Members Notice会員様向けお知らせ

情報提供 <CRF>カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2021.10.15)

CRF会員窓口の皆様

(bccで配信しております)

 

いつもお世話になっております。

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連する記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(重複記事や事務局で注目したニュースをピックアップ)

1)排出削減の取り組みを支援する低コスト、継続的な耐震監視システム:九州大学のCO2貯蔵地点の地震監視に関する研究

https://www.sciencedaily.com/releases/2021/10/211008105646.htm

 

2)大連造船工業、ノルウェーのオーロラプロジェクトに2隻のCO2キャリアを建設:CO2キャリア船舶建設発注

https://www.marinelink.com/news/dalian-shipbuilding-industry-co-build-two-491196

 

3)リサイクルされた排出量:錬金術師は技術を活用しています。:小型CCS、ビール等の炭酸に活用

https://www.burlingtonfreepress.com/story/news/2021/10/12/alchemist-brewery-first-vermont-recycle-carbon-dioxide-emissions/6101369001/

 

4)LEILAC-1の調査は、炭素捕獲に終わる-と値札を置く:セメント生産のコンソーシアムがCO2回収コスト試算を公表

https://www.globalcement.com/news/item/13130-leilac-1-study-concludes-and-puts-a-price-tag-on-carbon-capture

 

5)メリットに炭素捕獲バイオ燃料プラントを計画:

カーボンエンジニアリングのライセンスパートナーは、メリットでカーボンニュートラル燃料を生産するために、カナダ初の直接空気炭素捕獲とグリーン水素プラントを建設

https://biv.com/article/2021/10/carbon-capture-biofuel-plant-planned-merritt

 

6)炭素捕獲に革命をもたらす可能性のあるニュージーランド企業は$1mの資金を得る

:スタートアップ企業:アスピアリング・マテリアルズ(カンタベリー大学発)Mg鉱石を利用したCO2固定化

https://www.stuff.co.nz/environment/climate-news/126685010/new-zealand-company-that-could-revolutionise-carbon-capture-gets-1m-funding

 

No.278ホリソン・エネルギ、ブルー・アンモニアのヨーロッパ流通ハブとしてロッテルダム港を選ぶ
No.279排出削減の取り組みを支援する低コスト、継続的な耐震監視システム
No.280PKNオーレンはCO2を使用してポリマー生産を探求する
No.281カナダの石油会社は、炭素捕獲施設を建設するための政府の支援を求めています
No.282米国民主党のマンチン氏、炭素捕獲税額控除を支持
No.283石油・ガス分野における酸素燃料燃焼技術の推進に関するパートナーシップ
No.284水素ショットについて知らないかもしれない5つのこと
No.285F1の持続可能な燃料は、自動車産業に関連し続けることができる
No.286セントラルプレーンズセメントは、シュガークリークセメント工場で30t/日極低温炭素捕獲設備のための米国エネルギー省の資金を受け取ります
No.287ホリソン・エネルギ、ブルー・アンモニアのヨーロッパ流通ハブとしてロッテルダム港を選ぶ
No.288NMSUのエンジニアが共同研究に参加し、新しい二酸化炭素技術を開発
No.289スコットランド:エクソンモービル炭素捕獲貯蔵プロジェクト
No.290CO2回収・貯蓄計画が世界各地で進行、9カ月で処理能力50%拡大
No.291大連造船工業、ノルウェーのオーロラプロジェクトに2隻のCO2キャリアを建設
No.292ノルウェーのCCSプロジェクトのために中国で2つのLNG燃料CO2キャリアを発注
No.293ムーアランド修復工事の重要な利点が明らかに
No.294石油メジャーの共同気候ベンチャー、2つの特殊なCO2キャリアを発注
No.295シェルのJV、LNG燃料駆動、風力支援CO2キャリアを発注
No.296CO2資源管理–成功した貯蔵プロジェクトへの第一歩
No.297ダウ アルバータ州でネットゼロ・エタン・クラッカーを開発計画
No.298大連造船工業、ノルウェーのオーロラプロジェクトに2隻のCO2キャリアを建設
No.299NARUCは、州の公益事業規制当局を教育するために1,420万ドルを受け取ります
No.300ボゾ・ジョンソン政権は再び嘘をついて捕まらなかった。誰もが驚いていますか?
No.301研究者は、新しい炭素捕獲方法をテストしています
No.302レモラは、トラックのための炭素捕獲で転がる準備ができています
No.303DTU研究者は新しい炭素捕獲法をテストしている
No.304OGA、ハーバーエナジーに炭素貯蔵ライセンスを付与
No.305コンクリート業界は、炭素捕獲は排出目標を達成するための鍵をキャプチャすると言います
No.306コンクリート業界は、炭素捕獲は排出目標を達成するための鍵をキャプチャすると言います
No.307メディアリリース:国際レポートは、CCSが気候変動「ゲームチェンジャー」であることを発見
No.308世界の炭素捕獲プロジェクトは9ヶ月で50%急増 – 研究
No.309世界の炭素捕獲プロジェクトが9ヶ月で50%急増:研究
No.310COP26が近づくにつれて、世界の炭素捕獲計画が急増
No.311ノヴァ・エナジーズ、ザップシブネフテヒム工場の炭素捕獲ソリューションを開発
No.312オーストラリアのレポートは、CCSの成長が印象的な発見
No.31340のセメントおよびコンクリート企業がネットゼロへのグローバルセメント・コンクリート協会のロードマップにコミット
No.314リサイクルされた排出量:錬金術師は技術を活用しています。
No.315コンクリートセクターは炭素捕獲にコミット
No.316エネルギー長官とオッソフ上院議員がランザテックフリーダムパインズバイオリファイナリーを訪問
No.317ノーザンライツJV、LNG燃料CO2担体を受注
No.318OGAアワード カーボンストレージライセンス
No.319LEILAC-1の調査は、炭素捕獲に終わる-と値札を置く
No.320レポート:BECCSへの主要なアプローチは気候変動を悪化させる
No.321レポート:BECCSへの主要なアプローチは気候変動を悪化させる
No.322ドラックスの「カーボンネガティブ」バイオエネルギークレームは「乱暴に誇張された」と研究は主張する
No.323森林生物はカーボンニュートラルから遠く離れている
No.324調整エネルギー移行株式会社(「RETI」)とシェルカナダ製品(「シェル」)は、ポラリスカーボンを共同開発するためにMOUを実行します。
No.325世界の炭素捕獲プロジェクトは50ヶ月で9%急増
No.326ノルウェーのCCSプロジェクト、中国のDSICに造船契約を授与
No.327ガイアナの排出量削減に向けた2倍のアプローチ:エクソンの炭素捕獲戦略と政府の炭素税の可能性
No.328マースク掘削シールリグは、デンマークのオフショア炭素貯蔵プロジェクトのための取引を封印
No.329再び顕微鏡下での森林再生
No.330フォレストは連合の恐怖モンガーリング、「チキンリトル」と化石燃料を攻撃します
No.3312035年までに正味ゼロ電力網が「英国のエネルギー安全保障を強化する」と発表
No.332北海移行協定|オグク
No.333土壌炭素クレジットの市場は農業を変える可能性がある
No.334グランホルム、オッソフがランザテックイノベーションハブ、工場跡地を訪問
No.335クリティカルデローネクストテクノロジーは、ゼロエミッション目標を達成するために少なくとも「10倍」の投資を必要とします
No.336州公益事業規制当局の教育と訓練を支援するために新しい連邦補助金で1,420万ドルを受け取ります
No.337米国エネルギー長官は、ノースダコタ州の炭素貯蔵能力は「地球への贈り物」であると述べている
No.338ルイジアナ州初の炭素捕獲プロジェクトに昇天教区の45億ドルの施設
No.339世界最大の「直接エアキャプチャー」施設の建設と炭素捕獲の急成長産業に関するオクシデンタルとウォーリーのCEO
No.340マースク掘削は、グリーンズと炭素貯蔵プロジェクトのすべての掘削作業に対する権利を確保します
No.341エアプロダクツ、アセンション教区に45億ドルのクリーンエネルギー施設を建設
No.342スコーミッシュ社、メリットに炭素捕獲プラントを建設
No.34306:00 ETGHG排出量:炭素を捕獲し、目標を達成するために使用モントリオール、2021年10月14日/CNW Telbec/ – GHG排出削減。
No.344メリットに炭素捕獲バイオ燃料プラントを計画
No.345B.C政府はメリットの炭素捕獲燃料プラントに200万ドルを投入
No.346炭素捕獲に革命をもたらす可能性のあるニュージーランド企業は$1mの資金を得る
No.347ルイジアナ州、世界最大の炭素捕獲エネルギープロジェクトを開催
No.348B.C政府はメリットの炭素捕獲燃料プラントに200万ドルを投入
No.349TechnipFMC、複合パイプメーカーマグマグローバルの残りの株式を取得
No.350Air Products アセンション教区に45億ドルのクリーンエネルギー施設を建設
No.351オリカ、2050年までに正味ゼロエミッションの野望を発表
No.352ケンパー石炭ガス化・貯蔵プラントが崩壊(オバマの気候「目玉」がほこりを噛む)
No.353B.C政府、空気中の二酸化炭素を除去するメリットの新工場を発表
No.354クニップ・エナジーズ、NTPCがインド最大のPEMベース水素プロジェクトを受賞
No.355タイタンセメント、1.5°Cの誓約に向けてビジネスの野望に署名
No.356Enfuce パートナーとの補償を使用して、消費者が CO2 排出量を削減し、補償するのを支援します。
No.357エディンバラ、「ミリオンツリーシティ」プログラムを開始

 

 

エクセルのダウンロードはこちらから

一覧に戻る