カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.06.10)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Chevron launches new carbon capture and storage in the San Joaquin Valley

シェブロン、サンホアキンバレーで新しい炭素回収・貯留を開始

https://www.turnto23.com/news/local-news/chevron-launches-new-carbon-capture-and-storage-in-the-san-joaquin-valley

 

(2)Svante Ranked in the Future 50 Fastest-Growing Sustainable Companies in Canada

CO2回収技術を有するSvante社が、Corporate Knights Future 50 Fast-Growing Sustainable Companies in Canadaランキングで非公開企業の中で2位にランク

https://www.mobilitytechzone.com/news/2022/06/05/9615045.htm

 

(3)Thai giant pursues development of country’s first carbon capture and storage project

タイの国営石油・ガス会社PTT探査・生産(PTTEP)は、同国初の炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトを開始

https://www.offshore-energy.biz/thai-giant-pursues-development-of-countrys-first-carbon-capture-and-storage-project/

 

(4)Poet, world’s largest ethanol producer, joins Navigator CO2’s $3 billion carbon capture pipeline project

世界最大のエタノール生産者であるPoetは、Navigator CO2 Venturesの30億ドルの炭素回収パイプラインに参加、年間500万トンのCO2を輸送

https://www.desmoinesregister.com/story/money/agriculture/2022/06/07/poet-iowa-ethanol-plant-navigator-co-2-carbon-pipeline-project/7543718001/

 

(5)Shell, Japanese Utilities Tapping Low-Carbon Natural Gas Alternatives

東京ガスと大阪ガスは、シェルのシンガポール子会社と、天然ガスと炭素の回収、利用、隔離(CCUS)プロジェクトを検討する拘束力のない枠組みに署名

https://www.naturalgasintel.com/shell-japanese-utilities-tapping-low-carbon-natural-gas-alternatives/

 

(6)JR Shipping: Six more ships to use Value Maritime’s filter and carbon capture system

JRシッピングの所有するコンテナ船にCCSを設置

https://www.offshore-energy.biz/jr-shipping-six-more-ships-to-use-value-maritimes-filter-and-carbon-capture-system/

 

(7)Norwegian Government To Discuss CCS Tax Exemption Proposals

鉱物化製品などに長期間固定化されるCO2に対しての免税の検討

https://www.rigzone.com/news/norwegian_government_to_discuss_ccs_tax_exemption_proposals-09-jun-2022-169272-article/

 

(8)Chevron, KazMunayGas To Cooperate On CCUS Projects In Kazakhstan

シェブロンは、カザフスタンにおける潜在的な低炭素ビジネスチャンスを探求するために、KazMunayGas(KMG)と覚書(MoU)に署名

https://www.rigzone.com/news/chevron_kazmunaygas_to_cooperate_on_ccus_projects_in_kazakhstan-09-jun-2022-169266-article/

 

No.765危機に対処するためのカリフォルニア州の計画には欠陥がある、と顧問は言う
No.766「低炭素」水素はアフリカのエネルギー需要にとって有用な選択肢ですか?
No.767水素が重大な温暖化リスクであるという誤解の内側
No.768SSEは、水力発電を含むクリーンエネルギーにこの10年間に300億ドルを投資
No.769ルイジアナ州の二酸化炭素の地質学的隔離法の新しい改正により、コールドウェル教区の炭素回収貯蔵貯留池の掘削を禁止する収用権が創設される
No.770シェブロン、サンホアキンバレーで新しい炭素回収・貯留を開始
No.771Q&A: PachamaのJosh Parrishが森林炭素市場における品質、効率性、透明性について
No.7722100年の炭素回収に関するあなたの立場は何ですか?
No.773ケットンセメントでの新しいCCSプロジェクトの試験は、ネットゼロへの競争で動作します
No.774シェル・カナダ、モントニー・シェールCCSプロジェクトの支援者
No.775クジラカーボンプラスプロジェクト™倫理的AIと多様な海洋利害関係者が前例のない新しい方法でクジラをブルーカーボン市場にもたらす
No.776COのための非常に効果的な細胞工場としての油性微細藻類コッコミキサ・スベリプソイデア2無機炭素・窒素の最適供給による固定と高タンパク質バイオマス生産
No.77735億ドルのプロジェクトが空気中の炭素をスクラブすることを目指す
No.778スバンテがカナダで最も急成長している持続可能な企業50社に選出
No.779画期的な報告書がカナダの再生可能移行の急速な道筋を詳述
No.780PTTEP、タイ初のCCSプロジェクトを開始し、温室効果ガス排出量のネットゼロに向けて推進
No.781空気からCO2を回収して変換する新しいプロセス
No.782よりクリーンな燃料移行のための石炭の風雨を使用するタイの鉱夫バンプー
No.783エマーソンがカーボン・マネジメント・カナダのカーボン・キャプチャー・アンド・ストレージ・プログラムに参加
No.784パキスタンは中国のカーボンニュートラル政策の足跡をたどる
No.785C-キャプチャー、ケットン工場で試験実施
No.786その場での隔離
No.787エタノール産業の商業捕獲
No.788タイの巨人は、国初の炭素回収と貯蔵プロジェクトの開発を追求
No.789取り込んだ炭素や地熱エネルギーは発電できますか?ノースダコタ州はその答えを提供することができます。
No.790セノバスのCEOは、エネルギーの未来は「移行」ではなく「多様化」であると述べています
No.791世界最大のエタノール生産者であるPoetが、Navigator CO2の30億ドルの炭素回収パイプラインプロジェクトに参加
No.792タイのPTTEP、2026年までにタイ初の炭素回収プロジェクトをデビュー
No.793ナビゲーターCO2、年間500万トンのCO2を回収、輸送、保管する意図の詩人サインレター
#VALUE!
No.795シェル、低炭素天然ガスの代替品を活用する日本の電力会社
No.796エマーソンがカーボン・マネジメント・カナダのカーボン・キャプチャー・アンド・ストレージ・プログラムに参加
No.797ABS、HHI、RMI が世界最大のLCO2キャリアを開発
No.798ハイデルベルクセメント、スライトセメントプラントCCS計画に関する最新情報
No.799気候災害を回避するには、タイミングがすべてです:CO2からストレージへの柔軟な輸送ソリューションは、展開をスピードアップするための鍵
No.800ソリューションまたはバンドエイド?炭素回収プロジェクトが前進
No.801グレイロックがVaultと提携し、炭素回収・隔離プラットフォームを成長
No.802アルバータ州先住民は協議を望んでおり、オイルサンド炭素貯蔵計画の恩恵を受ける
No.803シェブロン、KMGが低炭素化の機会に関するコラボレーションを発表
No.804オーストラリア、ネットゼロ達成に向けて入札への投資を強化:レポート
No.805アルバータ州先住民は協議を望んでおり、オイルサンド炭素貯蔵計画の恩恵を受ける
No.806JRシッピング:バリューマリタイムのフィルターと炭素回収システムを使用する6隻を追加
No.807ナビゲーターCO2、年間500万トンのCO2を回収、輸送、貯蔵する意図のPOETサインレター
No.8083社がノルウェー沖のCO2貯留許可を申請
No.809セノバスのCEOは、エネルギーの未来は「移行」ではなく「多様化」であると述べています。
No.810ハネウェル、EnLinkがルイジアナ州の産業部門に炭素回収ソリューションを販売
No.811SoCalGasがバイオガスから再生可能な水素を開発するための助成金を授与
No.812POETはパイプラインのパートナーシップがエタノール気候の目標を加速させることを望んでいる
#VALUE!
No.814スタンフォード大学の研究者が海面上昇に対する自然防御のアドオンの利点を明らかに
No.815ノルウェー政府、CCS免税提案について協議
No.816シェブロン、カズムナイガス、カザフスタンのCCUSプロジェクトで協力
No.817オランダ、洋上風力発電とCCSプロジェクトのコロケーションを検討
No.818アルバータ州先住民は協議を望んでおり、オイルサンド炭素貯蔵計画の恩恵を受ける
No.819GCCAの「CEOギャザリング」で焦点を当てているネットゼロの経路
No.820地球温暖化防止のための建設製品研究を発表
No.821カーボンクリーンが英国政府の資金で701,000ユーロを確保
No.822セメント生産における炭素回収のためのポリシウス純酸素燃料技術
No.823グロの調査は、CSSと洋上風力発電所の開発を組み合わせることを推奨しています
No.824世界初の低炭素環境にやさしいアルミニウム電池の革新!APh ePowerが台湾の工場が国際的な炭素権を取得するのを支援
No.825ネブラスカ州のADMトウモロコシ加工コンプレックスからCO2を隔離するトールグラス
No.826SANEDIがクリーンコールロードマップに向けた初の技術評価を発表

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.06.03)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)LanzaTech, with Support of Danone, Discovers Breakthrough Method to Produce PET from Captured Carbon

人工細菌を用いた、CO2を利活用したモノエチレングリコールの合成に成功

https://sustainablebrands.com/read/chemistry-materials-packaging/lanzatech-with-support-of-danone-discovers-breakthrough-method-to-produce-pet-from-captured-carbon

 

(2)Fastest carbon dioxide catcher heralds new age for direct air capture

首都大学東京山添 誠司教授ら。大気中から直接二酸化炭素を除去する新しい炭素回収システムを開発しました。「液固相分離」システムにおけるイソホロンジアミン(IPDA)は、大気中に含まれる低濃度の二酸化炭素を99%の効率で除去。(https://www.tmu.ac.jp/news/topics/31765.html

https://www.innovations-report.com/ecology-the-environment-and-conservation/fastest-carbon-dioxide-catcher-heralds-new-age-for-direct-air-capture/

 

(3)Largest CCUS project to date for HeidelbergCement

スウェーデン/スライトセメント工場におけるCCS、最大180万トン/年のCO2を回収計画

https://www.agg-net.com/news/largest-ccus-project-to-date-for-heidelbergcement

 

(4)エネオス、CO2地下貯留の実用化急ぐ…斉藤猛社長「脱炭素に一番有効」

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220601-OYT1T50329/

 

(5)New CCS trial at Ketton cement works

ハンソンのケットンセメント工場にてC-キャプチャー(スタートアップ)のCCSを検証

https://www.agg-net.com/news/new-ccs-trial-at-ketton-cement-works

 

(6)Carbon Capture Takes Sponge-Like Form with New Cost-Effective Method

コーネル大学フィリップ・ミルナー助教授ら、CO2を吸収可能な砂糖と低コストのアルカリ金属塩から作られている多孔質スポンジのような材料を開発

http://newyorkagconnection.com/story-state.php?yr=2022&Id=629

 

(7)C-Capture awarded £1.7m in BEIS funding to demonstrate low-cost carbon capture solutions in hard-to-decarbonise industries

CCSのスタートアップC-captureは、英国ゼロイノベーションポートフォリオ(NZIP)から170万ポンドの資金を確保

https://www.worldcement.com/europe-cis/02062022/c-capture-awarded-17m-in-beis-funding-to-demonstrate-feasibility-of-next-generation-low-cost-carbon-capture-solutions-in-hard-to-decarbonise-industries/

 

No.728韓国は炭素回収でオーストラリアのLNGを必要としている、とサントスCEOは言う
No.729コールズはグレートバリアリーフの保全に1000万ドルを約束、アッペンとテルスとの取引は失敗し、ボーラルは人員削減を確認
No.730タロス・エナジー、石油メジャーからオフショア油田を購入
No.731LanzaTechがダノンの支援を得て、回収された炭素からPETを製造する画期的な方法を発見
No.732最速の二酸化炭素キャッチャーが直接空気捕獲の新時代を告げる
No.733世界最速の炭素回収システムは、周囲空気中で99%の効率を主張
No.734コロンビアのエコガソリンは、2030年に石油・ガスの生産量を100万BOEPDに引き上げる計画
No.735アブダビのADNOCとマスダールがbpの英国水素プロジェクトに参加
No.736ハイデルベルクセメントにとってこれまでで最大のCCUSプロジェクト
No.737STATSグループは、ネットゼロの目標で業界を支援する準備を整えました
No.738ブレースウェル、資金爆発に先立ってCCS支持グループを発足
No.739シアウォータージオサービスが英国のCCUSプロジェクトで仕事を獲得
No.740別の地震会社が英国の炭素回収、利用、貯蔵プロジェクトに参加
No.741CCS: カーボンニュートラルへの本質的な解決策を実行するための鍵
No.742研究が気候危機に対処するための陸上炭素除去の機会を特定
No.743ニュース / ONEはメタノール/アンモニア対応の注文でグリーン燃料への賭けをヘッジ
No.744Faith Coalitionのメンバーは、提案された液体二酸化炭素パイプラインについての意識を高めます
No.745台湾初の水素ステーションを台南に建設
No.746キレイナ・スイソが新市場参入で洋上風力戦略を改善
No.747気候変動は遠くに見えましたが、COVID-19は人々がひどく振る舞うのにどれほど少ないかを示しました
No.748ASX再生可能エネルギー株:南オーストラリア州は新しい水素法を制定したい
No.749デンベリー、ルイジアナ州のアンモニアプロジェクトのためのCCUSプロジェクトを検討ニュートリエン
No.750エネオス、CO2地下貯留の実用化急ぐ…斉藤猛社長「脱炭素に一番有効」
No.751CO2回収、脱炭素の柱に エネオス社長、国は支援を
No.752炭素回収は困難で非常に高価になる、と英国の科学者は言う
No.753カーボン回収によるペットボトル
No.754ケットンセメント工場での新しいCCS試験
No.755ハイデルベルクセメントがスライトCCSプロジェクトを強化
No.756炭素回収は、新しい費用対効果の高い方法でスポンジのような形をとる
No.757カナダの石油は、利益が急増しているにもかかわらず、より多くの補助金を要求
No.758キャッチングエア:高速二酸化炭素キャッチャーが気候変動との闘いで新時代を告げる
No.759微細藻類の生産とCO2回収を促進するためのデータ駆動型方法
No.760統合アプローチは、以前の見積もりよりもはるかに二酸化炭素を削減することができます
No.761TallGrassの子会社は、放棄されたガスパイプラインを再利用したい
No.762エア・リキードは、ラスベガスの新施設で水素燃料電池車の需要拡大を目標としている。
No.763C-Captureは、脱炭素化が困難な産業における低コストの炭素回収ソリューションを実証するために、BEISの資金で£1.7mを授与しました
No.764オーストラリア、ネットゼロ達成に向けて入札への投資を強化:レポート

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.05.27)

CRF会員の皆様

(Bccで配信しております。)

 

いつもお世話になっております。

カーボンリサイクルファンド(CRF)事務局の鹿島・井上でございます。

 

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Pertamina, Air Liquide agree to collaborate in developing CCU technology

ペルタミナとエア・リキード・インドネシアは、バリクパパン製油所処理ユニットにおける炭素回収・利用(CCU)技術の開発で協力することで合意

https://www.petrolplaza.com/news/30007

 

(2)Nevada Hydrogen Factory to Convert Gas From Garbage Into Fuel

廃棄物からの発酵技術等を用いた水素へ転換

https://energycentral.com/c/cp/nevada-hydrogen-factory-convert-gas-garbage-fuel

 

(3)Human-made iron inputs to the Southern Ocean ten times higher than previously estimated

燃焼等で発生した鉄が南極等の海洋プランクトンの成長に寄与(名古屋大学大学院環境学研究科の松井仁准教授と劉明秀准教授がコーネル大学、コロラド大学の共同研究)

https://www.eurekalert.org/news-releases/953583

 

(4)Standard Lithium Completes Investment Into Aqualung – An Innovative Carbon Capture Technology Company

スタンダード・リチウムが革新的な炭素回収技術企業アクアルン(ノルウェー工科大学のメンブレン技術を適用)へ1000万ドル投資

https://csengineermag.com/standard-lithium-completes-investment-into-aqualung-an-innovative-carbon-capture-technology-company/

 

(5)Carbon Capture Takes Sponge-Like Form with New Cost-Effective Method

コーネル大学の研究者らの、MOFをベースとした低コストCO2回収技術。

https://www.newswise.com/articles/carbon-capture-takes-sponge-like-form-with-new-cost-effective-method

 

(6)Battery-like device captures CO2 while it charges

充電しながら二酸化炭素のみを選んで回収できる低コストな装置を、ケンブリッジ大の研究者らが開発

https://www.electronicspecifier.com/products/power/battery-like-device-captures-co2-while-it-charges

 

(7)Mitsubishi Corporation signs Participation Agreement with Sempra Infrastructure, TotalEnergies, Mitsui for Carbon Sequestration Project in Louisiana

三菱商事は、ルイジアナ州南西部の現場で提案されているハックベリー炭素隔離(HCS)プロジェクトの開発について、センプラ・インフラストラクチャー、トータル・エナジーズ、三井物産株式会社と参加契約を締結

https://scoopasia.com/mitsubishi-corporation-signs-participation-agreement-with-sempra-infrastructure-totalenergies-mitsui-for-carbon-sequestration-project-in-louisiana/

 

(8)Biologically produced Ethylene for plastics can become a carbon capture leader

国立再生可能エネルギー研究所(NREL)/シアノバクテリアによるCO2のエチレン生産について

https://energypost.eu/biologically-produced-ethylene-for-plastics-can-become-a-carbon-capture-leader/

 

(9)LanzaTech, with the support of Danone, Discovers Method to Produce Sustainable PET Bottles from Captured Carbon

ランザテック/ダノンの支援を受け、エタノール生成菌の改良により、PETボドル等の原料となるモノエチレングリコール(MEG)へ直接転換可能とする方法をラボレベルで開発

https://www.globenewswire.com/news-release/2022/05/26/2451180/0/en/LanzaTech-with-the-support-of-Danone-Discovers-Method-to-Produce-Sustainable-PET-Bottles-from-Captured-Carbon.html

 

(10)Steel Giant Comes Out Swinging Against Fossil Fuel

ArcelorMittalの取組み:ランザテックとの協業、XCarb Innovation Fundによる1億ドルのスタートアップ等への支援他

https://cleantechnica.com/2022/05/26/steel-giant-comes-out-swinging-against-fossil-fuel/

 

No.651シェブロンがカリフォルニア州で炭素回収プロジェクトを開始
No.652計画中の炭素回収プラントはスコットランド経済に6億6000万ポンドを貢献できると開発者は言う
No.653米国、CO2回収・貯留のための35億ドルの計画を開始
No.654ダウンストリームランダウン: 5/20
No.655連邦政府は、気候変動を最小限に抑え、「環境正義」を優先することを期待して、炭素回収プロジェクトに35億ドルを注ぎ込む
No.656水素:短期的な課題と長期的な機会
No.657再生可能な炭素と二酸化炭素排出量削減の追求
No.658ペルタミナ、エア・リキードがCCU技術の開発で協力することに合意
No.659ニュートリエン、世界最大のクリーンアンモニア生産施設を建設する意向を発表
No.660省DOEが発電業界主導のR&Dプロジェクト向けに先進的なクリーン水素技術を研究するために約2,500万ドルを拠出し、CO2回収・貯留によるより効率的な水素タービンと生産のための技術を開発すると発表
No.661クリーン水素とグリーン水素:違いは何ですか?
No.662Nutrienはルイジアナ州に世界最大のクリーンアンモニア生産施設を建設したいと考えている
No.663ネバダ州水素工場がゴミのガスを燃料に転換
No.664DOEは、発電のための水素技術を進歩させる6つのプロジェクトに2490万ドルを授与
No.665米国、大気から直接CO2を回収・貯蔵する計画を発表
No.666シェブロンがカリフォルニア州で炭素回収プロジェクトを開始
No.667穴の中の道のり、パート9 – 直接空気捕獲の約束と落とし穴を正直に見る
No.668何千ものブイ、海藻、巨大な制酸剤で地球を救うのを手伝いたい人に会いましょう
No.669炭素除去スキームに参加
No.670ブレックノック小学校の「カーボンキャプチャーキッズ」がSTEMチャレンジで優勝
No.671南極海への人工鉄の投入量は、以前に推定された量の10倍
No.672E15のための時間、SAFのための車輪をアップ
No.673ジェイソン・ケニーの辞任は、アルバータ州のオイルパッチにさらなる不確実性をもたらす
No.674佐賀市・佐賀大学・不二製油グループ本社と共同し、CO2を活用した大豆育成研究プロジェクト開始のお知らせ
No.675DOEが大気中のCO2除去プロジェクトに35億ドルを提案
No.676ミネソタ州当局は、炭素回収パイプラインに対する権限を主張
No.677クリーンエネルギー:ストラスコーナ郡の1階の機会
No.678スタンダード・リチウムが革新的な炭素回収技術企業アクアルンへの投資を完了
No.679バイデン政権、4つの炭素回収施設の計画を策定
No.680元エネルギーチーフのリック・ペリーがPOWERGEN International 2022で化石燃料、原子力を宣伝
No.681コスモスマガジン:水素技術との取引は何ですか?
No.682水素の流れ:ルノーは、最大800キロの航続距離を持つ電気水素ハイブリッド車を発表
No.683南極海への人工鉄の投入量は、以前に推定された量の10倍
No.684「嘘つき:」フォレストとターンブルは化石燃料の水素を狙い、新しいグリーン水素の目標を設定する
No.685トールグラスがネブラスカ州のADM施設でCCSプロジェクトを発表
No.686炭素貯蔵:化石燃料の気候治癒または緩和ケア?
No.687ダボスの更新|炭素回収に必要なインセンティブの拡大
No.688炭素回収は、新しい費用対効果の高い方法でスポンジのような形をとります
No.689元エネルギーチーフのリック・ペリーがPOWERGEN International 2022で化石燃料、原子力を宣伝
No.690DOE の発電のための先進クリーン水素技術に関する資金提供研究
No.691セメックス、未来の炭素回収技術への投資を拡大
No.692エネルギー省が35億ドルの炭素回収・貯留プログラムを開始
No.693バッテリーのようなデバイスは、充電中にCO2を捕捉します
No.694ESGのトレンドはアフリカの化学セクターに可能性をもたらす
No.695ダボスの更新|専門家が「青い食べ物」の推進を推進
No.696BPとエクイノールが炭素貯蔵ライセンスを授与
No.697それが私の所属するところです – 場所は最新のブルー水素/アンモニアプロジェクトの鍵です
No.698ジェイソン・ケニーの辞任は、アルバータ州のオイルパッチにさらなる不確実性をもたらす
No.699ミネソタ州PUCがCO2パイプラインを規制する権限を確認
No.700バイデンの直接空中捕獲に対する35億ドルのギャンブルは最前線のコミュニティにとって危険です – 私たちはコミュニティに説明責任のある再生可能エネルギーへの真の投資が必要です
No.701ノースダコタ州、プロジェクト・ツンドラを含む炭素回収ベンチャーに1億1,500万ドルを融資
No.702南極海への人工鉄の投入量は、以前の推定の10倍
No.703三菱商事、三井物産のセンプラ・インフラストラクチャー、トータルエナジーズとルイジアナ州における炭素隔離プロジェクトへの参画契約を締結
No.704パイロットエネルギーが中西部クリーンエネルギープロジェクトを開始
No.705生物学的に製造されたプラスチック用エチレンは、炭素回収のリーダーになることができます
No.706イーロンマスク, Alphabet, & Joe Biden (米国) 炭素除去に数十億ドルを投資
No.707カクテルトーク:マドレーヌ・キングがガス省を争う中、労働党は通りの両側をエネルギーで支える
No.708炭素バリューチェーンの捉え [移行期のガス]
No.709スーパーバイザーがサミットの炭素パイプラインに関する最新情報を入手
No.710エンジーの米国のLNGの逆転:排出削減は取引を成立させるのに役立ちましたが、それらは合法ですか?
No.711タロス・エナジー、石油メジャーからオフショア油田を購入
No.712自然の土地によるコミュニティのソーラー&カーボンキャプチャを推進する法案が前進
No.713アルファベット、マイクロソフト、セールスフォースが5億ドルのファーストムーバーズ炭素回収グループを開始
No.714葡萄の下の覆い作物は土壌の有機炭素を助ける
No.715テキサス州は、炭素隔離井戸の許可を合理化し、規制当局を引き受けるために待望の措置を講じます
No.716センプラ、ルイジアナ州キャメロンLNG施設で炭素回収プロジェクトを開発
No.717韓国は炭素回収でオーストラリアのLNGを必要としている、とサントスCEOは言う
No.718デンベリー、ルイジアナ州ガイスマーで計画中のクリーンアンモニアプロジェクトに参加
No.719エネルギー省が大気中の炭素回収に数十億ドルを投資
No.720CVRエナジーの子会社がハネウェルをコフィービルの拠点での低炭素水素研究に選定
No.721ランザテック、ダノンの支援を得て、回収された炭素から持続可能なペットボトルを製造する方法を発見
No.722ブル・エナジー、ラファエル・ガス発見の井戸試験プログラムの準備を整え、エネルギー移行資産を前進させる
No.723PDO、シェル、オマーンにおけるCCUSの機会を探る
No.724放棄された農地の再生は気候変動を緩和することができる、と研究は発見した
No.725鋼鉄の巨人は化石燃料に対して揺れ動く出てくる
No.726みずほFG、Global CCS Instituteへ加盟
No.727Hyundai Steelがカーボンニュートラルを達成するための覚書を締結

 

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.05.20)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Technip Energies and Saulsbury Industries Awarded EPC Contract for Carbon Capture & Storage at ExxonMobil LaBarge, Wyoming, US Facility

米国エクソンモービルの工場のCCSの拡張プロジェクトにより年間100万トン以上のCO2を追加で回収可能

https://electricenergyonline.com/article/energy/category/oil-gas/89/960903/technip-energies-and-saulsbury-industries-awarded-epc-contract-for-carbon-capture-storage-at-exxonmobil-labarge-wyoming-us-facility.html

 

(2)UK regulator hands over North Sea carbon storage licences to BP and Equinor

英国の規制当局が北海炭素貯蔵ライセンスをBPとエクイノールに引き渡す

https://www.offshore-energy.biz/uk-regulator-hands-over-north-sea-carbon-storage-licences-to-bp-and-equinor/

 

(3)Chevron and Pertamina team up for lower carbon business in Indonesia

インドネシアでのCCUSについてシェブロンとプルタミナがパートナーシップを提携

https://www.offshore-energy.biz/chevron-and-pertamina-team-up-for-lower-carbon-business-in-indonesia/

 

(4)Two UK Garbage Incinerators Will Ship CO2 to Norway for Subsea Storage

ゴミ焼却炉から回収したCO2を炭素運搬船を用いてノルウェーのCCS施設へ輸送することに合意

https://www.maritime-executive.com/article/two-uk-garbage-incinerators-will-ship-co2-to-norway-for-subsea-storage

 

(5)Battalion Oil Corporation Announces Landmark Agreement to Develop Acid Gas Treatment Facility

米国 酸性ガス処理及び炭素隔離施設の開発についての合意。酸性ガス注入が許可された既存の井戸を活用。

https://www.globenewswire.com/news-release/2022/05/16/2444403/18320/en/Battalion-Oil-Corporation-Announces-Landmark-Agreement-to-Develop-Acid-Gas-Treatment-Facility.html

 

(6)Australia’s Hydrogen Guarantee of Origin Scheme Enters Trial Phase

豪州 水素製品のカーボンフットプリントなどの証明書の試験運用を2022年12月に開始。

https://www.jdsupra.com/legalnews/australia-s-hydrogen-guarantee-of-4436437/

 

(7)Deal Struck to Install Carbon Capture Solution on Tanker Pair

シンガポールのイースタン・パシフィック・シッピングが船舶へのCCSを設置する契約を締結

https://www.marinelink.com/news/deal-struck-install-carbon-capture-496612

 

(8)不二製油グループ本社、佐賀県佐賀市・佐賀大・伊藤忠エネクスと共同でCO2を活用した大豆育成研究プロジェクトを開始

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP632520_Y2A510C2000000/?au=0

 

(9)UK carbon capture start-up raises $5m with backing from Gates’ fund

ッション・ゼロ・テクノロジーズは、Bill GatesのBreakthrough Energy Venturesが率いるシード資金調達ラウンドから500万ドルの資金を調達、電気のみで駆動するDAC技術を開発

https://www.siliconrepublic.com/start-ups/mission-zero-technologies-carbon-capture-bill-gates-bev-seed-funding

 

(10)Energy Department launches $3.5 billion carbon removal program

エネルギー省、35億ドルの炭素除去プログラムを開始

https://thehill.com/policy/energy-environment/3494787-energy-department-launches-3-5-billion-carbon-removal-program/

 

No.547CCUSイニシアチブを可能にするための海底技術の適応
No.548アルバータ州はグリーン移行をリードするために水素に資金を投入しています
No.549エクソンモービルとインドネシアのプルタミナが炭素回収・貯留における協力を推進
No.550カナダの土壌への投資が農業の炭素排出量の相殺にどのように役立つか
No.551サミット・カーボン・ソリューションズが10億ドルの株式調達を完了
No.552ソフトウェアが炭素排出量を削減する3つの方法
No.553スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.554アラブ首長国連邦がネットゼロ・プロデューサーズ・フォーラムの第6回メンバーとして参加
No.555RNT-EPがミンボスのゼロカーボングリーンアンモニア&水素プロジェクトへの支持を確認
No.556シェブロンとエクソンモービル、インドネシアにおける低炭素化の機会を探る
No.557アンモニア市場は、地域の低炭素戦略を推進し、港湾業務を強化する可能性があります
No.558プロジェクトユニオン(エグゼクティブサマリー)
No.559シェブロンとプルタミナが低炭素機会に関するパートナーシップを発表
No.560Technip Energies and Saulsbury Industriesが米国ワイオミング州エクソンモービル・ラバージの施設で炭素回収・貯蔵に関するEPC契約を受賞
No.561エネルギー転換:再生可能でカーボンニュートラルなソリューションへの移行
No.562CEMEXがカーボンクリーンへの投資を拡大
No.563アクアロンの炭素回収イニシアチブがゴラーLNG、グローバル船舶リースを誘致
No.564ハンソンUKがシェル社と建設業界のネットゼロに向けた取り組みに関する合意書に署名
No.565石灰セクターにおける脱炭素化
No.566英国の規制当局が北海炭素貯蔵ライセンスをBPとエクイノールに引き渡す
No.567シェブロンとプルタミナがインドネシアでの低炭素事業で提携
No.568オーストラリア、タスマニア州にBioLNGプラントを1基設
No.569オキシは不安定な年のために準備されましたが、いくつかの石油、ガス生産者はそれほど幸運ではない、とHollubは言います
No.570アッペアは、新しいCEOを歓迎
No.571石油・ガスメジャーがCCUSのノウハウを販売し、生産を拡大
No.572専門家がCCUSを実装するためのペルタミナの動きをサポート
No.573UVic研究は、カウチン河口などで炭素を捕捉する大きな可能性を示しています
No.574土壌有機炭素は干ばつや洪水を減らすことができますか?
No.575カーボン・キャプチャーのスタートアップ、カーボン・クリーンはコスト要求を実現できるのか?
No.576英国のごみ焼却炉2台が海底貯蔵のためにノルウェーにCO2を出荷
No.577バイオ水素製造からの廃液中の残留栄養素のクリーンスタイルの回収と利用:アルギン酸ナトリウムに基づくその場での固定化
No.578スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.579カーボンクリーンがシリーズCの資金調達で1億5,000万ドルを調達
No.580ネスレが支援するイニシアチブが地域の再生農業投資を支援
No.581ミッドストリームはエネルギー転換において重要な役割を果たしている
No.582サスカチュワン州政府、潜在的な水素ハブの開発を推進
No.583シェブロンとプルタミナがインドネシアの低炭素化の機会で提携
No.584東太平洋地域、タンカー2隻に炭素回収装置を設置
No.585CARBが2022年スコーピングプランアップデート草案を発表
No.586Aemetisがバイオガス、SAFプロジェクトの進捗状況を報告
No.587サミットカーボンソリューションズがラジオ広告を開始
No.588CO2の回収・貯留技術、関西の企業でも開発進む
No.589ペンシルベニア州知事トム・ウルフは、この地域に水素と炭素貯蔵のハブを設立するための積極的な推進を誓う
No.590バタリオン・オイル・コーポレーションが酸性ガス処理施設開発の画期的な合意を発表
No.591海藻生態系の炭素吸収源としての役割の再分析
No.592カーボン・キャプチャー・スタートアップ・カーボン・クリーンが1億5,000万ドルを調達
No.593このスタートアップはCO2排出量からウォッカを作り、トヨタとジェットブルーによって支えられています
No.594ASX再生可能エネルギー株:カリックスとボーラルが炭素削減プロジェクトの開発で3000万ドルを獲得
No.595私たちは古典的に狂ったティーパーティーに欠けるハートの女王にすぎません
No.596DOE、米国とイスラエルのクリーンエネルギー技術共同提案の募集を発表
No.597日本のジェラ、IHIがガス焚きユニットでCCUS研究を開始
No.598タイ:アラムコとPTTがエネルギー協力に関するパートナーシップを強化
No.599オーストラリアの水素原産地保証制度が試験段階に入る
No.600Boral は炭素回収に関してカリックスと提携
No.601シェブロンは、世界最大の炭素回収プロジェクトは目標を達成するための「進むべき道」を持っていると言います
No.602ノルウェーと英国の合弁会社は、ネットゼロのための新しい視点を提供します
No.603英国企業がオーロラのコラボレーションによりノルウェーの北海にCO2を貯蔵
No.604CEMEXが炭素回収技術への投資を拡大
No.605シェブロン、低炭素化の機会に関するペルタミナパートナー
No.606セメント産業における排出量を削減する自家製技術
No.607「クリーンな水素」がほとんどのオーストラリア人を困惑させる
No.608ネスレが支援するイニシアチブが地域の再生農業投資を支援
No.609bpとLindeは、テキサス湾岸全域で脱炭素化の取り組みを進めるための大規模なCCSプロジェクトを計画
No.610タンカーペアに炭素回収ソリューションをインストールする契約が締結されました
No.611グリーンインパクトパートナーがRNG、エタノールプロジェクトを前進
No.612ドラックス、新しい炭素回収技術の開拓を試用
No.613不二製油グループ本社、佐賀県佐賀市・佐賀大・伊藤忠エネクスと共同でCO2を活用した大豆育成研究プロジェクトを開始
No.614石油・ガスボスがゼロエミッションの選択肢をつぶす
No.615東太平洋地域がバリュー・マリタイムのタンカー・ペアの炭素回収ソリューションを選択
No.616オキシ燃焼の進め方
No.617ボーラルとカリックスが炭素回収プロジェクトで力を合わせる
No.618bp & Lindeは、テキサス湾岸全域で脱炭素化の取り組みを進めるための大規模なCCSプロジェクトを計画
No.619米国の農家は、気候変動への強靭性のための戦いを支援することができます。大規模な法案は、どのように強調します
No.620タンカーペアに炭素回収ソリューションをインストールする契約が締結されました
No.621シェブロン、ベーカーズフィールドで炭素回収・貯留プロジェクトを開始
No.622熱帯雨林の木は、気候変動のために1980年代からより早く枯れていたかもしれません – 研究
No.623トールグラス・エナジー、ADMプラン炭素輸送・隔離契約
No.624オーストラリアのLNG産業が炭素回収に危険な賭けをする:ラッセル
No.625「クリーンな水素」がほとんどのオーストラリア人を困惑させる
No.626英国の炭素回収スタートアップがゲイツのファンドからの支援を受けて500万ドルを調達
No.627英BPとアイルランドのリンデ、テキサス州メキシコ湾沿岸でのCCSプロジェクトを発表(米国、英国、アイルランド)
No.628シェブロン、サンホアキンバレーで炭素回収・貯留プロジェクトを開始
No.629bp & Lindeは、テキサス湾岸全域で脱炭素化の取り組みを進めるための主要なCCSプロジェクトを計画しています
No.630ボラルのベリマセメント工場が次のカリックス炭素回収研究を主催
No.631トールグラス・エナジー、ADMプランCO2輸送・隔離契約
No.632サラワク州は炭素貯蔵規制を立法する最初の州、副大臣は言う
No.633石油・ガスボスがゼロエミッションの選択肢をつぶす
No.634シェブロンがインドネシアにおける低炭素化の機会を探る契約に署名
No.635ラピス・エナジーのCEOがアーカンソー州の新しいCCSプロジェクトについて語る
No.636テクニップ、ソールズベリーがエクソンモービルのカーボンキャプチャープロジェクトで契約を獲得
No.637bp株式はテキサス湾岸を脱炭素化する計画
No.638ウィリストン盆地石油会議がレジーナに戻ってきました
No.639ペルタミナ、エア・リキードが炭素回収を研究
No.640サンホアキンバレーで炭素回収・貯留プロジェクトを開始
No.641低コストのバッテリー型デバイスは、充電中にCO2排出量を吸収します
No.642エクソンモービル、プルタミナ社と共同研究契約を締結
No.643オーストラリア研究所、ビクトリア朝の石炭から水素への排出の主張に異議を唱える
No.644ニュートリエンが世界最大のクリーンアンモニア生産施設を建設
No.645ブリヂストンがグアユールゴム研究、循環経済を語る [VIDEO]
No.646オーストラリアのガス生産者は、世界のエネルギー安全保障への懸念に投資しています
No.647エネルギー省、35億ドルの炭素除去プログラムを開始
No.648エネルギー省が気候変動技術に5,300万ドルの資金を提供
No.649カリックス、低排出石灰プロジェクトへの資金提供を受ける
No.650透明性、コストをめぐって業界から批判されたアルバータ州の炭素回収展開計画

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.05.13)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Growing African mangrove forests aim to combat climate woes

アフリカでのマングローブ再生による海洋生態系炭素貯蔵の取り組み

https://www.therecord.com/ts/news/world/africa/2022/05/06/growing-african-mangrove-forests-aim-to-combat-climate-woes.html

 

(2)Land-building marsh plants are champions of carbon capture

湿地の炭素貯蔵能力を回復させる方法についての研究開発

https://www.onenewspage.com/n/Science/1zobr6ezq3/Land-building-marsh-plants-are-champions-of-carbon.htm

 

(3)ATCO to deliver on hydrogen production and refuelling facilities for CP locomotive program

水素燃料を利用した機関車プログラムへの水素製造・給油施設建設の合意

https://www.sprucegroveexaminer.com/news/atco-to-deliver-on-hydrogen-production-and-refuelling-facilities-for-cp-locomotive-program

 

(4)Mitsui & Co. and CF Industries announce plans for new blue ammonia capacity in the United States

三井物産/アメリカでの低炭素アンモニアプロジェクト開発計画

https://www.worldfertilizer.com/environment/06052022/mitsui-co-and-cf-industries-announce-plans-for-new-blue-ammonia-capacity-in-the-united-states/

 

(5)EMRC and Woodside collaborate on innovative carbon re-use pilot project

豪州 温室効果ガスをエタノールに変換するパイロットプロジェクト

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/05/08/emrc-and-woodside-collaborate-on-innovative-carbon-re-use-pilot-project/

 

(6)Enbridge and Humble Midstream to Develop Low-carbon Hydrogen and Ammonia Production and Export Facilities at Enbridge Ingleside Energy Center

低炭素水素およびアンモニアの生産および輸出施設の共同開発とマーケティング

https://electricenergyonline.com/article/energy/category/biofuel/83/959739/enbridge-and-humble-midstream-to-develop-low-carbon-hydrogen-and-ammonia-production-and-export-facilities-at-enbridge-ingleside-energy-center.html

 

(7)Start-ups join drive for net-zero cement

Global Cement & Concrete Association(GCCA)は、「Open Challenge」の勝者6社を発表(オランダ/CarbonOrO、カナダ/Carbon Upcycling Technologies、英国/Coomtech、米国/Fortera、英国/MOF Technologies、イタリア/Saipem)

https://www.theconstructionindex.co.uk/news/view/start-ups-join-drive-for-net-zero-cement

 

(8)New UK Start-up to Develop Algae Carbon Capture, Cost Estimated at US$50 Per Ton

英国スタートアップ、ブリリアントプラネット(藻類を用いたCO2吸収)について

https://www.energytrend.com/news/20220510-28033.html

 

(9)国内初CO2貯留、ENEOSとJパワー計画 政府は支援検討

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA064L70W2A500C2000000/

 

(10)三菱重工エンジニアリング、カナダに脱炭素事業の営業拠点を設立 世界トップシェアのCO2回収技術をグローバルに展開し、CCUSビジネスを加速

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000378.000025611.html

 

(11)UK climate tech firm Carbon Clean gets £121m boost from US oil giant

英国/カーボンクリーン社、シェブロン等から1億2100万ポンドの投資を受ける、CCSのスタートアップへの投資としては最大規模

https://www.uktech.news/climate-tech/carbon-clean-capture-oil-20220511

 

(12)EPRI, Shell, the City of Houston, Greentown Labs, and NYU Urban Future Lab Announce Startup Participants for the Low-Carbon Hydrogen Accelerator

Low-Carbon Hydrogen Acceleratorが水素製造等に係るスタートアップ7社を選定

https://electricenergyonline.com/article/energy/category/biofuel/83/960358/epri-shell-the-city-of-houston-greentown-labs-and-nyu-urban-future-lab-announce-startup-participants-for-the-low-carbon-hydrogen-accelerator.html

 

 

No.456成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.457エンブリッジと謙虚なミッドストリームがエンブリッジ・イングルサイド・エネルギー・センターで低炭素水素・アンモニアの生産・輸出施設を開発
No.458土地建設湿地プラントは炭素回収のチャンピオンです
No.459DOEが炭素回収・貯留プロジェクトに23億ドルの資金を拠出
No.460土地建設沼地プラントは炭素回収のチャンピオン
No.461カーボンキャップ・アンド・トレード・プログラムの利点に興味がありますか?
No.462テキサス州は混乱しており、グリーンファイナンスは主要ファンドにとって非常に魅力的です
No.463頭痛を省き、キャンバーエネルギーストックを避ける
No.464水素とストラスコーナ郡
No.465アンモニアエネルギー船向けに開発されたワイヤレス自己給電アンモニア漏れモニターシステム
No.466ATCO、CP機関車プログラムの水素製造および給油設備を提供
No.467成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.468ATCO、CP機関車プログラムの水素製造および給油設備を提供
No.469ミシシッピ州経済成長のための戦略
No.470石油会社の記録的な利益は気候変動対策に投資されるべきである:ギルボー
No.471米国エネルギー省、炭素貯蔵プログラムに22億5000万ドルを拠出
No.472アンモニアエネルギー船向けに開発されたワイヤレス自己給電アンモニア漏れモニターシステム
No.473成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.474三井物産とCFインダストリーズ、米国における新しい青色アンモニア容量の計画を発表
No.475米国DOE、二酸化炭素汚染削減に23億ドルを投資
No.476成長するアフリカのマングローブ林は、気候の悩みと戦うことを目指しています
No.477水管理研究プロジェクトを推進する農業
No.478湿地の湿地プラントが炭素回収を促進
No.479燃料電池、エクソンモービル、炭素回収技術の実用化を目指す
No.480競争力:米国バイオエネルギーとテキサス州再生可能燃料
No.481「石炭火力発電所は、誰が就任しているかにかかわらず、閉鎖されるだろう」ボーウェン
No.482国エネルギー省、炭素貯蔵プログラムに22億5000万ドルを拠出
No.483二酸化炭素利用率2022-2042:技術、市場予測、プレーヤー
No.484アフリカ諸国は、気候の悩みと戦うためにマングローブ林プロジェクトに目を向ける
No.485「石炭火力発電所は、誰が就任しているかにかかわらず、閉鎖されます:」 Bowen – EQ Mag Pro
No.486水素とストラスコーナ郡
No.487炭素回収の課題はビル・ゲイツの会社の投資家を妨げていない
No.488SVANEHØJがオーロラCO2キャリア用ポンプを供給
No.489EMRCとウッドサイドが革新的な炭素再利用パイロットプロジェクトで協力
No.490エネルギー長官、FRBが炭素回収に25億ドルを費やしている理由を説明
No.491CCUSはガス火力発電所の新しい排出規制に関与できますか?
No.492Storegga CEOが英国のエネルギー供給に関する脱炭素化需要を発表
No.493DNVがIOGPと提携し、脱炭素化基準を策定
No.494DOEインフラ法基金の競争が始まる
No.495チーフは、炭素回収プロジェクトでアルバータ州とテーブルに着いていることを「本当に幸せに」
No.496石油はここにとどまるが、私たちはその排出量を減らすことができる
No.497バイデン・ハリス政権が米国の炭素汚染削減のための23億ドル以上の投資を発表
No.498エンブリッジとハンブル・ミッドストリームがエンブリッジ・イングルサイド・エネルギー・センターに低炭素水素・アンモニア生産・輸出施設を開発
No.499米国と欧州がエネルギー安全保障を強化し、気候目標を前進させるための7つの方法
No.500世界の炭素・メタン回収技術・市場レポート2022-2030:6つの技術、5つの地域、5つの収益源、60の国内炭素・メタン回収関連市場
No.501Cenovusは、石油価格の高騰で利益が7倍に急上昇した後、配当を3倍に
No.502カリフォルニア州、化石燃料の使用を大幅に削減する計画を発表
No.503カリフォルニア州、化石燃料の使用を大幅に削減する計画を発表
No.504SK E&Sが米国の炭素回収プロジェクトで1億1000万ドルをチップ化
No.505スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.506イノバンディ「オープンチャレンジ」が初のパートナーシップを発表
No.507Lhoistはエア・リキードと炭素回収プロジェクトで提携
No.508ブログ投稿:CCSのハンガリーの最初の引っ越し業者の参入障壁に取り組むために必要な公的行動
No.509藻類の炭素回収を開発するための新しい英国の新興企業、コストは1トンあたり50米ドルと推定
No.510アフリカのクリーン水素輸出の約束:可能性と落とし穴
No.511DNV、IOGPパートナー、上流の脱炭素化基準を開発
#VALUE!
No.513ジョナサン・グラマーがテキサス工科大学で炭素回収について講演
No.514国内初CO2貯留、ENEOSとJパワー計画 政府は支援検討
No.515NEXT Carbon Solutions, California Resources Corp. カーボンキャプチャー FEED Study に同意
No.516三菱重工エンジニアリング、カナダに脱炭素事業の営業拠点を設立 世界トップシェアのCO2回収技術をグローバルに展開し、CCUSビジネスを加速
No.517CCUSを使用して産業クラスターを脱炭素化するための重要な法律を含むエネルギー法案
No.518エネ庁、CCS巡り2作業部会設置/費用と法制度、6月から本格協議
No.519ドラックスはノッティンガム大学と提携し、より先駆的な新しい炭素回収技術を試験的に導入
No.520MHIEGが脱炭素事業に重点を置いた支店をカナダに設立
No.521CO2副産物の管理を目的としたアルバータ州のプロジェクト
No.522三菱重工がカナダに脱炭素事業の営業拠点を設立 – CO2回収ビジネスを推進
No.523英国の気候技術企業カーボンクリーンは、米国の石油大手から1億2100万ポンドのブーストを受ける
No.524英国のスタートアップが炭素回収のための最大のラウンドで1億5000万ドルを調達
No.525カルガリーエネルギー会社は、潜在的な炭素回収ハブのためにピンチャークリークに目を向けています
No.526EPRI、Shell、City of Houston、Greentown Labs、NYU Urban Future Labが低炭素水素加速器のスタートアップ参加者を発表
No.527サル・ブルゾフスキは、すべての仕事は気候の仕事だと考えている
No.528ホルチム・ドイッチュラントのヘーバーセメント工場の炭素回収ユニットの初期試験段階が良好に機能
No.529オーストラリア、グローバルLNG、ノーザンテリトリーの水素ハブの追加を検討
No.530これが私たちが大手石油をやめる方法です
No.531GRIDSERVEは、モトサーロックで最新の電動スーパーハブのオープニングで展開のスピードを宣伝
No.532カリフォルニア州、化石燃料の使用を大幅に削減する計画を発表
No.533Jパワー・ENEOS、国内初のCCS本格実装/30年度開始へ調査
No.534サミット・カーボン・ソリューションズによる5州炭素回収プロジェクトのエクイティ・キャンペーンが10億ドルのコミットメントに到達
No.535UVic研究は、カウチン河口などで炭素を捕捉する大きな可能性を示しています
No.536コロラド州が毎年350,000トンの二酸化炭素を捕獲して埋めたいのはここです
No.537スタートアップがネットゼロセメントのドライブに参加
No.538レンジランドがEnCapのコミットメントで中流資産を絞り込む
No.539BPとエクイノールが英国北海でCO2貯蔵ライセンスを取得
No.540GIDARAエナジー、アドバンスト・メタノール・アムステルダムのCCUに対するオランダの多額の補助金を確保
No.541ナビゲーターCO2ベンチャーズはハートランドグリーンウェイのビッグリバーリソースとチームを組む
No.542カーボンクリーンが最新の資金調達ラウンドで1億5,000万米ドルを調達
No.543カーボンクリーンが1億5,000万米ドルを調達
No.544BPとエクイナーが炭素回収ライセンスを授与
No.545UVic研究は、カウチン河口などで炭素を捕捉する大きな可能性を示しています
No.546スタンダード・リチウムが革新的な炭素回収技術企業アクアルンへの投資を完了

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.04.22)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Summit Carbon Solutions Partners With Bushmills Ethanol

エタノールプラントを脱炭素化させるためCCSプロジェクトに参加

https://www.chemicalonline.com/doc/summit-carbon-solutions-partners-with-bushmills-ethanol-0001

(2)Beiersdorf Captures CO2 for its Nivea Men ‘Climate Care Moisturizer’

回収したCO2から転換した化学品を利用した保湿剤の開発

https://www.cosmeticsandtoiletries.com/news/companies/news/22184374/beiersdorf-captures-co2-for-its-nivea-men-climate-care-moisturizer

(3)三菱造船、「アンモニア・液化CO2兼用輸送船」のコンセプトスタディーを完了

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP630710_Y2A410C2000000/?au=0

(4)TUV Rheinland paves the way for Green Hydrogen and Green Ammonia Certification

オマーンの水素アンモニアプラントがグリーン水素とグリーンアンモニアの認証を取得

https://news.webindia123.com/news/articles/Business/20220420/3933212.html

(5)Which hydrogen production method is lowest cost?

水素の平準化コストに関する報告書(最低の平準化コストは$1.06/kg H2)

https://www.power-eng.com/hydrogen/which-hydrogen-production-method-is-lowest-cost/

(6) Engineers to develop efficient alternative to current carbon capture technology

ノッティンガム大学らが、シリカ – ポリエチレンイミン(PEI)を用いるCO2固体吸着剤の開発

https://www.eastmidlandsbusinesslink.co.uk/mag/manufacturing/engineers-to-develop-efficient-alternative-to-current-carbon-capture-technology/

(7)Using Hundred-Year-Old Chemistry to Capture Carbon Directly From Air

ローレンス・バークレー国立研究所/CO2化学吸収に水溶液ではなくアセトニトリル等の非プロトン溶媒を用いることで、大幅なコスト低減を達成見通し

https://www.newswise.com/doescience/using-hundred-year-old-chemistry-to-capture-carbon-directly-from-air/?article_id=769171

(8)Dublin company unveils ‘mechanical tree’ for capturing CO2

カーボン・コレクト社は、大気中からCO2を回収するように設計された初の商業規模の「機械の木」を発表(高さ10m程度、ファンを必要としない自然風でDACを行う装置)

https://www.siliconrepublic.com/machines/dublin-carbon-collect-mechanical-tree-asu-us

(9)株式会社WQ XPRIZEにおいて国内企業唯一の候補者にノミネート

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000083924.html

(10)USA funds nuclear-coupled carbon capture studies

DOEは、原子力発電所での直接空気捕獲(DAC)技術の使用を研究することを目的とした2つの別々の費用分担プロジェクトに約500万米ドルを授与(冷却塔にカーボンエンジニアリングのDACを適用や原子力発電の熱エネルギーを利用したDACのFS)

https://www.world-nuclear-news.org/Articles/USA-funds-nuclear-coupled-carbon-capture-studies?feed=feed

 

 

No.195サミットカーボンソリューションズがブッシュミルズエタノールと提携
No.196エクソン、オーストラリア沖の枯渇した畑でCO2貯留に取り組む
No.197ブリヂストン、ランザテックがタイヤリサイクル技術で提携
No.198サミットカーボンソリューションズがブッシュミルズエタノールと提携
No.199バイヤスドルフ、ニベアメンズの「クライメートケア保湿剤」でCO2を回収
No.200ノルウェーCCSプロジェクトのためのフローサーブの制御バルブ
No.201ブリヂストン:タイヤリサイクル技術を拡大
No.202ブリヂストン・アメリカ大陸がランザテックとチームを組み、使用済みタイヤの廃棄について
No.203木を植えることは気候を助けることができますが、化石燃料の燃焼も止める場合にのみ
No.204英国のセメント・石灰生産者は低炭素産業クラスターに目を向ける
No.205気候変動と戦うためのツールとしての炭素回収をめぐる戦い
No.206熱分解コプロダクツへの注力
No.207フリーランドの自信を持ってCO2税額控除が大規模な投資を誘致
No.208エクソンモービルがギプスランドの炭素回収ハブに目を向け、オーストラリアのCCSの可能性を解き放つ
No.209森林伐採が気候変動を引き起こす
No.210Varcoe:アルバータ州がオタワとのカーボンキャプチャー「ポーカーゲーム」に挑む番
No.211気候変動と戦うためのツールとしての炭素回収をめぐる戦い
No.212炭素回収利用と貯蔵技術を促進する税額控除
No.213エネルギードームがCO2バッテリー長期エネルギー貯蔵技術でBNEFパイオニアズ2022を受賞
No.214三菱造船、「アンモニア・液化CO2兼用輸送船」のコンセプトスタディーを完了
No.215スウェーデンとノルウェー、CCS分野で協力強化に合意(スウェーデン、ノルウェー)
No.216意見:ブルース・ラステッターは気候のヒーローではない
No.217エネルギー転換は、大衆の抗議、規制のハードルの時代に挑戦的になるでしょう
No.218シアウォーターがEniの英国炭素貯蔵プロジェクトの調査契約を確保
No.219サミットカーボンソリューションズがCCSプロジェクトに32番目のエタノールプラントを署名
No.220XTXマーケットは、従業員のための炭素除去プログラムを導入した最初の企業の1つ
No.221ルイジアナ州が60億ドルのプロジェクトで南部の炭素回収首都になった経緯
No.222三菱造船、アンモニア/LCO2キャリアの商業化に照準を合わせる
No.223企業は石油採掘プロジェクトで作成された炭素クレジットを使用しました
No.224https://www.therecord.com/ts/business/2022/04/18/energy-transition-will-be-challenging-in-era-of-public-protests-regulatory-hurdles.html
No.225気候変動と戦うためのツールとしての炭素回収をめぐる戦い
No.226炭素回収パイプラインの著名なドメインに対して行動を起こす郡
No.227世界の真空断熱配管市場は、2022年から2026年の間に2億6,774万ドル成長し、予測期間中に5.05%のCAGRで進歩すると予想されています
No.228エニは、英国沖合のCO2貯留調査のための地震会社シアウォーターをタップ
No.22950年、経産省の脱炭素方針
CO2最大2・4億トン地中に
No.230CSIROが将来の科学に2億ドルを投資
No.231エネルギー転換は規制上のハードルのために困難になるだろう、とアナリストは言う
No.232世界の資源・エネルギー大国としての西オーストラリア州を支援
No.233炭素回収連合がCEQのCCUSガイダンス文書にコメント
No.234テュフ ラインランド、グリーン水素およびグリーンアンモニア認証への道を開く
No.235サミットカーボンがブッシュミルズエタノールと提携
No.236テクノロジーは気候変動と戦うための自然な方法を決して奪ってはならない
No.237サミットは、炭素パイプラインプロジェクトがアイオワ州ルートの20%を確保したと述べています
No.238どの水素製造方法が最も低コストですか?
No.239原子力発電所がDOEのための直接空気炭素回収研究をホスト
No.240XTXマーケットは、従業員のための炭素除去プログラムを導入した最初の企業の1つ
No.241エミレーツ・スチール・アーカン・グループがグローバル・サステナビリティ・アドバイザーを任命し、市場をリードするグリーンの実績を加速
No.242ルイジアナ州が南部の炭素回収首都に変貌
No.243タロス・エナジーのロビン・フィールダーがカーボン・キャプチャーの価値提案について語る
No.244シュルンベルジェ、ペトロナスとのコラボレーションを発表
No.245ペプシコ、ケロッグス、ジャガー・ランドローバーの28社が英国産の低炭素水素に切り替え
No.246ダブリン社がCO2を回収するための「メカニカルツリー」を発表
No.247エネルギー転換は、大衆の抗議、規制のハードルの時代に挑戦的になるでしょう
No.248エクソンモービル、ギプスランドの南東オーストラリア州炭素回収ハブの設計研究を開始
No.249米国エネルギー省が1,400万ドルを投資し、低炭素エネルギー資源と組み合わせた直接空気回収・貯蔵技術を拡大
No.250NPCC主導のコンソーシアムが大規模な炭素回収・貯留プロジェクト契約を締結
No.251グリーンピースは、バーラップハブの投資を批判する
No.252リベラル派のWAガス現金スプラッシュは、気候変動対策と遅延の両方を提供する
No.253エンジニアは、現在の炭素回収技術に代わる効率的な代替手段を開発する
No.254ルイジアナ州が60億ドルのプロジェクトで南部の炭素回収首都になった経緯
No.255100年前の化学を使用して空気から直接炭素を捕捉
No.256エクソンモービルは、2050年までに炭素回収市場を4兆ドルにすると見ている
No.257エクソンモービル、2050年までに炭素回収市場を4兆ドルと予測
No.258エクソンは2050年までに炭素回収・貯留の市場を4兆ドルと予測
No.259気候転換点までにCO2を削減するためのまだ時間:レポート
No.260ダブリン社がCO2を回収するための「メカニカルツリー」を発表
No.261炭素回収・貯留(CCS)の市場規模とシェア 2022年 |成長要因、需要、動向、競争環境、ビジネスチャンス、収益、開発戦略、事業見通し、2028年予測 |市場レポートの世界
No.262CO2最大2・4億トン地中に
No.263CO2最大2・4億トン地中に
No.264カーボンテックのイノベーションは「大騒ぎ」になりつつある
No.265株式会社WQ XPRIZEにおいて国内企業唯一の候補者にノミネート
No.266ホワイトハウス、アースデイの命令を準備して大きな木の在庫を取る
No.267ボーイング、イェール大学自然炭素回収センターへの複数年にわたるコミットメントを発表
No.268オーストラリアのサントスは「世界最大の」炭素回収プラントを目指す
No.269バッテリー化学からインスピレーションを得て炭素を捕獲する
No.270PGS、南北海地震データ若返りプロジェクトを開始
No.271米国が核結合炭素回収研究に資金提供
No.272アヒル・アンリミテッド・カナダは、農場や牧場の湿地を分析して炭素回収を
No.273Carbon Capture Magazine が National Conference, Call for Abstracts
No.274パース盆地輸出用のCHJVアップグレードタンク
No.275世界の炭素回収・利用・貯蔵技術と市場ダイナミクス:炭素回収技術が電力転換をどのようにサポートするか

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.04.08)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)New polymer membrane tech improves efficiency of carbon dioxide capture

新しい高分子膜技術が二酸化炭素捕捉の効率を改善

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/04/220401122134.htm

(2)Drillmec OK’s 35 mn euro investment plan in energy transition

クリーン水素製造の投資計画

https://www.dailypioneer.com/2022/business/drillmec-ok—s-35-mn-euro-investment-plan-in-energy-transition.html

(3)DL E&C with differentiated competitiveness has reached the global CCUS stage.

韓国企業オーストラリアのCCUSプロジェクトへの協力を約束

https://www.gurufocus.com/news/1676417/dl-ec-with-differentiated-competitiveness-has-reached-the-global-ccus-stage

(4)World must halve emissions by 2030: IPCC

世界は2030年までに排出量を半減させなければならない:IPCC

https://www.dailyfinland.fi/worldwide/26622/World-must-halve-emissions-by-2030-IPCC

(5)Direct air carbon capture start-up raises $53M in Series A funding round

DAC開発のスタートアップHeirloomが5300万ドルを調達。鉱物化をベースとしたDAC開発

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/04/05/direct-air-carbon-capture-start-up-raises-53m-in-series-a-funding-round/

(6)Climeworks Raises $650 Million to Scale Up Carbon Capture Technology

クライムワークスが炭素回収技術を拡大するために6億5,000万ドルを調達

年間4万トンのCO2を回収するDAC装置に調達した資金6億5千万ドルを充てる予定

https://time.com/6164482/climeworks-scale-up-carbon-capture-technology/

(7)Could nano-scale filters for isolating CO2, Hydrogen and Biogas accelerate the energy transition?

MIT:ガスから水素やCO2を分離回収するための新しいポリマー膜の開発

https://energypost.eu/could-nano-scale-filters-for-isolating-co2-hydrogen-and-biogas-accelerate-the-energy-transition/

(8)Beiersdorf Launches Cosmetics Product with Recycled CO2

バイヤスドルフは、リサイクル二酸化炭素から得られる成分を特徴とするニベアメンクライメートケア保湿剤を発売

CO2リサイクルによるエタノールを14%使用

https://www.happi.com/contents/view_breaking-news/2022-04-07/beiersdorf-launches-cosmetics-product-with-recycled-co2/

(9)Two Birds, One Stone: Researchers Turn Plastic into Carbon Capture Material

米国/Rice大学 酢酸カリウムの存在下でプラスチック廃棄物を加熱すると、二酸化炭素分子をトラップするナノメートルスケールの細孔を有する粒子が生成

https://www.extremetech.com/extreme/333767-two-birds-one-stone-researchers-turn-plastic-into-carbon-capture-material

(10)New JV to provide LCO2 shipping solutions to European CCS projects

エアリキッドと海事会社ソゲストランが液化CO2輸送の合弁会社を設立へ

https://www.offshore-energy.biz/new-jv-to-provide-lco2-shipping-solutions-to-european-ccs-projects/

(11)CEMEX announces significant milestone in LEILAC 2 project

HORIZONから資金提供を受け低CO2排出型セメントを開発するプロジェクトLEILAC 2において、CEMEXが産業規模の設備を建設する資金を受ける。

https://www.worldcement.com/europe-cis/07042022/cemex-announces-significant-milestone-in-leilac-2-project/

 

No.1ストックホルム・エクセルギのBECCSプロジェクトがEUから1億8,000万ユーロの資金提供を受ける
No.2新しい高分子膜技術が二酸化炭素捕捉の効率を改善
No.3RINAとフィンカンティエリが海洋脱炭素化で提携
No.4エイカーカーボンキャプチャ、シンテフはCCUS技術をさらに発展させる
No.5アルバータ州、6つの炭素回収提案を前進
No.6「ドリルメックは水素に3500万ユーロを投資する計画です」
No.7熱帯林は炭素貯蔵を超えて大きな気候上の利点を持っています
No.8バイソン低炭素ベンチャーズは、メドウブルック貯蔵ハブプロジェクトで炭素貯蔵保有期間の申請に成功したことを発表
No.9ドリルメックOKのエネルギー転換における3,500万ユーロの投資計画
No.10サスク州は一人当たりの温室効果ガス排出量でカナダをリードしています。それについて何が行われているのですか?
No.11MEIL、エネルギー転換に3,500万ユーロを投資
No.12ドララマ、エンブリッジ、インターテープ、ニュースで52週間の最高値
No.13Oilpatchは、アルバータ州が6つのプロジェクトを前進させるにつれて、炭素回収税額控除のためにオタワに目を向けています
No.14ペルム紀盆地の炭素回収プラントは10億ドルの費用がかかる
No.15Oilpatchは、アルバータ州が6つのプロジェクトを前進させるにつれて、炭素回収税額控除のためにオタワに目を向けています
No.16ヤラインターナショナルは、青いアンモニアをバンカリングするための15のターミナルを注文
No.17LOFAとRSPBで木を植える
No.18ロス・マッキトリック:2030年排出計画:プーチンへのカナダの贈り物
No.19テイラーは、再生可能エネルギーの資金調達をリダイレクトするための規制に3番目に、最後のあえぎの亀裂を持っています
No.20差別化された競争力を持つDL E&Cは、グローバルなCCUSステージに達しました。
No.21マイクロソフトの炭素除去レポートから学んだ3つのこと
No.22DOEが次世代グリッドエネルギー貯蔵のための3つのプロジェクトに240万ドルを授与
No.23シアトルの投資家ナイニカ・チョービー氏とのQ&A
No.24ECインク 11億ユーロ、7つの現地気象移行タスクのための助成金オファーにインク – EQ Mag Pro
No.25Oilpatchは、アルバータ州が6つのプロジェクトを前進させるにつれて、炭素回収税額控除のためにオタワに目を向けています
No.26RINAとフィンカンティエリが脱炭素化の研究開発で力を合わせる
No.27常識的なエネルギー政策が環境を支える
No.28Drillmecは水素に3,500万ユーロを投資する計画
No.29リベラルとNDPの合意は、新民主党員を厄介な場所に置いているかもしれない
No.30多種の牧草地は望ましくない頭痛を引き起こす可能性があります
No.31新しい技術は、炭素回収のための量子コンピューティングの力を利用することができます
No.32世界は2030年までに排出量を半減させなければならない:IPCC
No.33CCUS:ジェネシスがノーザンエンデュランスパートナーシップオフショアフィードを獲得
No.34IPCCの報告書は、温室効果ガス排出量のさらなる削減を求めている
No.35ノルウェーのブルーアンモニアプロジェクトがバレンツ海の炭素貯蔵ライセンスを確保
No.36IPCC報告書:低炭素経済のための選択肢
No.37欧州委員会、BECCS、MSWから化学へのプロジェクトに資金を提供する
No.38CO2の回収と除去は気候危機の解決に役立つか?
No.39国際気候変動報告書は即時の行動を求め、2030年までに排出量を半減させることができることを示している
No.40化石燃料の使用を今すぐ大幅に削減しなければならない、とIPCCは警告する
No.41ロス・マッキトリック:2030年排出計画:プーチンへのカナダの贈り物
No.42BABCOCK AND WILCOX COMPANYBabcock
& WilcoxがKiewit Industrialと提携し、Fidelis New Energyのための世界最大の正味負CO2バイオマス・ツー・エネルギー施設を開発・提供
No.43サリーのチームがCO2をメタノールに直接回収するプロセスを開発
No.44https://time.com/6164252/ipcc-carbon-capture-climate-mitigation/
No.45「禁止なし」:再生可能エネルギーの資金は化石水素とCCSに費やすことができる、と当局者は言う
No.462022年の連邦予算で期待すること
No.47米国の樹木は、環境上の利益を通じて1,000億ドル以上の節約をもたらすかもしれないが、増大する脅威に直面している
No.48今行動するか、世紀末までに3.2O Cの上昇に直面するか、IPCCは政府に語る
No.49クヌーツェン日本郵船カーボンキャリア、大型のCO2船を新設する高圧タンクを発表
No.50直接空気炭素回収スタートアップがシリーズA資金調達ラウンドで5300万ドルを調達
No.51ブルーカーボン:より良い明日は以下から始まります
No.52気候警報と経済的現実の間に挟まれ、カナダと世界は化石燃料の厳しい選択に直面している
No.53IPCC報告書、世界の排出削減に向けた戦略を分析
No.54エクイノール、ヴォール・エネルギ、ホリソント・エネルギがバレンツ海でCO2貯蔵ライセンスを取得
No.55米石油大手オクシデンタルと林業大手ウェアーハウザー、ルイジアナ州のCCS事業で提携(米国)
No.56数十億ポンドの炭素回収スキームで利用可能な契約
No.57ロバート・S・パーガソンがEnLinkに加わり、カーボンソリューションズグループを率いる
No.58DNVがKNCC AIPを高圧LCO2輸送コンセプトに授与
No.59サンコーは風力と太陽光をあきらめ、水素と再生可能燃料に注力
No.60政府、水素発電目標を倍増
No.61CGGとケントが水素とCCUSで提携
No.62クライムワークスが炭素回収技術を拡大するために6億5,000万ドルを調達
No.63アイオワ州、カンザス州司法長官は、ガソリン価格を削減するためにE15の夏の販売を許可するようEPAに要請
No.64世界は2030年までに排出量を半減させなければならない:IPCC
No.65グリーン水素システムズがスイスのイノベーションラボのガスナットから受注
No.66CGG:CGGとケント、世界の脱炭素化を加速するための戦略的炭素回収と水素パートナーシップを発表
No.67IPCCの報告書は、温室効果ガス排出量のさらなる削減を求めている
No.68アンモニア/液化CO2キャリアのコンセプトスタディを完了
No.69石炭ガス化パイロットプロジェクトと利点
No.70セクション45Qを理解することはCCUSパズルの不可欠なピースです
No.71この国連気候報告書が違う理由
No.72NextDecadeとENNが1.5 MTPA LNG売買契約を締結
No.73世界銀行、化石燃料依存を強めるとの批判にもかかわらず、ナイジェリアのCCUSへの支援を発表
No.74オクシデンタル、ワイアーハウザー、ルイジアナ州を炭素回収ハブに検討
No.75サンコーは風力と太陽光をあきらめ、水素と再生可能燃料に注力
No.76ジャイアントグラスミスカンサスは、負のCO2バランスを持つバイオエタノール源です
No.77ケント、CGGがCCSと水素プロジェクトでチームを組む
No.78CO2、水素、バイオガスを分離するためのナノスケールのフィルターは、エネルギー転換を加速できますか?
No.79シェブロンが海洋脱炭素化グローバルセンターに乗船
No.80炭素回収に使われる処理が困難なプラスチック廃棄物
No.81カーボンネガティブ再生可能ディーゼルを作るための戦略的バイオ燃料
No.82英国が将来のエネルギーシステムセキュリティを管理するための新しい機関を立ち上げる
No.83エクイナーがCO2貯留サイト開発のライセンスを取得
No.84トルドー首相、炭素回収技術コストの50%を賄う税額控除を提案
No.85バイヤスドルフ、CO2をリサイクルした化粧品を発売
No.862羽の鳥、一石:研究者はプラスチックを炭素捕捉材料に変える
No.87アルバータ州が連邦予算で探すことができるもの
No.88イギリス:「未来のシステムオペレーター」が始動
No.89船舶ベースの炭素回収調査、2025年までにシステムの商業化を目指す
No.90ファインジュエリーブランドが5,000ポンドの気候変動販売誓約の背後にある意義を明らかに
No.91化学品パークへの大投資により、液体CO2貯蔵施設を開発
No.92エネルギー戦略には何があり、何ではないのか、そしてそれは法案にとって何を意味するのでしょうか?
No.93アクセンチュアがタイタン・スペース・テクノロジーズを支援
No.94ネットゼロへの到達:炭素管理戦略の役割に関する新しい政策的洞察
No.95EverLoNGの船舶ベースの炭素回収プロジェクトがEUの資金を獲得
No.96欧州CCSプロジェクトにLCO2輸送ソリューションを提供する新合弁会社
No.97気候変動に関する政府間パネルの報告書は、セメント産業に対し、二次セメント材料の使用を促進し、炭素回収を奨励するよう求めている。
No.98CEMEXがLEILAC 2プロジェクトの重要なマイルストーンを発表
No.99タイガー・インフラストラクチャー・パートナーズがサミット・カーボン・ソリューションズに投資
No.100アルバータ州が連邦予算で探すことができるもの
No.101Oilpatchは、アルバータ州が6つのプロジェクトを前進させるにつれて、炭素回収税額控除のためにオタワに目を向けています

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.04.01)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)HeidelbergCement and Calix reach LEILAC-2 milestone

ハイデルベルクセメント工場のCO2分離回収スケールアップを計画

https://www.cemnet.com/News/story/172425/heidelbergcement-and-calix-reach-leilac-2-milestone.html

 

(2)Non-Profit Aims to Combine Living “Smart Trees” and Direct-Air-Capture “Mechanical Trees” to Tackle Air Pollution in Phoenix

木のCO2吸収量や成長、健康をモニターするデバイスやDAC設備を活用した緑化事業

https://www.pr.com/press-release/857804

 

(3)Market has spoken’ on NSW hydrogen hubs

豪州 水素燃料補給ネットワーク計画を発表

https://www.nynganobserver.com.au/story/7675548/market-has-spoken-on-nsw-hydrogen-hubs/?src=rss

 

(4)The NOC leads on ground-breaking carbon capture research

海洋での二酸化炭素貯蔵への海洋生態系の影響に関する研究成果

https://www.globalunderwaterhub.com/13501/the-noc-leads-on-ground-breaking-carbon-capture-research

 

(5)Scorpio Tankers Joins Efforts to Develop Shipboard Carbon Capture

Scorpio Tankersは、米国の新興企業Carbon Ridgeと協力して、海上船舶の船内炭素回収の開発に取り組む

https://www.maritime-executive.com/article/scorpio-tankers-joins-efforts-to-develop-shipboard-carbon-capture

 

(6)Canada Climate Plan Calls for 42% Cut in Oil, Gas Emissions

カナダ2030年までに温室効果ガスの排出量を05年比で40~45%削減の目標に向けた計画を発表

https://travel-reporter.com/canada-climate-plan-calls-for-42-cut-in-oil-gas-emissions/

 

(7)Direct Air Capture Startup Heirloom Raises $53M In Series A Funding

ダイレクト・エア・キャプチャー(DAC)企業であるHeirloom Carbon Technologiesは、エクイティ・ファイナンスで5,300万ドルの資金調達に成功

https://cleantechnica.com/2022/03/29/direct-air-capture-startup-heirloom-raises-53m-in-series-a-funding/

 

(8)Swarovski collaborates with Climeworks to tackle CO2 emissions

スワロフスキーのジュエリー事業で排出するCO2削減(相殺)のため、DAC事業社のクライムワークスと協業

https://www.yarnsandfibers.com/news/textile-news/swarovski-collaborates-with-climeworks-to-tackle-co2-emissions/

 

No.1864エナジアンがハリバートンをギリシャ沖合の炭素貯蔵プロジェクトに雇用
No.1865今月開始予定のサウジアラビアの50億ドルのグリーン水素プロジェクトに取り組む
No.1866土壌有機炭素含有量はインドの70年間で1%から0.3%に低下:NRAA
No.18672022年の炭素回収・利用・貯蔵市場:世界シェア、トレンド、セグメンテーション、分析、2028年までの予測
No.1868ガス大手が水素計画を計画 – EQ Mag Pro
No.1869NextDecadeがリオグランデLNGの2度目の合意に署名、将来のFIDを見据える
No.1870炭素回収装置を設置するための2隻のフィーダー船をスクラバーに組み合わせる
No.1871ロシア・ウクライナ:米国の石油・ガス生産者への支援は、低排出投資に結びつけなければならない
No.1872ハイデルベルクセメントとカリックスがLEILAC-2マイルストーンに到達
No.1873炭素回収へのコミットメント
No.1874非営利団体は、フェニックスの大気汚染に取り組むために、生きている「スマートツリー」と直接空気捕獲「機械の木」を組み合わせることを目指しています
No.1875アイオワハウスOKsパイプラインの著名なドメインに関する11ヶ月のモラトリアム
No.1876議論の中核をなす炭素回収とクリーンな水素
No.1877アイオワ州議会議員、炭素回収パイプライン案の承認を遅らせる
No.1878PTTGCクラッカーはさらに謎に後退する
No.1879OMVは、2050年までに石油とガスの生産を停止し、ネットゼロに転換すると発表
No.1880NextDecadeは中国とLNG輸出契約を締結
No.1881中国がCCUSの実装に拍車をかける。シノペックがPCCに提案書を提出
No.1882ムバダラは、再生可能エネルギー推進への青と緑の水素投資の可能性を強調しています
No.1883NSW州の水素ハブで「市場が発言」
No.1884NSW州の水素ハブで「市場が発言」
No.1885太陽光、廃木材、炭素からのRNG、再生可能燃料
No.1886Xebec Adsorption株式会社がSCSカーボン除去LLCと覚書を締結
No.1887ペトロナス、シュルンベルジェ、デジタル・サステナビリティ覚書に署名
No.1888プレーントーク:ノースダコタ州のシエラクラブは炭素回収パイプラインに反対していない
No.1889さそり座タンカーは、船内の炭素回収を促進します
No.1890自然に基づく炭素除去は、温暖化が進む地球から私たちを守るのに役立ちます
No.1891シェルUKは大規模な投資を計画
No.1892何千人ものカナダ人が政府に炭素回収税額控除を廃止するよう要求
No.1893アイオワ州のCO2パイプライン反対派は、著名なドメインで公聴会を計画
No.1894炭素排出量を捕捉し、それを地下に貯蔵することは、汚染者が気候変動対策をかわすことを可能にする可能性がある、と議員は警告する
No.1895オキシがワイアーハウザーと提携し、ルイジアナ州の炭素回収ハブを設立
No.1896鉄セクターのイニシエーション – オフの構造的な物語- リライアンス証券
No.1897オクシデンタル、ワイアーハウザー、ルイジアナ州の潜在的な炭素回収ハブを評価
No.1898世界競争力のあるクリーン水素およびアンモニア生産者になるというパイロットの目標を裏付ける研究
No.1899パイロット・エナジーは「市場初」のCCS技術で青水素をグリーンに優先
No.1900上院は、ARENAの資金をCCSプロジェクトに振り向けるというアンガス・テイラーの入札を再び阻止する
No.1901NOCは画期的な炭素回収研究をリード
No.1902水素研究はパイロットに明快さをもたらします
No.1903カーボンコレクターがバリューマリタイムのカーボン回収技術を新しいタグボートに搭載して評価
No.1904三菱重工グループ、バーレーンのアルミニウム製錬工場におけるCO2回収技術の適用可能性調査を実施
No.1905パイロットの水素研究が成功
No.1906法律や補償契約で炭素価格を保護しようとしている連邦準備制度理事会
No.1907排出計画は、オイルパッチに不確実性を残します。まだ開発中のセクターの上限
No.1908カーン、ベーカーズフィールド、エネルギー技術を支援する連邦補助金を獲得
No.1909カーン郡が炭素管理ビジネスパークの計画を発表
No.1910さそり座タンカーが船上炭素回収の開発に参加
No.1911自然に基づいた炭素除去は、温暖化している惑星から私たちを守るのに役立ちます
No.1912自然に基づく炭素除去は、温暖化が進む地球から私たちを守るのに役立ちます
No.1913ジーベック吸着がSCSカーボン除去で覚書に署名
No.1914マイクロソフト:気候変動を逆転させるためには、より多くの炭素回収事業が必要
No.1915
No.1916カナダの気候計画は、石油、ガスの排出量の42%削減を要求
No.1917PTTEPは、2022年の定時株主総会で温室効果ガス排出量ゼロの目標と計画を発表
No.1918カナダ、2030年までに炭素排出量を40%削減する計画を発表
No.1919新しい推定戦略が農業分野での土壌炭素サンプリングを改善
No.1920ダイレクトエアキャプチャースタートアップの家宝がシリーズAの資金調達で5300万ドルを調達
No.1921炭素除去のための自然ベースのソリューションは、地球のピーク温暖化レベルを下げることができます
No.1922ツリースウィフトが資金調達で4.8Mドルを調達
No.1923炭素除去技術を特効薬として扱うのをやめ、国会議員は政府に警告
No.1924シェルUKはエネルギー部門に最大250億ポンドを投資し、「英国をネットゼロに近づける」
No.1925さそり座タンカー、カーボンリッジは、船舶のための船上の炭素回収を開発するためにチームを組む
No.1926CalTransportがポートランド石灰岩セメントの使用を承認
No.1927TEN-T:CO2の恒久的な貯蔵へのマルチモーダル輸送 欧州の産業脱炭素化計画の鍵
No.1928ジーベック、サミットカーボンソリューションズとのCO2回収・隔離装置に関する覚書を発表
No.1929自然に基づく炭素除去は、地球温暖化のピークレベルを下げることができる:研究
No.1930DOEはクリーンエネルギーの改革計画を詳述
No.1931炭素回収税額控除は分裂するトピックです。潜在的な利益をめぐって意見が分かれる
No.1932自然に基づく炭素除去は、温暖化が進む地球から私たちを守るのに役立ちます
No.1933カナダ、米国はエネルギー危機と気候危機の両方に対処できますか?
No.1934トランスオーシャンが再生可能エネルギー・プレーヤーの株式を買収
No.1935研究者が土壌有機炭素を測定する新しい効率的な方法を開発
No.1936PTTEPがネットゼロ2050クラブに加盟
No.1937排出計画は、オイルパッチに不確実性を残します。まだ開発中のセクターの上限
No.1938ガスとクリーンエネルギーが連邦政府の資金援助を受ける
No.1939カナダの石油産業は、新しい2030年の気候計画をめぐってトルドーと対立
No.1940アルバータ州、カナダ初の炭素貯蔵ハブを開発するための6つの提案を選択
No.1941CO2パイプラインは安全ですか?
No.1942炭素回収税額控除のメリットをめぐって意見が分かれる
No.1943リベラルな気候計画は、誰が権力を握っていても、炭素価格を保証するように見える
No.1944排出制御:再生可能エネルギーは…連邦予算2022の下で何もないハンバーガー
No.1945スワロフスキーがクライムワークスと協業し、CO2排出量に貢献

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.03.25)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Discovery of a new catalyst for highly active and selective carbon dioxide hydrogenation to methanol

中国中国科学院大連化学物理学研究所のCan Li教授ら、選択率の高いメタノール合成触媒を開発

https://phys.org/news/2022-03-discovery-catalyst-highly-carbon-dioxide.html

 

(2)CO2 energy storage tech set for commercialisation

Energy Dome社のCO2圧縮-膨張によるエネルギー貯蔵・発電システムをイタリアのエンジニアリング会社がライセンス使用

https://www.smart-energy.com/industry-sectors/storage/co2-energy-storage-tech-set-for-commercialisation/

 

(3)Experts Determine the Feasibility to Upcycle Discarded Plastic Bottles into Advanced Materials for Carbon Capture

専門家は、炭素捕獲のための高度な材料にアップサイクル廃棄ペットボトルへの実現可能性を決定します

https://www.azocleantech.com/news.aspx?newsID=31319

 

(4)CO2 Could Be Stored Below Ocean Floor

NUSDepartmentの化学・生体分子工学部門の研究者は、海洋堆積物中のCO2水和物の安定性の初めての実験的証拠を実証

https://www.homelandsecuritynewswire.com/dr20220315-co2-could-be-stored-below-ocean-floor

 

(5)Copper-silver-gold nanostructure gives carbon-capture-and-utilization a boost

天津大学のナノ化学者の開発した触媒についての記事

https://www.innovations-report.com/life-sciences/copper-silver-gold-nanostructure-gives-carbon-capture-and-utilization-a-boost/

 

(6)Hydrogen from electrolysis of urea – EQ Mag Pro

廃棄物処理に役立つ尿素電気分解による水素製造技術

https://www.eqmagpro.com/hydrogen-from-electrolysis-of-urea-eq-mag-pro/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=hydrogen-from-electrolysis-of-urea-eq-mag-pro

 

No.1740カーボンキャプチャ対風:オーステッド、BPは北海リースエリアを対決
No.1741ネットゼロウェイで北米最大の石油資源
No.1742アバディーン市議会とbpは、都市水素ハブを開発するための合弁契約に署名します
No.1743カーボンオフセット正当化は気候の進歩を損なうだろう、と新しい報告書は主張する
No.17442022国際燃料エタノールワークショップ&エキスポのアジェンダを発表
No.1745ニューサムは、よりクリーンなエネルギーを促し、公共資源の利益は低く、EVはホームパイロットに
No.1746メタノールへの活性・選択性の高い二酸化炭素水素化に対する新触媒の発見
No.1747商業化のためのCO2エネルギー貯蔵技術セット
No.1748タレントスプリント、グーグルのサポートを受けて第4版の女性エンジニア(WE)プログラムを発表
No.1749ライゼン・エナジー、シノペックグリーン水素プロジェクトにPVモジュールを供給
No.1750専門家は、炭素捕獲のための高度な材料にアップサイクル廃棄ペットボトルへの実現可能性を決定します
No.1751米国のエタノール産業銀行、排出ガス問題を解決するための炭素捕獲
No.1752オフショアCCSの機会に強い関心 – アプア
No.1753サントス、バユウンダンCCSプロジェクトのエンジニアリングフェーズを開始
No.1754エクソン、ヒューストン近郊の水素・炭素捕獲・貯蔵工場を計画
No.1755ハイパースペクトルセンシングは、土壌炭素を監視するための新しい道を開きます
No.1756オース科学アカデミー、2022年の名誉賞を発表
No.1757炭素捕獲の味を持つ微視的な海洋捕食者
No.1758サンファンは5つのフェーズ3 CarbonSAFEプロジェクトの1つですが、生存可能性の疑問は残っています
No.1759ランザテック、ナスダック発売を計画
No.1760パートナーシップを通じた立ち上がり:サミット・カーボン・ソリューションズ
No.1761ニューメキシコ州知事ルジャン・グリシャム、物議を醸す水素ハブ法を復活
No.1762炭素捕獲:1兆ドルの産業の初期?
No.1763炭素捕獲の味を持つ微視的な海洋捕食者
No.1764MUFG銀行、CO2およびストレージキャプチャ技術のシンクタンクに参加
No.1765海底下にCO2を貯蔵できる
No.1766銅銀-金ナノ構造は、炭素捕獲と利用を後押しする
No.1767中流事業者がエネルギー転換を促進する3つの方法
No.1768排出量に関しては、リベラル派は純粋主義者ではなく実用的なルートを選択します
No.1769バイデンの気候行動は、エスカレートする危機に対応するには恐ろしく不十分です
No.1770マイティミニマーベル:小さな海洋微生物は気候変動との戦いで秘密兵器になる可能性があります
No.1771尿素の電気分解からの水素 – EQマグプロ
No.1772英国で実証された水素交換
No.1773クリーンエネルギーレギュレータはシンクタンクを攻撃し、サントスを守る
No.1774世界の炭素捕獲、使用率、ストレージ市場は、2028年までに5,306.7百万ドルの収益を上げ、2021年から2028年にかけて13.7%のCAGRで成長|リサーチダイブ別レポート
No.1775dCS、オーストラリアのオフショア炭素捕獲・貯蔵プロジェクトに対するJX NOEXファイル入札
No.1776インターパイプライン、ロックポイントがアルバータCCUSハブの入札に参加
No.1777銅銀-金ナノ構造は、炭素捕獲と利用を後押しする
No.1778サバンナの増加した木のカバーは、気候の戦いで限られた利益を提供します
No.17792035年までに達成可能な回復力のある純ゼロ電力システムが、必要な投資の増加、Regenレポートは、調査結果
No.1780排出量に関しては、リベラル派は純粋主義者ではなく実用的なルートを選択します
No.1781ネラはWAのSESをサポートしています
No.1782メディアリリース:専門家は積極的な脱炭素化がネットゼロに達することを推し進める

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.03.17)

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Discovery of a new catalyst for highly active and selective carbon dioxide hydrogenation to methanol

中国中国科学院大連化学物理学研究所のCan Li教授ら、選択率の高いメタノール合成触媒を開発

https://phys.org/news/2022-03-discovery-catalyst-highly-carbon-dioxide.html

 

(2)CO2 energy storage tech set for commercialisation

Energy Dome社のCO2圧縮-膨張によるエネルギー貯蔵・発電システムをイタリアのエンジニアリング会社がライセンス使用

https://www.smart-energy.com/industry-sectors/storage/co2-energy-storage-tech-set-for-commercialisation/

 

(3)Experts Determine the Feasibility to Upcycle Discarded Plastic Bottles into Advanced Materials for Carbon Capture

専門家は、炭素捕獲のための高度な材料にアップサイクル廃棄ペットボトルへの実現可能性を決定します

https://www.azocleantech.com/news.aspx?newsID=31319

 

(4)CO2 Could Be Stored Below Ocean Floor

NUSDepartmentの化学・生体分子工学部門の研究者は、海洋堆積物中のCO2水和物の安定性の初めての実験的証拠を実証

https://www.homelandsecuritynewswire.com/dr20220315-co2-could-be-stored-below-ocean-floor

 

(5)Copper-silver-gold nanostructure gives carbon-capture-and-utilization a boost

天津大学のナノ化学者の開発した触媒

https://www.innovations-report.com/life-sciences/copper-silver-gold-nanostructure-gives-carbon-capture-and-utilization-a-boost/

 

(6)Hydrogen from electrolysis of urea – EQ Mag Pro

廃棄物処理に役立つ尿素電気分解による水素製造技術

https://www.eqmagpro.com/hydrogen-from-electrolysis-of-urea-eq-mag-pro/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=hydrogen-from-electrolysis-of-urea-eq-mag-pro

 

No.1740カーボンキャプチャ対風:オーステッド、BPは北海リースエリアを対決
No.1741ネットゼロウェイで北米最大の石油資源
No.1742アバディーン市議会とbpは、都市水素ハブを開発するための合弁契約に署名します
No.1743カーボンオフセット正当化は気候の進歩を損なうだろう、と新しい報告書は主張する
No.17442022国際燃料エタノールワークショップ&エキスポのアジェンダを発表
No.1745ニューサムは、よりクリーンなエネルギーを促し、公共資源の利益は低く、EVはホームパイロットに
No.1746メタノールへの活性・選択性の高い二酸化炭素水素化に対する新触媒の発見
No.1747商業化のためのCO2エネルギー貯蔵技術セット
No.1748タレントスプリント、グーグルのサポートを受けて第4版の女性エンジニア(WE)プログラムを発表
No.1749ライゼン・エナジー、シノペックグリーン水素プロジェクトにPVモジュールを供給
No.1750専門家は、炭素捕獲のための高度な材料にアップサイクル廃棄ペットボトルへの実現可能性を決定します
No.1751米国のエタノール産業銀行、排出ガス問題を解決するための炭素捕獲
No.1752オフショアCCSの機会に強い関心 – アプア
No.1753サントス、バユウンダンCCSプロジェクトのエンジニアリングフェーズを開始
No.1754エクソン、ヒューストン近郊の水素・炭素捕獲・貯蔵工場を計画
No.1755ハイパースペクトルセンシングは、土壌炭素を監視するための新しい道を開きます
No.1756オース科学アカデミー、2022年の名誉賞を発表
No.1757炭素捕獲の味を持つ微視的な海洋捕食者
No.1758サンファンは5つのフェーズ3 CarbonSAFEプロジェクトの1つですが、生存可能性の疑問は残っています
No.1759ランザテック、ナスダック発売を計画
No.1760パートナーシップを通じた立ち上がり:サミット・カーボン・ソリューションズ
No.1761ニューメキシコ州知事ルジャン・グリシャム、物議を醸す水素ハブ法を復活
No.1762炭素捕獲:1兆ドルの産業の初期?
No.1763炭素捕獲の味を持つ微視的な海洋捕食者
No.1764MUFG銀行、CO2およびストレージキャプチャ技術のシンクタンクに参加
No.1765海底下にCO2を貯蔵できる
No.1766銅銀-金ナノ構造は、炭素捕獲と利用を後押しする
No.1767中流事業者がエネルギー転換を促進する3つの方法
No.1768排出量に関しては、リベラル派は純粋主義者ではなく実用的なルートを選択します
No.1769バイデンの気候行動は、エスカレートする危機に対応するには恐ろしく不十分です
No.1770マイティミニマーベル:小さな海洋微生物は気候変動との戦いで秘密兵器になる可能性があります
No.1771尿素の電気分解からの水素 – EQマグプロ
No.1772英国で実証された水素交換
No.1773クリーンエネルギーレギュレータはシンクタンクを攻撃し、サントスを守る
No.1774世界の炭素捕獲、使用率、ストレージ市場は、2028年までに5,306.7百万ドルの収益を上げ、2021年から2028年にかけて13.7%のCAGRで成長|リサーチダイブ別レポート
No.1775dCS、オーストラリアのオフショア炭素捕獲・貯蔵プロジェクトに対するJX NOEXファイル入札
No.1776インターパイプライン、ロックポイントがアルバータCCUSハブの入札に参加
No.1777銅銀-金ナノ構造は、炭素捕獲と利用を後押しする
No.1778サバンナの増加した木のカバーは、気候の戦いで限られた利益を提供します
No.17792035年までに達成可能な回復力のある純ゼロ電力システムが、必要な投資の増加、Regenレポートは、調査結果
No.1780排出量に関しては、リベラル派は純粋主義者ではなく実用的なルートを選択します
No.1781ネラはWAのSESをサポートしています
No.1782メディアリリース:専門家は積極的な脱炭素化がネットゼロに達することを推し進める

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.03.11)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Oil driller invests in carbon capture pipeline for Midwest

エタノールプラントから回収したCO2を輸送するパイプラインへの投資

https://www.jwnenergy.com/article/2022/3/4/oil-driller-invests-in-carbon-capture-pipeline-for/

 

(2)Carbon dioxide could be stored below ocean floor, research shows

海底堆積物の中に水和物としてCO2を貯留することの安定性に関する研究

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/03/220307113139.htm

 

(3)Qiming- and CICC-backed greentech firm LanzaTech to go public in SPAC deal

CO2をエタノール等へ転換するスタートアップLanzaTechの株式公開へ。

https://www.dealstreetasia.com/stories/lanzatech-to-go-public-spac-284290/

 

(4)Net-Zero Technology Centre unveils funding competition for low-carbon innovation

英国ネットゼロテクノロジーセンター1000万ポンドの資金調達のコンペを開始

(原文:https://www.netzerotc.com/news-events/newsroom/news/2022/10-million-funding-competition-launched-to-strengthen-net-zero-technologies

https://www.edie.net/news/8/Net-Zero-Technology-Centre-unveils-funding-competition-for-low-carbon-innovation/

 

(5)Industrial pouring $100M into carbon capture in Asia

韓国のSKマテリアルズ、米国のブルー水素ソリューション会社8リバーズに1億ドルを投資

https://www.axios.com/skgroup-100-million-carbon-capture-8rivers-6aaa3373-9a73-4c7d-97be-7c651a6d0747.html

 

(6)Santos says Bayu-Undan CCS project enters FEED phase

オーストラリアのエネルギー大手サントスは、提案されたバユ・ウンダン炭素捕獲・貯蔵(CCS)プロジェクトのフロントエンドエンジニアリングおよび設計(FEED)フェーズへの参入を発表

https://www.offshore-energy.biz/santos-says-bayu-undan-ccs-project-enters-feed-phase/

 

(7)Another $15M in State Grants for Low Emissions Trucks and Cement

カリフォルニア州エネルギー委員会は、電気自動車、発電所に接続された炭素捕獲、節水技術に対して1,500万ドル以上の助成金を授与(Blue Planet:炭酸塩化(骨材)250万ドル)

https://cacurrent.com/another-15m-in-state-grants-for-low-emissions-trucks-and-cement/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=another-15m-in-state-grants-for-low-emissions-trucks-and-cement

 

No.1687波力エネルギー技術会社Mocean Energyが主要投資を確保
No.1688水素生産市場は1兆ドルに達するとゴールドマン・サックスは言う
No.1689ペルタミナ、ププク・インドネシア、三菱ガラプグリーン水素・アンモニア
No.1690一部のスーランドエタノール農家は炭素捕獲パイプラインを支持する
No.1691アルバータ州、8カ国からの投資を活用するグローバルCCUSイニシアチブのパートナー
No.1692ノースダコタ州:中西部のエタノール工場からのCO2捕獲、貯蔵をホスト
No.1693クリーン水素コラボレーションジョンソン・マッセイと8リバーズが世界の脱炭素化を加速
No.1694FMISはAECOMと提携し、エンジニアリングの「エネルギーハブ」を創出
No.1695石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1696アルバータ州、8カ国からの投資を活用するグローバルCCUSイニシアチブのパートナー
No.1697ペトロナス、再生可能エネルギーに焦点を当てた新しい事業体を設立
No.1698メディアリリース:WAの炭素捕獲と貯蔵の機会を研究する研究
No.1699ポートランドセメント協会は、産業脱炭素化技術を加速するための強力な連邦政府の支援を要請します
No.1700炭素を捕獲して再利用する技術が増加しています。しかし、それは世界が気候目標を達成するのを助けることができるでしょうか?
No.1701石油掘削機、中西部の炭素捕獲パイプラインに投資
No.1702ナバホエネルギー企業、炭素捕獲活動に投資
No.1703ナバホエネルギー企業、炭素捕獲活動に投資
No.1704二酸化炭素は海底下に貯蔵できる、と研究は示している
No.1705アマゾンが「転換点」に近づくにつれて「深遠な」結果を警告する研究
No.1706ナバホエネルギー企業、炭素捕獲活動に投資
No.1707PCAは、業界の脱炭素化リアリティチェックを供給しています
No.1708インフォーカス・インターナショナルは、カーボンキャプチャ、利用、ストレージ(CCUS)マスタークラスを復活させます
No.1709QimingとCICCの支援を受けたグリーンテック企業ランザテックがSPAC契約で株式を公開する契約は、ランザテックに2億7500万ドルの収益を提供する。
No.1710CGG Delivers New Multi-Client Study for Screening Geothermal Resources
No.1711ウェーブエナジーテック企業が主要な投資を確保
No.1712ランザテック、AMCIとのビジネスコンビネーションで株式公開へ
No.1713未来の燃料:ポルシェは主要なeFuelイニシアチブを後援-$45/ガロン
No.1714ネットゼロテクノロジーセンター、低炭素イノベーションの資金調達競争を発表
No.1715ニュークリセムCCUSプロジェクトを率いる
No.1716カーボン・キャプチャー・アンド・トランスフォーメーションにおける市場をリードするイノベーターであるランザテックNZ社は、AMCI買収株式会社との企業結合を通じて公開する
No.1717DOE、CCSサプライチェーンリスクに関するレポートを公表
No.17188河川、SKグループから1億ドルの投資を確保し、SKグループとアジア合弁会社を設立し、グローバル脱炭素化を加速
No.1719アペアはWAでCCS研究を支持
No.1720森林破壊はアマゾン熱帯雨林を「数十年以内に」乾燥サバンナに変える可能性がある:研究
No.1721アジアの炭素捕獲に1億ドルを注ぐ産業
No.1722GOP上院議員は「エネルギー作戦ワープスピード」の提案を概説します
No.1723「大幅に効果的」:試験結果は、トップギアにゼオテックの土壌炭素隔離の野望を置きます
No.1724カーボンキャプチャにおける電気ヒーターの応用
No.1725論文詳細 炭素捕獲利用と隔離プロジェクト
No.1726WAの資源産業が排出量を削減するのを助ける法案
No.1727CGGは地熱探査のための分析資源を助けるためにツールをリリースします
No.1728メディアリリース:WA法は脱炭素化とよりクリーンなエネルギーを奨励する
No.1729ハイデルベルクセメント、スペインでノイクリセム炭素捕獲・貯蔵プロジェクトを開始
No.1730サントスは、バユウンダンCCSプロジェクトはFEEDフェーズに入ると言います
No.1731農地の移転は二酸化炭素排出量で20年を引き返す可能性がある、と科学者は言う
No.1732低排出トラックとセメントのための州補助金の別の$15M
No.1733グリーンエネルギー:WA Govt法案は、炭素捕獲と貯蔵への投資を約束します。これがワックな理由です
No.1734は地熱資源をスクリーニングするための新しいマルチクライアント研究を提供します
No.1735ハイパースペクトルセンシング、AI舗装路による土壌炭素モニタリング
No.1736メディアリリース:炭素捕獲作付面積リリースにおける石油・ガス部門からの「強い関心」
No.1737ノーザンライツの液体CO2キャリアに電力を供給するMANエンジン
No.1738マレーシア中期ガス見通しは依然として強気:フィッチ
No.1739WA、資源セクターの炭素法を策定

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.03.04)

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

今週は、CRFの研究助成で採択された北里大学/安元先生(共同実施者:東京大学、出光興産、日本海水)が実施されている「海水と生体アミンを用いた CO2鉱物化法の研究開発」NEDO事業へ採択されるという嬉しいニュースもありました。

CRFは引き続き、研究助成活動等を通して、カーボンリサイクル技術の社会実装を後押ししていく所存です。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

以下の会員専用ページでも添付のエクセルファイルをダウンロード頂けます。

<会員専用サイト>

http://carbon-recycling-fund.developweb.biz/members-page/document/

ID: crf_members

パスワード: xAX2HHLGa8hW

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Marquis in Hennepin announced 873-acre expansion

オンサイトのCCS施設を備えた低炭素及びゼロカーボン水素ハブの敷地拡張

https://www.shawlocal.com/news-tribune/news/local/2022/02/26/marquis-in-hennepin-announced-873-acre-expansion/

 

(2)Exxon To Expand LaBarge CCS Facility In Wyoming

エクソン、ワイオミング州のラバージCCS施設を拡張

https://www.rigzone.com/news/exxon_to_expand_labarge_ccs_facility_in_wyoming-28-feb-2022-168079-article/?rss=true

 

(3)Century Aluminum and Ocean GeoLoop Partner on Carbon Capture Technology to Help with Goal of Carbon Neutral Aluminum Production

アルミ生産工場での炭素捕獲技術の提携

https://www.globenewswire.com/news-release/2022/02/28/2393529/0/en/Century-Aluminum-and-Ocean-GeoLoop-Partner-on-Carbon-Capture-Technology-to-Help-with-Goal-of-Carbon-Neutral-Aluminum-Production.html

 

(4)エア・ウォーターと三井物産、北米での産業ガス事業拡大の戦略的提携に合意(米国)

https://news.infoseek.co.jp/article/jetro_7ba75cf368b0c2ef/

 

(5)Santos joins Korean partners in CCS

サントスは、SK E&S、K-CCUS協会、CO2CRC、韓国貿易保険公社と共に、東ティモールのバユウンダンを含むオーストラリアと地域の二酸化炭素(CO2)貯蔵施設の開発を支援し、協力するためにMoUに署名

https://www.miningweekly.com/article/santos-joins-korean-partners-in-ccs-2022-03-01

 

(6)「海水と生体アミンを用いた CO2鉱物化法の研究開発」が NEDO の研究開発委託事業に採択されました

21年度採択したCRF研究助成(北里大学、東京大学、出光興産、日本海水)のテーマがNEDOプロジェクトに採択

https://www.idemitsu.com/jp/content/100039025.pdf

 

(7)Continental Resources invests in Summit Carbon Solutions

コンチネンタル・リソーシズ社からサミット・カーボン・ソリューションズへ2億5千万ドルの投資。アイオワ州等のエタノール工場やその他の工場のCO2を回収、パイプラインで輸送しノースダコタ州で貯留年800万トン

https://ethanolproducer.com/articles/19042/continental-resources-invests-in-summit-carbon-solutions

 

(8)Talos, Howard Energy To Pursue CCS Project In Port Of Corpus Christi

石油・ガス会社Talosとハワード・エナジー・パートナーズは、米国最大の港の1つであるコーパスクリスティ港での商業CCSを追求

https://www.rigzone.com/news/talos_howard_energy_to_pursue_ccs_project_in_port_of_corpus_christi-02-mar-2022-168100-article/

 

(9)このダイヤモンド会社は、炭素捕獲を支援したいと考えています

空気中から回収したCO2で人工ダイヤモンドを作るスタートアップAether(Webサイト:https://aetherdiamonds.com/)の紹介。1800万ドルを資金調達ラウンドで調達。

https://www.theverge.com/2022/3/2/22951332/aether-diamonds-carbon-capture-air-climate-change

 

 

 

No.1613砂質土壌中の綿の炭素貯蔵を最大化に専門家は援助する
No.1614ウクライナ戦争が緩和を懸念するエネルギー — エネルギーラウンドアップ
No.1615ヒューストンのドリルクイップ、炭素捕獲プロジェクトに関するAkerソリューションと提携
No.1616シェブロン、カリフォルニア州で炭素捕獲パイロットを新たな投資で開発
No.1617石油・ガス事業者にCCS地下インサイトをもたらす
No.1618カリフォルニア州の資源が州の野心的な気候目標とどのように一致しているか
No.1619キャピタルパワーレポート2021年第4四半期と年末の結果
No.1620シェブロン、カーボンキャプチャ技術のグローバルリーダーに投資
No.1621エアロボーンがWCAに加入
No.1622タロスは、EnLinkとルイジアナCCSプロジェクト、ナブCO2輸送協定を構築するために見えます
No.1623ヒッケンルーパーは、パルチザン上院でセンターパスを選択し、マールは、実行を繰り返します
No.1624男(代替)肉を養う:私たちの将来の食事を予測する25歳
No.1625オハイオバレーCO2ハブの米国エネルギー概念省は拒否されるべきである
No.1626ヘネピンのマーキスは873エーカーの拡張を発表しました
No.1627マーキス工業団地、873エーカーの水素ハブ拡張を発表
No.1628エクソンモービル、ワイオミング州の施設で炭素捕獲と貯蔵を拡大
No.1629提案された中央アルバータ州の炭素捕獲プロジェクトの利点
No.1630「飛躍する前に見てください」:欧州科学アカデミー、炭素捕獲と貯蔵を伴うバイオエネルギーの補助金に対する注意
No.1631オピニオン:再生可能燃料とアイオワ州は20年間で長い道のりを歩んできた
No.1632シェブロンはエイムズに拠点を置くバイオディーゼル会社再生可能エネルギーグループを31億5000万ドルで買収する計画
No.1633エクソン、ワイオミング州のラバージCCS施設を拡張
No.1634CCSは、オンボードカーボンキャプチャおよびストレージシステムのAIPを発行します
No.1635タロスエネルギー、複数の炭素捕獲プロジェクトの承認を求める
No.1636センチュリーアルミニウムと海洋ジオループ、カーボン・ニュートラル・アルミ生産の目標を支援する炭素捕獲技術に関するパートナー
No.1637サントスとSK、オーストラリアでCCSプロジェクトに取り組む
No.1638気候変動は将来のイノベーションを待つ必要はありません – 私たちは今行動が必要です
No.1639ウェストバージニア州のオフィシャルアイ水素ハブ
No.1640ノースダコタ州の石油井戸に向かうカーボンパイプライン?サミットは「ノー」と言うが、懐疑的な見方は残る
No.1641新しいレポートは、カーボンキャプチャ&ストレージサプライチェーンに緊急の行動を推奨します
No.1642企業のカーボンニュートラル戦略は、企業のための新しい収益源を作成するために設定
No.1643海王星エネルギー目標2030年、排出する炭素数よりも多くの炭素を貯蔵
No.1644エア・ウォーターと三井物産、北米での産業ガス事業拡大の戦略的提携に合意(米国)
No.1645MHIENGは、2021年の優れたエネルギー効率と脱炭素化産業機械&システムの中で最高賞を受賞
No.1646Aemetis、15億ドルの収益を目標とする5カ年計画を発表
No.1647オイレックスは、英国の炭素捕獲と貯蔵プロジェクトのライセンスを待っています
No.1648中国のハイテク大手はカーボンニュートラルを達成するために努力する
No.1649サントス、CCSの韓国のパートナーに加わる
No.1650シェブロンはエイムズに拠点を置くバイオディーゼル会社再生可能エネルギーグループを31億5000万ドルで買収する計画
No.1651「海水と生体アミンを用いた CO2鉱物化法の研究開発」が NEDO の研究開発委託事業に採択されました
No.1652大陸資源がサミット・カーボン・ソリューションズに投資
No.1653ネプチューン・エナジー、2030年までに炭素否定性を目指す
No.1654自然との「より思いやりのある、思慮深い」関係を推し進める:国連長官
No.1655世界湿地の日:自然は私たちがより多くのことをする必要があります
No.1656石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1657MAN、水素製造子会社に最大500百万ユーロを投資
No.1658大陸資源、2億5,000万ドルの投資で炭素捕獲スペースに参入
No.1659NTECはエンチャント・エナジーに投資し、同社の取締役会の席にもなります
No.1660APPA、エネルギー政策に関するリーダーシップをマンチン上院議員に称える
No.1661石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1662エクソン、ベイタウンの水素プラントとCCS施設を計画
No.1663タロス、ハワード・エナジー、コーパス・クリスティ港でCCSプロジェクトを追求
No.1664石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1665高エネルギー価格の不安定化の影響。
No.1666エクソンモービルは、ベイタウン複合施設で水素生産、炭素捕獲、貯蔵を計画しています。青水素1B cfd
No.1667PCAは、脱炭素化技術を加速するための強力な連邦支援を要請する
No.1668ポートランドセメント協会は、産業脱炭素化技術をサポートするために米国政府にロビー活動を行います
No.1669エクソン、ヒューストン近郊で大規模な水素、炭素捕獲、貯蔵工場を計画
No.1670オピニオン:アイオワ州、炭素を捕獲するより良い方法で私たちのルーツに戻りましょう
No.1671このダイヤモンド会社は、炭素捕獲を支援したいと考えています
No.1672直接空気捕獲の発明者との質疑
No.1673シンガポールとノルウェー – 環境のために協力
No.1674海王星は、2030年までに排出されるCO2よりも多くを貯蔵するために「ネットゼロを超えて」行く
No.1675英国を作る – 新しいレポートは、カーボンキャプチャ&ストレージサプライチェーンに関する緊急の行動を推奨します
No.1676石油掘削機、中西部向け炭素捕獲パイプラインに投資
No.1677シェブロンは、エイムズに拠点を置く再生可能エネルギーグループの「明るい未来」をバイオ燃料本部と見なしている
No.1678サミット・カーボン・ソリューションズ・ミネソタ・Ag・コネクションに2億5,000万ドルを投資するコンチネンタル・リソース
No.1679科学アカデミー、二酸化炭素排出行動計画を開始
No.16802030年までに排出されるCO2よりも多くのCO2を貯蔵することを目指す海王星
No.1681NTECはエンチャント・エナジーに投資し、同社の取締役会の席にもなります
No.1682オキシのHollubは、2022年に生産を維持するために必要なより多くの資本を言います
No.1683現在進行中の世界最大の炭素捕獲・隔離プロジェクト
No.1684排出管理:エクソンモービルの炭素捕獲および貯蔵プロジェクトは一貫して目標を達成できない
No.1685IのUは、土壌炭素監視ハイテクを取ります
No.1686エクソンモービル、ベイタウン・コンプレックスで水素生産、炭素回収、貯蔵を計画

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.02.25)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)New CEQ Guidance Promotes “Responsible Deployment” of Carbon Capture, Utilization and Sequestration

新しいCEQガイダンスは、炭素捕獲、利用、隔離の「責任ある展開」を促進する

https://www.jdsupra.com/legalnews/new-ceq-guidance-promotes-responsible-8937877/

 

(2)Japan and Indonesia partner for CCUS development

丸紅はインドネシアのNOCペルタマイナと脱炭素化プロジェクトを開発するためにMoUに署名

https://theenergyyear.com/news/japan-and-indonesia-partner-for-ccus-development/

 

(3)New project is looking at carbon capture to make the cement industry climate-neutral

セメント産業から排出されるCO2を回収して、化学品を生産するプロジェクト

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/02/20/new-project-is-looking-at-carbon-capture-to-make-the-cement-industry-climate-neutral/

 

(4)‘GAME-CHANGING’ TECH CAN EXTRACT 99% OF CARBON DIOXIDE DIRECTLY FROM THE AIR

デラウェア大学/燃料電池システムを応用した新しいDACシステムの提案

https://www.impactlab.com/2022/02/17/game-changing-tech-can-extract-99-of-carbon-dioxide-directly-from-the-air/#more-159119

 

(5)DOE: $150M for Chemical and Materials Science to Cut Climate Impacts of Energy Technologies and Manufacturing

水素、CCUS等に対する化学・材料の研究に1億5千万ドルの資金

https://insidehpc.com/2022/02/doe-150m-for-chemical-and-materials-science-to-cut-climate-impacts-of-energy-technologies-and-manufacturing/

 

(6)LanzaTech, Northwestern and ORNL researchers develop tech producing chemicals from carbon emissions

ランザテック:基礎化学品であるアセトン、イソプロパノールを合成する技術を開発

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/02/22/lanzatech-northwestern-and-ornl-researchers-develop-tech-producing-chemicals-from-carbon-emissions/

 

(7)Solvang and Wartsila to Test Carbon Capture on Ethylene Carrier

エチレン輸送船にCCSを搭載し実証

https://www.maritime-executive.com/article/solvang-and-wartsila-to-test-carbon-capture-on-ethylene-carrier

 

(8)Nanjing Kisen International Engineering to implement Delta CleanTech’s carbon capture and storage technology at two CNBM cement plants

中国国家建築材料(CNBM)セメント工場へCCSを導入。カナダに拠点を持つInternational CCS Knowledge Centreとも協業し、パイロット設備(約150kg/day)を21年7月に稼働。

https://www.globalcement.com/news/item/13732-nanjing-kisen-international-engineering-to-implement-delta-cleantech-s-carbon-capture-and-storage-technology-at-two-china-national-building-material-cement-plants

 

(9)In startup Verdox, carbon capture meets electrification

MIT発のスタートアップ、電気化学的な手法でDACを行う。(熱は必要としない)、アルミニウムメーカーのNorsk Hydroから2000万ドルの投資を受け、VCからも8000万ドルの投資を受ける

https://www.greenbiz.com/article/startup-verdox-carbon-capture-meets-electrification

 

(10)ごみ焼却設備からのCO2分離、回収、有効利用に関する実証試験を開始

ごみ焼却場からのCO2回収で三菱重工、横浜市、東京ガスが協業

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000337.000025611.html

 

No.1561エネルギー転換における原子力の役割は、米国、ドイツを分断する
No.1562ドリュー・リグレーが新しい仕事について語り、ジェームズ・レイマン商務委員がカーボンキャプチャを語る
No.1563炭素を転用する技術の見直しは、最もパリ協定に対応していないことを発見
No.1564新しいCEQガイダンスは、炭素捕獲、利用、隔離の「責任ある展開」を促進する
No.1565FFIとウッドサイドは、大規模なNZグリーン水素プロジェクトのためにリストアップ
No.1566カーボンキャプチャ技術が間違った方向に進んでいる
No.1567新たな機会でNAPEサミットのリターンが話題
No.1568廃棄物からのエネルギー 2022, 9 – 10 3月 2022, ロンドン
No.1569カーボンキャプチャーとノーザンライツJVは、完全なバリューチェーン製品を通じて炭素捕獲および貯蔵市場の加速に協力する
No.1570米国エネルギー省、次世代のクリーンエネルギーイノベーターを育成するための600万ドルの投資を発表
No.1571重要な水素プログラムの導入に向けて前進するDOE:公共のインプットを求める
No.1572ABS:水素とCCのサポートはエネルギー転換に不可欠
No.1573インドは2030年までに年間500万トンのグリーン水素生産量を想定
No.1574日本とインドネシアのCCUS開発パートナー
No.1575FRBは、炭素捕獲技術、パイプラインのためのインフラ資金で$12.1億を展開します
No.1576新しいプロジェクトは、セメント産業を気候中立にするための炭素捕獲を検討しています
No.1577FuelCell Energy、カナダの再生可能エネルギープロジェクトに6.8Mドルの賞を授与
No.1578バイオエネルギー、炭素捕獲はGHG削減戦略の鍵:レポート
No.1579「ゲームを変える」技術は、空気から直接二酸化炭素の99%を抽出することができます
No.1580CGGはCMC主導のCCUS研究に参加
No.1581AkerソリューションとドリルクイップがCCUSコラボレーション契約を発表
No.1582ターナー&タウンゼントがランコーンカーボンキャプチャの役割を獲得
No.1583アンドレス・フェルナンデス、WSP米国水素エネルギー事業を率いる
No.1584よりクリーンなエネルギーの将来におけるガスの役割は、SA州の世論調査で認識されなければならない
No.1585イスラエルのデレク掘削は名前を変更します。株式新戦略計画
No.1586DOE:化学・材料科学に150百万ドル、エネルギー技術と製造の気候影響を削減
No.1587ランザテック、ノースウェスタン、ORNLの研究者が二酸化炭素排出量から化学物質を生産する技術を開発
No.1588リライアンス・インダストリーズは世界最大級の青水素生産国となる計画 – EQ Mag Pro
No.1589カタールは低炭素エネルギーへの移行を支援することに引き続きコミットしている:アミール
No.1590航空製品・化学品:大きな上振れポテンシャルを持つ配当スワン
No.1591Akerソリューション、Dril-QuipチームがCCUSプロジェクト用の海底インジェクションシステムを提供
No.1592セムコ海事は、タイラ、緑の人と仕事のために200人以上の人々を募集しようとしています
No.159399郡は、肉市場のための再生農業の傾向をタップします
No.1594MMEXリソース株式会社、炭素捕獲による太陽光発電ウルトラクリーン精製複合体の建設に関するTCEQ許可を受ける
No.1595DOEは、脱炭素化、汚染改善の取り組みのために学生を訓練することを目指しています
No.1596炭素支払いは森林保護プログラムにおいて極めて重要な役割を果たす
No.1597ノルスクハイドロは、米国の炭素捕獲会社ヴェルドックスに株式を取得します
No.1598ソルバングとワルチラ、エチレンキャリアでカーボンキャプチャをテスト
No.1599エイカーソリューションズ、ドリルクイップペンCCUSコラボレーション契約
No.1600CCUS~「CO2」キャプチャ&ユース&ストレージは実用的で、Expen$ive
No.1601省は、太陽電池、次世代電池、炭素捕獲・貯蔵などのクリーンエネルギー技術を進めるためのエネルギー技術と製造
化学・材料科学研究の気候影響を減らすために1億5,000万ドルを発表
No.1602N. アメリカの古いパイプラインは、気候プッシュで炭素を動かす新しい生命を求める
No.1603南京キセン国際エンジニアリング、デルタクリーンテックの炭素捕獲・貯蔵技術を2つのCNBMセメント工場に導入
No.1604スタートアップVerdoxでは、炭素捕獲は電化を満たす
No.1605ナイジェリアの石油資源大臣は、世界のエネルギー市場の課題への新しいアプローチを求める
No.1606ガス駆動の芝生装置の販売は、民主党の最新の気候法案の下でコロラド州の一部で禁止されます
No.1607ターナー&タウンゼントがランコーンカーボンキャプチャの役割を獲得
No.1608炭素捕獲プロジェクトによる地域の利益
No.1609AECOMとFMISは、アルバータ州北部のエンジニアリング、環境、および水サービスのためのエネルギーハブを作成する合意を発表しました
No.1610バイデン政権、クリーン製造を奨励する新たなイニシアチブを発表
No.1611ごみ焼却設備からのCO2分離、回収、有効利用に関する実証試験を開始
No.1612プロジェクトは排出量の見積もりを吹き飛ばす:レポート

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.02.18)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

主要なニュースは今週のトピックスとしてに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)ランザジェット、マーキスSAFと提携し、120Mガロン統合燃料施設を建設

オンサイトの炭素捕獲と再エネを利用したSAF生産プラントの建設

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/02/10/lanzajet-teams-with-marquis-saf-to-build-120m-gallon-integrated-fuels-facility/

(2)IFC、世界銀行、ナイジェリアが国内炭素貯蔵への道を開く

ナイジェリア:炭素捕獲、利用、貯蔵の国内市場の開発

https://www.nigeriacommunicationsweek.com.ng/ifc-world-bank-to-help-nigeria-pave-the-way-for-domestic-carbon-storage/

(3)水素流:水素貯蔵を改善する新しい脱水素プロセス

通常の大気条件下で水素貯蔵材料から水素を抽出する金属フリー触媒 その他技術

https://www.pv-magazine.com/2022/02/11/the-hydrogen-stream-new-dehydrogenation-process-to-improve-hydrogen-storage/

(4)リオティントは、炭素鉱物化技術への新しいアプローチを探求するためにチームを組み立てます

鉱物化による炭素貯蔵プロジェクトへ220万ドルの研究開発金授与

https://www.miningweekly.com/article/rio-tinto-assembles-team-to-explore-new-approaches-to-carbon-mineralisation-2022-02-14/rep_id:3650

(5)日本製鉄 大型洋上浮遊式CO2回収貯留ハブ・プロジェクトCStore1へのCO2回収・液化・海上輸送に関する共同スタディ契約の締結について

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/910426

(6)米国エネルギー省がGE主導の炭素捕獲技術統合プロジェクトに570万ドルを授与し、炭素排出量の95%削減を目指す

DOEは、GEらのアラバマ州のコンバインドサイクル発電でのCCSのFSに570万ドルを助成、BASFのCO2回収技術を適用

https://www.webwire.com/ViewPressRel.asp?aId=285302

(7)三井物産、ロシアでCCS適地調査/ガスプロム子会社と協業

https://www.denkishimbun.com/archives/182659

(8)ビル・ゲイツのVC投資会社が熱エネルギー貯蔵スタートアップへの5000万米ドルの注入をリード

蓄熱スタートアップのアントラ・エナジーは、ビル・ゲイツのブレイクスルー・エナジー・ベンチャーズを含む投資会社のグループから5,000万米ドルを調達/炭素の熱ブロックに吸収する技術

https://www.energy-storage.news/bill-gates-vc-investment-firm-leads-us50m-injection-into-thermal-energy-storage-startup/

(9)ターナー&タウンゼントがランコーンカーボンキャプチャの役割を獲得

英国/ごみ焼却炉からのCO2分離回収

https://www.theconstructionindex.co.uk/news/view/turner-townsend-wins-runcorn-carbon-capture-role

(10)DOE、次世代のクリーンエネルギーイノベーターを育成するための600万ドルの投資を発表

石炭やCCUSに関する若手研究者らを支援

https://www.energy.gov/articles/doe-announces-6-million-investment-train-next-generation-clean-energy-innovators

 

No.1487炭素貯蔵の計算
No.1488マッキンゼーが「脱炭素ロードマップ」、太陽光192GW、蓄電池50GWに
No.1489ウイスキーベントと(水素)結合 – スコッチウイスキー産業の脱炭素化
No.1490ランザジェット、マーキスSAFと提携し、120Mガロン統合燃料施設を建設
No.1491デビッド・スズキ:炭素捕獲は気候危機の解決に役立つだろうか?
No.1492成長エネルギーは、2022年エグゼクティブリーダーシップ会議を開始します
No.1493エッサー、英国初の製油所ベースの水素炉を建設
No.1494ペトロナス、液化CO2輸送で三井物産と提携
No.1495マルタ大学、海洋エネルギー貯蔵開発におけるCO2の役割を研究
No.1496環境団体、炭素捕獲のための資金調達に反対、青い水素スキーム
No.1497サウスダコタ州でのサミット・カーボン・ソリューションズの進出
No.1498Eni UK:HyNet北西部プロジェクト内の炭素、捕獲、貯蔵に署名された19の覚書(Mou)で英国の脱炭素化プロセスの大きなブレークスルーを達成しました
No.1499化石燃料産業は、その資産を節約するために炭素捕獲とバイオエネルギーに頼ることはできません – EQ Mag Pro
No.1500炭素貯蔵の計算:研究者は安全で効果的な炭素捕獲および貯蔵のための要因を特定する
No.1501オイルサンド生産が成長を牽引する中、セノバス・アイズCCUSの機会
No.1502MHAネイション、グレートプレーンズ水素ハブに天然ガスを供給するパートナー
No.1503ハンバーゼロカンソルブ温室効果ガス排出量
No.1504IFC、世界銀行、ナイジェリアが国内炭素貯蔵への道を開く
No.1505スンドレ評議会、炭素捕獲プロジェクトを支援
No.1506アンドレス・フェルナンデス、WSP米国の水素エネルギー事業を率いる
No.1507英国のバイオマスエネルギー増加計画は超リスク
No.1508炭素捕獲から進む時間
No.1509水素流:水素貯蔵を改善する新しい脱水素プロセス
No.1510発電所からのCO2排出量を削減する必要性の高まりが、炭素捕獲、利用、および貯蔵システムの需要を促進する
No.1511ランザジェット、マーキスSAFパートナー、統合された持続可能な燃料プラントを建設
No.1512成長分野で最大38億ドルをスプラッシュするInpex
No.1513直接空気捕獲と気候長いゲーム
No.1514テキサス大学の科学者は、炭素の効果的な捕獲と貯蔵のための要因を強調
No.1515ランザジェットとマーキス持続可能な航空燃料(SAF)、イリノイ州に120mgpyアルコール対ジェット工場を建設
No.1516サウスダコタ州サミットカーボンソリューションズアドバンス
No.1517TCN は、古い送信変電所のデジタル化を開始します。
No.1518【イギリス】Eni、廃石油ガス層でのCCSでMOU19本締結。ランカシャー工業地帯でブルー水素
No.1519カーボンキャプチャを受け入れましょう
No.1520地下への二酸化炭素貯蔵のアイデアが割れている – それは実際に良いです
No.1521アナリストは、パイロットは現在の市場価値の5倍の価値があると言います
No.1522議会公聴会で宣伝された水素のクリーンエネルギーポテンシャル
No.1523社説:エタノールはアイオワ州経済にとって恩恵となっている。しかし、ピボットして次に何が起こるかを把握する時が来たのです
No.1524法案はCO2貯蔵責任をワイオミング州に移し、炭素捕獲を強制する
No.1525ESG鉱業ストックニュース:タロンメタルズ(TSX:TLO)(OTCピンク:TLOFF)は、米国エネルギー省による気候イノベーション資金に選ばれたタマラックニッケルプロジェクトを発表
No.1526炭素捕獲の展開を支援する契約
No.1527TVAは、革新的な技術を探求する核開発を承認します
No.1528アカー・ホライズンズASA:2021年第4四半期決算
No.1529リオティントは、炭素鉱物化技術への新しいアプローチを探求するためにチームを組み立てます
No.1530CO2保管プロジェクト:ベストプラクティスとサイトスクリーニングのヒント
No.1531炭素捕獲は気候変動との闘いに対する技術の答え
No.1532オクラホマ州議会で導入された炭素捕獲措置
No.1533財務省(カナダ)は、重要な税法の草案を発表します
No.1534カナダは炭素を捕獲しようとするのではなく、削減する必要がある
No.1535オランダ、ベルギー、ノルトライン=ヴェストファーレン州の地域CO2インフラ戦略に対する共同行動要請
No.1536テイラーと部門は、グラスゴーでのオーストラリアのパビリオンでCCSを促進するためにサントスを招待しました
No.1537日本製鉄 大型洋上浮遊式CO2回収貯留ハブ・プロジェクトCStore1へのCO2回収・液化・海上輸送に関する共同スタディ契約の締結について
No.1538バイデンは、産業、気候の遅れ、脱炭素化を迫る
No.1539リオティントは$2.2 M DOE資金でミネソタ鉱山での炭素捕獲を探ります
No.1540ASXグリーンエネルギー株:リオティントは岩に二酸化炭素排出量を保存したいです
No.1541私たちは、それをキャプチャしようとする詐欺のために落ちない、カーボンをカットする必要があります
No.1542炭素指標として遺伝学を検討する土壌衛生研究所
No.1543DOEは、タマラックニッケルプロジェクトで炭素鉱物化を探求するためにリオティント主導のチームに$2.2Mを授与します
No.1544米国エネルギー省がGE主導の炭素捕獲技術統合プロジェクトに570万ドルを授与し、炭素排出量の95%削減を目指す
No.1545三井物産、ロシアでCCS適地調査/ガスプロム子会社と協業
No.1546ヴェロシーズ、英国のCCUSパートナーシップに参加
No.1547NABのパイロットは、農家を支援するためのプロジェクト
No.1548クリーン水素の未来に向けての課題を強調するレポート
No.1549世界湿地の日:自然は私たちがより多くのことをする必要があります
No.1550ビル・ゲイツのVC投資会社が熱エネルギー貯蔵スタートアップへの5000万米ドルの注入をリード
No.1551ターナー&タウンゼントがランコーンカーボンキャプチャの役割を獲得
No.1552CCSピックアップへの関心:エイカーカーボンキャプチャ、オーロラJVパートナーアップ
No.1553ヴィルヘルムセン、リーチ海底の株式を取得
No.1554DOE、次世代のクリーンエネルギーイノベーターを育成するための600万ドルの投資を発表
No.1555フリーポートLNG、LNGバンカー事業への参入を計画
No.1556GOP上院議員は、エネルギープロジェクトの遅れをめぐってバイデンEPA候補者をブロックします
No.1557米国上院議員、炭素捕獲をめぐってバイデンEPA候補者をブロック
No.1558炭素捕獲注入は有望なステップを井戸
No.1559政府がCCSで企業を誘惑する方法:炭素捕獲と貯蔵
No.1560Akerカーボンキャプチャ、オーロラはカーボンキャプチャでチームを組む

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.02.10)

主要なニュースは今週のトピックスとして記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければと思います。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)UD team devises CO2 direct air capture device powered by hydrogen for HEMFCs

水酸化物交換膜燃料電池を利用したDAC技術の開発

https://www.greencarcongress.com/2022/02/20220204-ud.html

(2)Up to 3.75m tonnes of carbon secured in rehabilitated Offaly bogs

泥炭地の復元プロジェクトによる炭素貯蔵

https://www.offalyindependent.ie/2022/02/06/up-to-3-75m-tonnes-of-carbon-secured-in-rehabilitated-offaly-bogs/

(3)Air Liquide, Pertamina partner to decarbonize operations in Indonesia

エアリキッドとインドネシアとペルタミナは、活動を脱炭素化するための長期的なパートナーシップの可能性を探るために共同研究活動

https://www.petrolplaza.com/news/29182

(4)Aker, Dan-Unity join forces for maritime CO2 transport

ノルウェーのAkerカーボンキャプチャーとデンマークのダン・ユニティCO2は、CCUSバリューチェーンの確立を目指して、柔軟なCO2輸送ソリューションの開発に関するコラボレーション契約を締結

https://www.offshore-energy.biz/aker-dan-unity-join-forces-for-maritime-co2-transport/

(5)PETRONAS COLLABORATES WITH MITSUI O.S.K. LINES ON LIQUEFIED CO2 TRANSPORTATION FOR CARBON CAPTURE, UTILISATION AND STORAGE VALUE CHAIN

商船三井は、マレーシアの国営石油会社ペトロナスとの間で二酸化炭素(CO2)の回収・有効利用・貯留(CCUS)に関する事業で協力する覚書を締結

http://mrem.bernama.com/viewsm.php?idm=42361

(6)ASX Green Energy Stocks: Santos embarks on decarbonisation path with booking of CO2 storage capacity

サントスは、南オーストラリアのムーバーCCSプロジェクトで1億トンのCO2貯留を予約

https://stockhead.com.au/energy/asx-green-energy-stocks-santos-embarks-on-decarbonisation-path-with-booking-of-co2-storage-capacity/

(7)Eni: UK industry shows outstanding interest in CO2 capture & storage project

イタリアの石油・ガス会社Eniは、英国のHyNet North Westプロジェクト内の炭素、捕獲、貯蔵に関する19の覚書(Mou)に署名

https://www.offshore-energy.biz/eni-uk-industry-shows-outstanding-interest-in-co2-capture-storage-project/

 

No.1439グリーンエネルギー:グレートプレーンズ研究所は、水素と炭素管理ハブのための米国全体の14の場所を特定します
No.1440気候の戦いに遅れて、ヒューストンは戦略を変更し、ペースを遅くすることを目指しています
No.1441国際エネルギー企業エクノイアが水素安全センターに加盟
No.1442ファースト・ネイション・キャピタル・インベストメント・パートナーシップはエンブリッジと協力してCO2貯蔵ソリューション
を進める
No.1443UDチームは、HEMFC用水素を搭載したCO2直接空気捕捉装置を考案
No.1444エンブリッジ、アルバータ・ファースト・ネーションズと炭素捕獲プロジェクトで提携
No.1445グリーン水素の混乱:世界のエネルギーを再構築するために各国、企業、投資家が何をしているか
No.1446エア・プロダクツ・アンド・ケミカルズ(APD)CEO、2022年第1四半期の結果 – 収益コールトランスクリプト
No.1447エア・リキード、米国で最大のバイオメタン生産ユニットを建設
No.1448三菱、三井はウッドサイドとBPとの炭素貯留を注視する
No.1449世界湿地の日:自然は私たちがより多くのことをする必要があります
No.1450リハビリテーションされたオフバリー泥沼で確保された最大3.75mトンの炭素
No.1451エバーガスとナビゲーターの合弁チーム、CO2出荷に関するAkerカーボンキャプチャーとの共同事業
No.1452炭素捕獲プロジェクトは連邦政府の支援を受ける
No.1453エアリキード、米国のバイオメタン生産ユニットを建設
No.1454エア・リキー、ペルタミーナのパートナー、インドネシアでの事業を脱炭素化
No.1455バイデン政権は、気候の戦いにおける重要なツールとして炭素捕獲を見ている
No.1456CGGはCMC主導のCCUS研究に参加
No.1457炭素パイプラインの提案は、潜在的な土地の押収に対する反発を引き起こす
No.1458英国の石油・ガス産業は北海移行協定で大きな進歩を遂げる、とOGUKは言う
No.1459エイカー、ダン・ユニティは海上CO2輸送のために力を合わせる
No.1460USDA、ノーティルを含む気候資金に10億ドルを費やす
No.1461CO2は地中に埋めよ! 脱炭素の隠れた切り札「CCS」関連株が本領発揮へ <株探トップ特集>
No.1462木は私たちの気候の鍵です
No.1463気候専門家は、炭素捕獲、自然ベースのソリューションに関するビッグオイルの嘘を否定する
No.1464ペトロナス、液化CO2輸送の三井O.S.K.ラインと協力し、炭素捕獲、利用、貯蔵バリューチェーン
No.1465ASXグリーンエネルギー株:サントスはCO2貯蔵容量の予約で脱炭素化経路に乗り出す
No.1466木の果樹農場の炭素捕獲クレジットを検討する
No.1467英国の石油・ガス産業貿易機関は、低炭素エネルギー生産を含むように拡大
No.1468リソースパートナーズL.Pは、アラバマ湾岸の世界クラスのCO2隔離ハブの開発のためのデンベリー
No.1469サントス「書籍」最初の炭素貯蔵
No.1470アイオワ州民主党、大規模家畜給餌事業の建設を阻止する5回目の入札
No.1471エネルギー転換-未来を変革する、今日
No.1472オピニオン:カナダは炭素を削減する必要がある、それを捕獲しようとするのではない
No.1473ジェネシス・システムズ、米国の持続可能な水技術スタートアップをリードし、X-PRIZEのグローバル・ウォーター賞共同創設者が率いる早期ラウンドで資金調達記録を破る
No.1474欧州委員会のガスへの緑のうなずきは、エネルギー移行の議論を支配する
No.1475SSEは1.5Cの排出目標をネットゼロに設定するが、ガスによる利益予測を引き上げる
No.1476バカルディ、CHPプラントで排出フットプリントを削減
No.1477オピニオン:カナダは炭素を削減する必要がある、それを捕獲しようとするのではない
No.1478ノーセムのブレヴィックCCSプロジェクトに高い関心が残る
No.1479オーストラリアで唯一の大規模CCSプロジェクトは、最初の通年で半分の容量で運営
No.1480ノースダコタ州の水素ハブ開発者が天然ガス供給に関するMHAネイションと契約を締結
No.1481ペトロナス、液化CO2輸送に関する三井O.S.K.ラインでMoUをインク
No.1482Eni:英国の産業は、CO2の捕獲&貯蔵プロジェクトに顕著な関心を示しています
No.1483ペトロナス、MOLサイン液化CO2出荷ノウ
No.1484サントス「書籍」初の炭素貯蔵能力
No.1485日本のインペックス、オーストラリアのガス田で炭素捕獲を先導
No.1486竹を植えることは気候変動に対処できる理由

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.02.04)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければと思います。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)Sinopec Completes China’s First Megaton Scale Carbon Capture Project

シノペック、中国初のメガトンスケール炭素捕獲プロジェクト

https://en.prnasia.com/releases/apac/sinopec-completes-china-s-first-megaton-scale-carbon-capture-project-350328.shtml

 

(2)Novel “artificial leaf” design ups the carbon capture rate by 100x

新しい人工葉システムによるCO2捕獲

https://newatlas.com/technology/novel-artificial-leaf-carbon-capture-rate-100x/

 

(3)Holcim and Eni explore breakthrough CCUS technology

オリビンにCO2を固定化して、グリーンセメントの原料として使用

https://www.agg-net.com/news/holcim-and-eni-explore-breakthrough-ccus-technology

 

(4)エネ庁、CCS工程表を初策定へ/30年度事業化へ支援

https://www.denkishimbun.com/archives/179491

 

(5)Ekona Power raises $79m to ramp up commercialization of hydrogen tech

カナダ/Ekona Power Inc/天然ガスから水素製造技術を開発(三井物産が出資)

https://biv.com/article/2022/02/ekona-power-raises-79m-ramp-commercialization-hydrogen-tech

 

(6)Coty kickstarts production of carbon-captured ethanol fragrances in Spain

CCUSで得られたエタノールからフレグランスを製造を開始

(グッチ、バーバリー、クロエ等のハイブランドも2023年頃、エタノールを代替品へ転換)

https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2022/02/01/Coty-carbon-captured-fragrance-production-starts-in-Spain-perfume-rollouts-due-in-coming-months?utm_source=RSS_Feed&utm_medium=RSS&utm_campaign=RSS

 

(7)豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産

オーストラリア沖でのCCSを検討(三菱商事、三井物産)

https://www.chunichi.co.jp/article/411656?rct=economics

 

(8)Japan to Build World’s First Liquified CO2 Carrier to Demonstrate CCS

三菱造船(三菱重工)、液化CO2輸送実証船の建造、2023年度就航予定

https://www.maritime-executive.com/article/japan-to-build-world-s-first-liquified-co2-carrier-to-demonstrate-ccs

 

(9)Game-Changing Technology to Remove Carbon Dioxide From Air

デラウェア大学/燃料電池システムを応用した新しいDACシステムの提案

https://www.newswise.com/articles/game-changing-technology-to-remove-carbon-dioxide-from-air

 

 

No.1376萩生田経産相がCCS視察 「世界のロールモデルに」
No.1377シノペック、中国初のメガトンスケール炭素捕獲プロジェクトを完了
No.1378新しい「人工葉」デザインは、炭素捕獲率を100倍にアップ
No.1379サムスン、LNG燃料船の炭素捕獲システムの承認を得る
No.1380ペトロファックCOOがOGUK理事会に参加
No.1381SSEサーマルとエクノイアは、画期的な政府の競争に2つの共同炭素捕獲プロジェクトを提出します
No.1382洋上風力発電所は空気から炭素を捕獲し、それを貯蔵することができる
No.1383BNEF:低炭素エネルギー転換への世界的な投資は2021年に755億ドルに達しました。2020年から27%増加。電化輸送は最も速く成長しました
No.1384ホルシムとエニは画期的なCCUS技術を探る
No.1385シェルは、世界最大の水素電解装置の一つが現在中国で稼働していると言います
No.1386リーハイセメントとエンブリッジ社、炭素貯蔵プロジェクトで協力
No.1387オーストラリアはCO2を排出しない燃料の最初のバッチを輸出したばかりです。ただ一つのキャッチがあります
No.1388シノペック、中国初のメガトンスケール炭素捕獲プロジェクトを完了
No.1389Sinopecが中国初のメガトン級炭素回収プロジェクトを完成
No.1390中国初のメガトン炭素捕獲プロジェクトを完了
No.1391炭素捕獲プロジェクトの税額控除は、より多くの二酸化炭素排出量を奨励するだけ
No.1392CCSがクリーンエネルギー移行の重要な部分になる理由
No.1393シュルンベルガー技術、オーロラのパフォーマンスを最適化
No.1394エネ庁、CCS工程表を初策定へ/30年度事業化へ支援
No.1395萩生田経産相、CCS技術は着実に実装/苫小牧の実証施設視察
No.1396CCSAはGEとドゥーサン・バブコックを最新メンバーとして歓迎
No.1397エグゼクティブQ&A:EORからCCUSへのデンベリーの道
No.1398リー・クリーク・エナジーは$2.6億の尿素プロジェクトの開発を進めています
No.1399今、水素と炭素捕獲プロジェクトが資金調達を求める中で作業が始まる
No.1400先住民連合は、アルバータ州の炭素捕獲複合体を構築するために石油大手に真っ向から立ち向かう
No.1401日本のジャペックス、マレーシアのペトロナスのCCSパートナー
No.1402英国の石油・ガス貿易機関は、ネットゼロの未来に向けたドライブを反映するために名前を変更
No.1403エイカー、アルテラ、ヘーグLNGがCCUSに参加
No.1404パイロット・エナジー、クリフ・ヘッド再生可能エネルギープロジェクトの完全な所有権を保持
No.1405石油・ガス英国、名称を「オフショアエネルギーセクターの統一声」に変更
No.1406エコーナパワーは、水素技術の商業化を強化するために$79mを調達します
No.1407ホールの下の道、パート5 – 45Q税額控除への提案された変更は、「より良いビルドバック」の敗北を生き残ることができる
No.1408企業がチームを組み、フルバリューチェーンCCUS製品を開発
No.1409エクソンモービルの再編、低炭素事業の地位を高める
No.1410サミットはパイプライン許可を求める
No.1411南オーストラリア州は地下石炭に火をつけようとしている、とそのグリーンエネルギーの信任状
No.1412サミットカーボンソリューションズ、CCSプロジェクトの進捗を発表
No.1413コティは、スペインで炭素捕獲エタノールの香りの生産を開始します
No.1414インダストリーボイス:炭素隔離モデリングに既存の地下データを活用する方法
No.1415英国の石油・ガス貿易機関、低炭素エネルギーへの進出拡大
No.1416グリーン水素投資は有望な英国のエネルギーソリューションとして牽引力を得る
No.1417炭素はまもなくイリノイ州のアンダーグラウンド・ロック
No.1418豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産
No.1419豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産
No.1420水素輸送は実行可能であることを証明するが、批評家はその「クリーンな」信任状をノックする
No.1421日本、世界初の液化CO2キャリアを構築し、CCSを実証
No.1422キナー、バッテル、アパラチア盆地の炭素捕獲、貯蔵の可能性を探る
No.1423三菱、CCUS向け世界第1のLCO2キャリアを構築
No.1424Kラインは、国際的なCCSシンクタンクに参加します
No.1425約20,000クロークパークは泥炭地の価値を投げる「リハビリ」
No.1426誓いASAは、年間50,000トンのバイオカーボンプラントへの技術供給の可能性を持つLOIを歌います
No.1427アライアンスは、ウェスタンPa.を水素生産と炭素貯蔵のハブにしたいと考えています。
No.1428空気から二酸化炭素を除去するゲームを変える技術
No.1429森林は、雲の数を増減させるか、または少なくてすむか。事によりけりです
No.1430イリノイ州は、米国最大のバイオメタンプラントの一つに家になります
No.1431排出ガス規制:世界のクリーンエネルギー移行は、2021年中に過去最高の7,550億ドルの投資を記録しました
No.1432日本のトレーダー三菱、三井マール炭素貯蔵プロジェクト
No.1433CCUSはまだSアフリカのために実行可能ではありません
No.1434韓国のスクラバーメーカーは、サムスンヘビーと提携して炭素捕獲システムを開発します
No.1435ヴェルドックス、8000万ドルの資金調達を確保
No.1436豪州沖でCO2貯留事業を検討 三菱商事と三井物産

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.01.28)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければと思います。

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)エア・リキットとペルタミナ、インドネシアで低炭素技術ソリューションを研究

インドネシア脱炭素技術に関するMOU

https://en.prnasia.com/releases/apac/air-liquide-and-pertamina-to-study-low-carbon-technology-solutions-in-indonesia-349511.shtml

(2)セミトラックのモバイルカーボンキャプチャーに関するレモラ・ベット

米国のスタートアップRemora、トラックからのCO2回収を実証を開始

https://www.treehugger.com/remora-mobile-carbon-capture-semitrucks-5216771

(3)アルバータ州、展開を加速するために炭素捕獲開発に3,000万ドルを発表

https://www.edmontonexaminer.com/news/local-news/alberta-announces-30-million-for-carbon-capture-development-to-speed-up-deployment-2

(4)サムスン重工業、オンボードカーボンキャプチャを開発

船舶用CCSをLNG輸送船へ搭載するため開発

http://www.koreaittimes.com/news/articleView.html?idxno=110899

(5)リーハイセメントとエンブリッジ、北米の炭素隔離ソリューションで協力

アルバータ州のセメント工場におけるCCUSの計画、年間400万トン回収、2025年稼働予定

https://www.heavyequipmentguide.ca/article/38046/lehigh-cement-and-enbridge-to-collaborate-on-north-american-carbon-sequestering-solution

(6)積み重ね可能な人工葉は、他のシステムよりも100倍多くの炭素を捕獲するために電球よりも少ない電力を使用します

イリノイ大学:炭酸塩によるCO2吸着を応用したCO2分離回収システムを開発

https://www.newswise.com/articles/stackable-artificial-leaf-uses-less-power-than-lightbulb-to-capture-100-times-more-carbon-than-other-systems

(7)スタートアップ:カーボンクエストが、ニューヨークの集合住宅へCCSを導入(LNG使用に起因するCO2を吸収)

https://www.spokanejournal.com/local-news/carbonquest-takes-its-technology-to-nyc/

 

No.1313専門家は、課題、気候変動に対処する機会を議論します
No.1314アルバータ州の炭素捕獲技術への投資は、支出に見合う価値がない、と環境グループは主張する
No.1315E3金属は、カーボンニュートラルの可能性としてアルバータ州の炭素隔離を調査します。
No.1316アルバータ州、展開を加速するために炭素捕獲開発に3,000万ドルを発表
No.1317炭素捕獲、貯蔵、利用のための地球科学の価値
No.1318グリーンクレデンシャルを高めるためにシェルによって賞賛された水素プロジェクトは、100万台以上の炭素を排出します
No.1319ヒューストンのGATEエナジーがE&Pオペレーターと共に主要なCCUSプロジェクトを受賞
No.1320ノースダコタ州が地下二酸化炭素貯蔵を承認により、プロジェクトツンドラが前進
No.1321測定された世界数少ない炭素捕獲プラントの効果
No.1322米国のカーボンハブ開発者であるCarbonvert Inc.は、参加条約シックスファースト・ネーションズとカナタ・クリーン・パワーと提携し、アルバータ州の公平な炭素隔離ハブ提案の要請に取り組む
No.1323PGSはノーザンライツ取引を確保
No.1324シェルの炭素捕獲プロジェクトは、それが隔離するよりも多くのGHGを放出する
No.1325セイモン、エネルギー移転の代替エネルギーグループに参加
No.1326ウォーレン・バフェットのミッドアメリカン・エナジーはアイオワ州で 39億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを計画
No.1327現在、14の大手企業がヒューストンCCSをサポート
No.1328インド、米国の専門家は、CCUSを使用して気候変動との闘いを議論します
No.1329専門家は、気候変動に対処するための炭素捕獲と利用ソリューションを議論します
No.1330シェルのアルバータ州の水素プラントは、捕獲よりも多くの二酸化炭素を排出する
No.1331シェルの大規模な炭素捕獲プラントは、捕獲以上のものを放出している
No.1332ブルームエネルギー:将来の水素プラットフォームリーダーの評価を買う
No.1333エア・リキットとペルタミナ、インドネシアで低炭素技術ソリューションを研究
No.1334日本製鉄、部材設計段階でのLCAによる温室効果ガス排出量削減効果の定量評価を開始
No.1335エア・リキード、ペルタミナと共にインドネシアで低炭素水素導入を模索
No.1336CCS:天然ガスに天然フィット[転移中のガス]
No.1337エア・リキーとペルタミナ、インドネシアで低炭素技術ソリューションを研究
No.1338日本製鉄 自動車向けソリューション提案によるライフサイクルでの温室効果ガス排出量削減効果の定量化について
No.1339議会は炭素捕獲に数十億ドルを費やしている。それは気候の救世主ですか、それともブーンドッグルですか?
No.1340UTエンジニア、気候変動対策に向けた炭素捕獲技術を製品化
No.1341シェルの画期的なカナダCCSプロジェクト「捕獲よりも多くの温室効果ガスを排出する」
No.1342洋上風力発電所は遅い日に二酸化炭素をバンクする可能性がある
No.1343欧州の炭素捕獲利用市場規模、シェア・動向分析レポート:用途別、国別・セグメント予測別
No.1344セミトラックのモバイルカーボンキャプチャーに関するレモラ・ベット
No.1345ネットゼロの課題:世界中の脱炭素化を加速
No.1346フロイド郡の住民は、炭素パイプラインに懸念を提起します
No.1347アルバータ州、展開を加速するために炭素捕獲開発に3,000万ドルを発表
No.1348ヘキサゴンはFRVと提携し、水素とアンモニアのハブに太陽光を追加
No.1349サムスン重工業、オンボードカーボンキャプチャを開発
No.1350米国の持続可能な水技術スタートアップをリードするジェネシス・システムズは、X-PRIZEのグローバル・ウォーター・プライズ共同創設者が率いる早期ラウンドで資金調達記録を破ります。
No.1351Talos Energy は、2021 年第 4 四半期および通期の運用および財務更新プログラムを提供します
No.1352ネットゼロ排出の誓約事項
No.1353研究は、都市における追加の緑の構造の肯定的な効果を強調する
No.1354夢は通って来る – 水素の役割を拡大するためのアルバータ州のロードマップ
No.1355候に優しいシーフード:海洋養殖は高いカーボンフットプリントなしで高タンパク質を提供し、旗科学者
No.1356影響低減地震技術に関するシアウォーターとウニオールパートナー
No.1357リーハイセメントとエンブリッジはアルバータ州でCO2貯蔵ソリューションを進めることに合意
No.1358米国のトップ石油州は、許可をスピードアップするために炭素捕獲監視を争う
No.1359洋上風力発電所は、空気から炭素を捕獲し、長期的に貯蔵し、お金を節約するのに役立つ可能性があります – 地球物理学者は、どのように説明します
No.1360サムスン重工業、CCSの機内承認
No.1361コールドウェル教区港に進出するCCSを使用したルイジアナグリーンディーゼルプロジェクト
No.1362ASEAN向け再生可能エネルギーソリューションを提供するビジョン、ケッペル・インフラストラクチャー、IESインク覚書(MOU)
No.1363リーハイセメントとエンブリッジ、北米の炭素隔離ソリューションで協力
No.1364技術ファイル: SHIは、オンボードカーボンキャプチャシステムを開発します
No.1365洋上風力発電所は、空気から炭素を回収して長期的に貯蔵し、お金を節約するのに役立つ可能性があります
No.1366イネオス、グランジマスで「世界規模の低炭素水素プラント」の入札を求める
No.1367積み重ね可能な人工葉は、他のシステムよりも100倍多くの炭素を捕獲するために電球よりも少ない電力を使用します
No.1368カーボンクエストは、NYCにその技術を取ります
No.1369EU、ノーザンライツCCSプロジェクトの拡大に資金を提供
No.1370SSEサーマルとウイノアは、アルドブラ水素プロジェクトの主要な契約を授与しました
No.1371マスダール、コスモ・エナジー、日本でのRE開発の探査に向けてMoUに署名
No.1372ヴァレロは、再生可能ディーゼル、エタノールのための強力なQ4を報告します

 

 

<CRFからのお知らせ>カーボンリサイクル等に係る技術の情報提供((一財)電力中央研究所/ナッジによる効果的なメッセージ設計)

CRFではカーボンニュートラル実現に向けた国内外のカーボンリサイクルに係る技術調査を行っております。

試験的に、調査した国内外のカーボンリサイクルの技術のシーズを不定期にご紹介しております。

ぜひ、社内関係部署へ展開頂ければ幸いです。

 

今回は、(一財)電力中央研究所で実施されているナッジを活用した効果的な情報伝達に関するものです。

ナッジ(nudge:そっと後押しする)とは、行動科学の知見の活用により、「人々が自分自身にとってより良い選択を自発的に取れるように手助けする手法」であり、人々が選択し、意思決定する際の環境をデザインし、それにより行動をもデザインすることです。

例えば、電力使用量の見える化と適切なメッセージ設計により省エネを呼びかけることなどで効果を発揮しています。

 

自社製品の効果的な発信などに活用頂けると思いますので、ご興味がある方は、CRF窓口又は、直接、(一財)電力中央研究所/小松秀徳様までお問合せ頂ければと思います。

CRFとしてもカーボンリサイクルも新しい言葉であるため、こういった技術を活用しながら、効果的な発信を心がけたいと思っています。

詳細は、下記記載、または、添付ファイルをご覧ください。

 

【概要】

1.技術名: 情報の効果的な発信方法(ナッジ)

2.技術分野: 情報伝達手法

3.氏名/所属: 小松秀徳氏/(一財)電力中央研究所

4.概要

ナッジ(nudge:そっと後押しする)とは、行動科学の知見の活用により、「人々が自分自身にとってより良い選択を自発的に取れるように手助けする手法」であり、人々が選択し、意思決定する際の環境をデザインし、それにより行動をもデザインすることです。

例えば、電力使用量の見える化と適切なメッセージ設計により省エネを呼びかけることなどで効果を発揮しています。こういった手法は、自社製品やカーボンニュートラルの効果的な発信などで活用できるのではないでしょうかと考えます。

5.連絡先

詳細を聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら、CRF事務局(info@carbon-recycling-fund.developweb.biz)までご連絡頂くか、または、電力中法研究所/小松様(komatsu@criepi.denken.or.jp)にCRFで紹介を受けた旨、お伝え頂き、コンタクトを取って頂ければと思います。

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.01.21)

今週のカーボンリサイクル/CCUS関連のニュース配信となります。

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)ノルウェーのホリソン・エネルギとE.ONが炭素捕獲とグリーン水素アライアンスを形成

E.ONとホリソンエネルギーはCCS、水素・アンモニアバリューチェーンでの協力に合意

https://www.smart-energy.com/industry-sectors/business/norways-horisont-energi-and-e-on-form-carbon-capture-and-green-hydrogen-alliance/

 

(2)アルバータ州の炭素捕獲プロジェクトを加速するために作成された$30Mの資金調達機会

https://www.canadianmanufacturing.com/manufacturing/30m-funding-opportunity-created-to-accelerate-carbon-capture-projects-in-alberta-277700/

 

(3)脱炭素化技術は、CO2を固体炭素に変換

液体金属を利用してCO2を固体炭素に変換する技術(オーストラリア/ロイヤルメルボルン工科大学)

https://www.labonline.com.au/content/research-development/news/decarbonisation-tech-converts-co2-to-solid-carbon-1162214068

 

(4)「二重使用」LNGは炭素捕獲を変革する可能性がある

LNG輸送の帰還船でのCO2輸送

https://www.maritime-executive.com/article/study-dual-use-lng-shipping-could-transform-carbon-capture

 

(5)革新的なバイオエネルギーモデルは、再生可能エネルギー源を高めるのに役立ちます

土壌炭素貯蔵におけるバイオエネルギーモデル

https://www.azocleantech.com/news.aspx?newsID=30969

 

(6)スコティッシュ・ゴブはドングリの資金調達で$100MM +を提供しています

スコットランド政府、スコットランドのCCSハブ&クラスターへ8000万ポンドの資金を準備

https://www.rigzone.com/news/scottish_gov_offers_100mm_in_acorn_funding-19-jan-2022-167627-article/

 

(7)エクソン、2050年までにネットゼロ企業へ

https://www.rigzone.com/news/exxon_to_become_netzero_company_by_2050-19-jan-2022-167625-article/

 

(8)オーストラリアで世界初の水素船がドッキングし、新産業への期待を高める

世界初の水素船が日本からビクトリアのヘイスティングス港へ到着

https://www.smh.com.au/business/companies/world-s-first-hydrogen-ship-docks-in-australia-raising-hope-for-a-new-industry-20220120-p59prg.html?ref=rss&utm_medium=rss&utm_source=rss_feed

 

 

No.1243バイオマス技術から水素へのBECCS入札を募る
No.1244オイルサンズアライアンス、業界の持続可能性に注力し、ネットゼロの野望を進める
No.1245カーボン・クォータリー– ボリューム 5
No.1246UWのEORIは、ワイオミングパイプライン回廊イニシアチブのためのインタラクティブマッピングアプリを公開します
No.1247パイプラインは捕獲された二酸化炭素を運ぶだろう
No.1248ノルウェーのホリソン・エネルギとE.ONが炭素捕獲とグリーン水素アライアンスを形成
No.1249なぜ我々は炭素捕獲で完全な蒸気を行かないのですか?
No.1250アルバータ州の炭素捕獲プロジェクトを加速するために作成された$30Mの資金調達機会
No.1251ホリソン・エネルギ、E.ON、新契約の下で水素とアンモニアに焦点を当てる
No.1252マクダーモット、新たなパートナーシップで炭素捕獲技術を推進
No.1253エネルギー自給自足
No.1254アルバータ州はオイルサンドの炭素貯蔵ハブを優先する、とエネルギー大臣は言う
No.1255環境大臣:エストニアの誰もグリーンターンの価格を知らない
No.1256グラスゴーのシットショー
No.1257ホールの下に道、パート4 – 多くの炭素捕獲プロジェクトのために、45Q税額控除だけでは不十分です
No.1258PGS、オフショア炭素捕獲・貯蔵プロジェクトの調査で勝利
No.1259ノルウェーの炭素捕獲プロジェクトに割り当てられたトランスオーシャンセミサブ
No.1260脱炭素化技術は、CO2を固体炭素に変換
No.1261GAOレポートは、ADMのエタノールCCSプロジェクトの成功を強調しています
No.1262ネットゼロへの道を歩む水素と原子力の未来:ビジネスエクストラ
No.1263「二重使用」LNGは炭素捕獲を変革する可能性がある
No.1264レイノルズは、州は炭素捕獲研究に投資すべきだと言います
No.1265CCS:エネルギー転換の銀の銃弾?
No.1266革新的なバイオエネルギーモデルは、再生可能エネルギー源を高めるのに役立ちます
No.1267ネットゼロ:アルバータ州はいくつかの炭素貯蔵ハブを計画
No.1268水素とCCSによるエネルギー転換におけるウィンターシャル・デア
No.1269アルバータ州、展開を加速するために炭素捕獲開発に3,000万ドルを発表
No.1270政府のクリーン石炭プロジェクトがフロップ、連邦ウォッチドッグが発見
No.1271これらの機械は空気から温室効果ガスをスクラブする
No.1272PGS、英国のCO2捕獲・貯蔵プロジェクトの耐震取得契約を締結
No.1273ユニークコンソーシアムは、CO2キャプチャパイオニアケンタッキーAgコネクションとして英国のCAERを設立しました-
No.1274トランスオーシャンは、炭素捕獲井戸の掘削作業を取得します
No.1275RMIT技術を用いた二酸化炭素から固体炭素へ
No.1276ホリソン・エネルギとE.ONがE.ONと協力契約を締結、25%の株式を取得
No.1277公式:日本はアジアのゼロエミッション推進を主導したいと考えている
No.1278ウルフカーボンソリューションズ、ADMはエタノール生産の脱炭素化を進めるためのパートナーシップを発表
No.1279PGS ASA:耐久CCS買収契約を授与
No.1280レプソルは、スペインで最初の高度なバイオ燃料生産工場のための統合制御および安全システムを供給するためにハネウェルを選択します
No.1281アラブ首長国連邦は水素の機会を捉えるために「十分に位置付けられている」
No.1282カナダと気候技術革命の挑戦
No.1283世界の石油・ガスコミュニティが今年2月にEGYPS 2022で開催
No.1284脱炭素化:地震測量器PGSネット別のCO2貯蔵調査ギグ
No.1285ハネウェルとUTオースティンが共同で、産業プラント向けの炭素回収・貯蔵技術の創出
No.1286機械は空気から温室効果ガスをスクラブ:直接空気捕獲技術の発明者は説明する
No.1287スコティッシュ・ゴブはドングリの資金調達で$100MM +を提供しています
No.1288オーロラ用のトランスオーシャンドリルカーボンストレージ井戸
No.1289北米の中流セクターは、成長する天然ガスのニーズを満たしながら、よりグリーンな燃料を推進しています
No.1290RMIT大学、バブルカラムカーボンキャプチャ法を開発
No.1291CO2変換プロセスはCCSへの新しいルートを提供します
No.1292エクソン、2050年までにネットゼロ企業へ
No.12932050年までにネットゼロのエクソンモービルの野望
No.1294PGS ASA:ノーザンライツCO2貯蔵取得契約を授与
No.1295炭素捕獲パイプラインをめぐってアイオワ州で開発中の戦い
No.1296エネルギー部門は、その炭素捕獲プログラムでプロジェクトを過剰支出し、キャンセルすると、GAOは言います
No.1297イタルガスとブジユニセムがガス契約に署名
No.1298気候変動:シェル炭素捕獲施設は「水素生産排出量のわずか48%を確保」
No.1299技術と科学400人以上の学者がカナダに炭素捕獲税額控除を捨てるよう要請
No.1300この異所性に見えるボットは、空気から温室効果ガスをスクラブすることができます
No.1301何百人もの学者がフリーランドに炭素捕獲税額控除を廃止するよう求める
No.1302炭素捕獲、水素プロジェクトはワイオミング州の機関から資金を得る
No.1303何百人もの学者がフリーランドに炭素捕獲税額控除を廃止するよう求める
No.1304新技術は、CO2を固体炭素に瞬時に変換するための経路を提供します
No.1305英国政府、バイオマスから水素を増強する計画を開始
No.1306科学者はオタワが炭素捕獲税額控除を廃止することを望んでいる
No.1307炭素捕獲税額控除の廃止への呼びかけ、COVID治療 : 1月20日のニュース
No.1308オーストラリアで世界初の水素船がドッキングし、新産業への期待を高める
No.13092050年のエクソンモービル純ゼロエミッション野望
No.1310イタリアのバジユニセムは、イタルガスとセメント生産を生産します
No.1311自然と炭素貯蔵のための古代国境ミレスを復元するための£1mの資金
No.1312グリーンテック企業は「より良い利益のためにイノベーションを共有すべきだ」

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2022.01.14)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信のご感想などもお寄せ頂ければと思います。

 

また、以下の会員専用ページでも添付のエクセルファイルをダウンロード頂けます。

<会員専用サイト>

http://carbon-recycling-fund.developweb.biz/members-page/document/

ID: crf_members

パスワード: xAX2HHLGa8hW

 

<今週のトピックス>(CRF事務局担当が注目したニュースや重複記事をピックアップ)

(1)新しい研究は、炭素貯蔵のためには植樹よりも生態系の保護が優先することを示しています

既存の生態系の保護、土地の管理が優先されるべきとの研究

https://cleantechnica.com/2022/01/09/new-study-shows-protecting-ecosystems-takes-priority-over-planting-trees-for-carbon-storage/

 

(2)SpaceXのイーロンマスクは炭素捕獲事業に参入する

大気からCO2を捕獲し、ロケット燃料を作るプログラム

https://thehill.com/opinion/technology/588784-spacexs-elon-musk-is-going-into-the-carbon-capture-business

 

(3)ペトロナス、シェル、炭素捕獲、貯蔵で協力へ

ペトロナスとシェルは、マレーシア沖でのCCSで協力

https://azerbaijannewsgazette.com/petronas-shell-to-co-op-in-carbon-capture-storage/

 

(4)マクダーモットとオーストラリアの科学機関が協力して炭素捕獲ソリューションを進める

米国オフショアエンジニアリング会社マクダーモットとオーストラリアの国立研究機関CSIROが協力

https://www.offshore-energy.biz/mcdermott-and-australias-science-organisation-join-forces-to-advance-carbon-capture-solutions/

 

(5)ランザジェットは、最初の商用SAF工場のためにマイクロソフトCIFから$50Mを確保

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2022/01/11/deal-flow-for-1-13-22-solvay-trillium-lanzajet-microsoft-cif-maersk-hyundai-heavy-liquid-wind-neste-orsted/

 

(6)バイオマスから水素を生産する技術の新しいスキーム

英国、バイオマスから水素(+CCS)の技術開発へ500万ポンドを助成

https://www.dpaonthenet.net/article/188870/New-scheme-for-technologies-producing-hydrogen-from-biomass.aspx

 

(7)Agサプライチェーンの脱炭素化に向けたサミットカーボンパートナーズ

サミット・カーボン・ソリューションズは、農業およびバイオ燃料産業の脱炭素化に焦点を当てた炭素捕獲・貯蔵プロジェクトにおいて、ノーザン・プレインズ・窒素(NPN)との新たなパートナーシップを発表。

https://www.feedandgrain.com/news/summit-carbon-partners-to-decarbonize-ag-supply-chain

 

No.1202ラフバラー、ゼロカーボンロスバイオマニュファクチャリングプロジェクトをリード
No.1203英国が2030年のCCS目標を達成するために克服しなければならないトップ3のハードル
No.1204提案されたナビゲーターパイプラインの公開情報会議の再スケジュール
No.1205CO2パイプライン当局者は、プロジェクトが恒久的な税金補助金を必要としない可能性が高いとポーク群の住民に伝えます
No.1206草種子作物の炭素貯蔵ポテンシャルを調べる研究
No.1207「これはテキサスでもオクラホマでもありません。これはアイオワ州です:農民は提案されたパイプラインに反対する
No.1208CO2地下貯留、30年までに導入 経産相「火力発電必要」
No.1209石油、ガス会社は気候問題に対処する圧力の高まりに直面している
No.1210バイデンの「ビルド・バック・ベター」はエネルギー価格を引き上げる
No.1211土壌に生息するヒューモボウス動物相における土壌有機物の生分解
No.1212新しいデジタルツインを開発するネプチューン
No.1213新しい研究は、炭素貯蔵のためには植樹よりも生態系の保護が優先することを示しています
No.1214SpaceXのイーロンマスクは炭素捕獲事業に参入する
No.1215ペトロナス、シェル、炭素捕獲、貯蔵で協力へ
No.1216サミットカーボンソリューションチーム、NPNとCCSを
No.1217ニューサム予算は化石燃料に立ち向かうには不足
No.1218サミット・カーボン・ソリューションズ、NPNと脱炭素化でパートナー
No.1219ADMはアイオワ州の炭素捕獲パイプラインを提案し、州の合計を3つにまとめる
No.1220世界で唯一の石炭炭素捕獲プラントが定期的に壊れている
No.1221ウッドマッケンジー:アジア太平洋地域の陸上風力は、価格上昇にもかかわらず化石燃料に近いエッジをコスト
No.1222なぜユーティリティデータがサステナビリティ戦略の第一歩なのか
No.1223マクダーモットとオーストラリアの科学機関が協力して炭素捕獲ソリューションを進める
No.1224ADMはアイオワ州の炭素捕獲パイプラインを提案し、州の合計を3つにまとめる
No.1225メキシコ湾はCCUSに大きな利点を提供していますが、規制サポートが必要です、とNOIAは言います
No.1226BBIインターナショナルは、CCSに焦点を当てた新しい雑誌を起動します
No.1227米国政府は、ほとんど失敗した炭素捕獲プロジェクトに11億ドルを費やした
No.1228ADM、アイオワ州で3番目の二酸化炭素パイプラインを提案
No.1229ランザジェットは、最初の商用SAF工場のためにマイクロソフトCIFから$50Mを確保
No.1230クレスタ・ファンド・マネジメント、ラピス・エナジーのCCSとクリーン水素プロジェクトに資金を提供
No.1231ADM、イリノイ州CCSサイトアイオワ州エタノール工場を連結するCO2パイプラインを建設
No.1232脱炭素化計画に関するウルフ・カーボン・フォージ・パートナーシップ
No.1233科学者によって研究されているセイシェルの海草の炭素貯蔵能力
No.1234三菱重工、30年の実績持つCO2分離・回収プラント コスト削減で首位維持へ
No.1235バイオマスから水素を生産する技術の新しいスキーム
No.1236ベルティマスと欧州エネルギー、炭素捕獲と転換のためのLOIに署名
No.1237Agサプライチェーンの脱炭素化に向けたサミットカーボンパートナーズ
No.1238マクダーモット、炭素捕獲を進める科学機関とチーム
No.1239英国政府は、バイオマスから水素を生産する技術のための新しいスキームを開始する
No.1240世界の炭素捕獲・隔離市場レポート2021:CCS技術開発の主な推進要因と課題が、市場の広い市場導入と競争力を獲得
No.1241オピニオン:電気自動車の採用、アンモニア研究の進歩は、CO2パイプラインがすぐに時代遅れになることを意味します
No.1242モーニング・アフター:バイデン大統領のアップグレードされた、よりクリーンな米国の電力網の計画