーボンリサイクル技術のシーズを不定期にご紹介しております。

ぜひ、社内関係部署へ展開頂ければ幸いです。

 

今回は、名城大学農学部 細田 晃文 准教授が開発中のCO2を栄養源とするレアメタルを回収する菌の育種です。

CO2を栄養源としてレアメタルを還元する菌に関して研究開発をされており、興味を持っていただける会社との共同研究や適用先を探されています。 

詳細は、下記記載、または、添付ファイルをご覧ください。

 

【概要】

1.技術名:CO2を栄養源とするレアメタルを回収する菌の育種

2.技術分野:生物活用、マテリアルリサイクル

3.氏名/所属:細田 晃文 准教授/名城大学 農学部

4.概要

レアメタルは、地域偏在性があり、また、採掘地の周辺環境の汚染など問題となっています。製品等に組み込まれたレアメタルを回収するいわゆる都市鉱山に関する技術開発が盛んでですが、その中で、細田先生は、工場排水などに含まれるレアメタル(銅)を還元する菌について研究開発をされています。この菌は、銅を還元する際、CO2を栄養源として活動するため、資源循環とカーボンリサイクルの良い処どりが可能な技術であると考えます。特に、非鉄金属系の会社などとの共同研究先や適用先を探されています。

5.連絡先

詳細を聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら、CRF事務局(info@carbon-recycling-fund.developweb.biz)までご連絡頂くか、または、細田准教授(hosoda@meijo-u.ac.jp)にCRFで紹介を受けた旨、お伝え頂き、コンタクトを取って頂ければと思います。

 

 

資料はこちら

一覧に戻る